士業の『今』を知り、『未来』を見つめるWebマガジン

  • TOP
  • 検索結果

検索結果(全4件)

タグ “税理士専門” を含むコンテンツを表示しています。

  • 開業で1年で資産税案件62件、民事信託100件を受注!

    士業向けに開催された注目のセミナーをご紹介!今回は、司法書士の島田雄左氏と税理士の橘慶太氏が、民事信託をわかりやすく伝え、案件化するノウハウを公開します。 民事信託ノウハウ公開セミナー講師表参道相続専門税理士事務所 代表税理士 橘慶太(たちばなけいた)氏株式会社みつ葉コンサルティング 代表取締役・司法書士 島田雄左(しまだゆうすけ)氏開催日1.23(火)東京/1.24(水名古屋/1.25(木)大阪/2.6(火)福岡/2.8(木)札幌主催株式会社アックスコンサルティング 第1部外部セミナー実践編講師:橘慶太氏難しいことをわかりやすく伝えよう相続をお手伝いする専門家にとって一番大切なのは、〝難しいことをわかりやすく伝える力〞だと考えています。独立する前から6年間、相続をわかりやすく伝えるセミナーに注力してきました。今回はそのノウハウを公開します。民事信託を解説する際は、まず〝財産の所有権とは何か?〞から入ります(下記参照)。キホンのキから説明することは、実際の事例に対する理解を深める狙いがあります。その後、民事信託の事例を解説するのですが、受益者、受託者という言葉は使いません。それぞれ〝利益を得る人〞、〝管理する人〞という形に置き換えます。最後に、相続税の計算方法を簡単に説明します。民事信託は設計次第で相続税が何千万円も変わるため、判断材料を持っていてほしいんです。「民事信託を使いたいが、誰に相談するべきかわからない」という方もいると思います。今後もセミナーや個別面談などを通じて多くの方に門戸を開き、「民事信託を使ってよかった」と思っていただける方を増やしたいですね。  専門用語を使わずに民事信託を理解させるコツ橘先生が実践している解説フローを紹介1  所有権とは何か?所有権は受益権(売却代金や家賃を受け取る権利)と管理権(売買、修繕する権利)に分かれると説明。 2  成年後見制度とは?成年後見制度は被後見人の財産を守ることが目的で、後見人は売買ができない(管理権がない)旨を説明する。 3  民事信託のメリットは?父が受益権を持ったまま、息子に管理権のみを託すことと説明。父が亡くなったあとの受益権の相続も解説。 4  相続税の基礎知識を解説まず基礎控除について解説し、相続税の計算方法の概略を伝える。小規模宅地等の特例についても説明する。  第2部 内部システム構築編講師:島田雄左氏商品や仕組みを定型化し民事信託を普及させよう民事信託を案件化したいけれど、初めの一歩が踏み出せない先生も多いかと思います。今回は、弊社がどのように民事信託への取り組みを本格化したのか。実践してきた手法と共に解説します。民事信託を扱った経験がなかった先生が一歩踏み出せたきっかけは、提携先からのお問い合わせが大半でしょう。私もそうでした。初めての取り組みにリスクは付き物。リスクを取るには、経営者としての覚悟が必要かと思います。さて、本題に入りましょう。民事信託をどうやってビジネスとして確立したか。 2018.03.06
  • 【士業連携最前線】士業の連携を促す専門家ネットワーク

     保険の枠を超えて総合的に経営を支援三重県松阪市で総合保険代理店『保険ブラザーズ』を運営する株式会社リンク。同社では、社会保険労務士や税理士と連携して法人顧客のサポートをしてきましたが、さらに連携の輪を広げるため、今年4月に『経営の窓口』を開設しました。経営の窓口は、社労士、税理士をはじめ、弁護士、司法書士、経営コンサルタント、産業カウンセラーら各分野の専門家によるネットワーク。同社が窓口となり、専門家の紹介を行っています。代表の黒川哲司氏は、このサービスを始めた理由を「お客様の繁栄をお手伝いするには、保険の提案だけでは足りないと感じたから」と語ります。保険は、万が一に備えて入るもの。つまり、保険代理店が活躍するのは〝何かあってから〞となります。しかし、企業の成長には〝何か起こる前〞にも税務・労務・人材育成など、多方面でのサポートが必要です。そこで、保険の枠を超えて企業を支援できるプロの輪を作ろうと決意しました。 顧客の利益を最優先ルールは理念の共有のみ最初に提携したのは、伊勢労務管理事務所代表の浅野敦氏。 2018.01.05
  • 元国税専門官、阿藤芳明氏が挑む“資産税”

    1992年に開業した税理士法人エーティーオー財産相談室。代表の阿藤芳明氏が取り組むのは、資産税を中心とする税務、コンサルティング業務。国税専門官を10年強担当し、世界的に展開する外資系『アーンスト&ヤング会計事務所』、本郷尚氏(会長)率いる資産税専門の一大税理士集団『タクトコンサルティング』を経て、氏が辿り着いた資産税対策法をうかがいました。  “資産税でやる”と決めた理由事務所を開業して今年で26年目になりますが、始めた当初は家賃15万円の渋谷のワンルームで、お客様は顧問料月10万円の1件のみでした。その後、渋谷周辺での営業はうまくいきませんでしたが、勉強会を開かせていただいた銀行の支店長からの相談や、私が購入した物件の販売をしていた不動産会社の親戚の相続案件を紹介していただきました。また違う不動産会社の方からも何件かお客様をご紹介していただくなど、さまざまなご縁があって案件は徐々に増えていきました。そもそも“資産税でやる”と決めた理由は、私が借方貸方が好きではなく、お世話になった本郷先生のタクトコンサルティングのようにしていこうと思ったからです。 事務所開業までの道のり私はもともと公認会計士の勉強をしておりまして、税理士になりたいと思ったことは1回もありません。ただ当時は結婚の話もあり、仕方なく国税専門官になって国税局に入りました。そこで税務署に入って税務調査をやるわけですが、最初の配属先となったのは所得税の部署。 2017.12.11
  • 会計業界特化型のホームページ制作会社まとめ

    <会計業界特化型のホームページ制作会社まとめ>「他社より見やすいサイトにしたい!」「アクセス数が増える使いやすいサイトにしたい!」など、ホームページの制作でお悩みの会計事務所は多いと思います。今回は、そんな会計事務所に向けた業界特化型のホームページ制作会社を紹介します。 ■税理士・公認会計士・社会保険労務士・行政書士のための士業事務所ホームページ制作デザイン、制作、管理・更新代行をワンストップで提供。実務書籍で60年の実績を持つ日本実業出版社の経理・税務・人事・労務等のコンテンツを利用し、制作だけでなく情報配信まで行う。そのほか、更新代行(素材は先生自身がWordやExcelで作成し、メールまたは郵送などで依頼)や、スマートフォン対応も。http://www.taxac.jp/ ■税理士専門ホームページ作成サービス【あきばれ税理士パック】633件もの税理士・会計事務所のホームページ作成実績がある。税理士専門コンサル付き、記事はライターが執筆、デザイナーが画像作成し、素材はカメラマンが撮影。その他にも無料で対スマホページ作成やSEO対策も万全。HPでは、無料メールセミナーや無料e-bookなど、申し込み前の無料プレゼントあり。http://akibare-zeirishi.jp/■NJweb実務情報付きホームページ制作サービス税理士・会計事務所のHPに特化して10年。HP制作時のコンサルに重きを置き、公開後も集客率アップのためのアクセスレポート解析や、改善案の提示、更新代行も行う。テンプレートデザインを使いまわさず、事務所ごとのオリジナル。税務・労務の書籍を販売する出版社だからこその、役立つ実務情報を毎月更新。http://nj-web.jp/ ■東京神田士業対応専門会社ホームページ制作はもちろん印刷物のデザインも多く手がけ、事務所案内、名刺、封筒、ロゴマークデザイン、オリジナル地図作成などワンストップでの対応が可能。毎月の固定費はかからず、SEO対策含むHPコンテンツの提案も行う。平成14年から士業特化、業界最多の実績を誇り、関与実績は1,000件を超える。無料相談あり。https://www.pokerface.co.jp/ ■LegalBright法律事務所・司法書士事務所・企業のホームページ制作実績あり。Webコンサルや、GoogleAdWords運用代行も行う。なお、HPだけでなく、人材募集広告からパンフレット、チラシ制作、人材派遣や採用面接代行、事務所の開業支援まであり、手広い。無料相談あり。http://www.legal-bright.com/web.html■士業のホームページ制作.com問い合わせ・打ち合わせはすべて無料。個人事業主で、HP制作から保守運用、HPの更新や修正まで、格安で対応。作成なしで、SEO対策のみも依頼可能。http://www.samurai-hp.com/  2017.11.10