士業の『今』を知り、『未来』を見つめるWebマガジン

  • TOP
  • 検索結果

検索結果(全2件)

タグ “税理士法人コスモス” を含むコンテンツを表示しています。

  • 第6回会計事務所のビジョナリーサミット 速報レポート

    〝会計事務所の3年後の未来を描く〟をテーマに、今年で6 回目を迎えた『会計事務所のビジョナリーサミット』(主催/ 株式会社アックスコンサルティング)。会計業界の次世代を牽引する事務所が集結した注目のイベントを速報レポート!  アメリカの現状とブロックチェーン、アドバイザリーサービスについて簿記や会計、監査事務員の仕事がAIに取って代わられるとされる時代、会計事務所が生き残るためには何をしていくべきか。その答えが、今年のテーマに掲げられた〝つながり〞そして〝アドバイザリーサービスの構築〞だ。今回のサミットでは、アメリカのCPAゲイリー・ブーマー氏が特別来日。5億円規模の会計事務所にコンサルティングを行っているブーマー氏が、ブロックチェーンの普及に伴う世界の変化を解説。売掛金管理や給与計算業務の自動化に備え、会計事務所はアドバイザリーサービスに取り組み、顧客の信頼を勝ち得ていくことが必要だと説いた。  時代を牽引するビッグファームの拡大戦略を大公開!税理士法人SS総合会計の鈴木宏典氏は『主婦パートの能力を引き出す教育法』について、税理士法人Bricks&UKの梶浦潮氏は、生産性を〝見える化〞する『Bricks&UK式 生産管理システム』について、両事務所の拡大戦略の根幹を余すところなく語って頂いた。『すごい主婦パートを育てる仕組みの作り方』税理士法人SS総合会計税理士 鈴木宏典氏 『Bricks&UK式生産管理システムによる成長戦略』税理士法人Bricks&UK 代表社員 梶浦潮氏関連記事: 10年で100名体制を確立 初心者でも活躍できる梶浦式生産管理術とは両氏によるパネルディスカッションでは、職員を教育する上で課題となったこと、伸びる事務所の社風などが語られた。 職員による事例発表も大盛況!FUN税理士法人の渡辺豊氏、社会保険労務士法人渡辺事務所の渡辺俊一氏、税理士法人コスモスの玉井邦人氏などによる事例発表。現場のリアルな情報が飛び交った。『地域No.1になるための製販分離・業種特化マーケティング』FUN税理士法人執行役員 渡辺豊氏『職員1名あたり売上1,400万円超!社会保険労務士事務所の秘密公開』社会保険労務士法人渡辺事務所特定社会保険労務士 渡辺俊一氏『1名あたり売上2,000万円の事務所の制度と仕組み』税理士法人コスモス税務コンサルタント 玉井邦人氏  優れたリーダーは「Why?」を伝える!アックスコンサルティング代表の広瀬による講演では、人は「何を」ではなく「なぜ」に動かされること、ミッションの大切さを語った。株式会社アックスコンサルティング代表取締役 広瀬元義 ブースセミナーでは、開業3年で1億円事務所を作った、税理士法人小山・ミカタパートナズの小山晃弘氏によるノウハウが語られた。関連記事:20代の若手税理士2人で設立した税理士法人 「営業」「実務」の役割分担を明確化して開業1年で100件の新規顧客を獲得! 12月20日(水)発行予定の『月刊プロパートナー1月号』では、今回のサミットの様子を含め、ゲイリー・ブーマー氏が解説するアメリカ式経営計画を特集、11日9日(木)に開催された1日集中講義でブーマー氏が解説した経営計画策定手法を大公開します。さらに、特別付録として今回のビジョナリーサミットの全講演を収録したDVDをプレゼントします。詳しくはこちら  2017.11.22
  • 編集部が厳選!【書評】ひとり2000万円稼ぐ会計事務所の作り方

    人が未来を切り開く人あっての会計事務所人を育てる仕組を創る人が活きる職場に変えるひとり当たり2500万円以上という驚異的な生産性を実現している税理士法人コスモス。そのトップ自らが、生産性を高める各種ノウハウを惜しみなく公開。会計事務所の生産性向上の鍵は組織づくりにある。人が育つ組織を創れば事務所は2年で生まれ変わる。事務所経営に悩む所長税理士必読の書。Amazonで購入する目次第1章 会計事務所の生産性について考える●厳しさを増す会計事務所の経営環境リーマンショックと会計事務所経営顧問先のニーズの変化経営者が求めるのは「情報」と「提案」中小企業の事業承継対策会計事務所の生産性●全職員が「経営者のパートナー」になる顧客の成長にどこまでもついていける事務所を創る全職員が「経営者のパートナー」になる意味意識改革がもたらす収益の向上職員を「経営者のパートナー」にするためにはどうすればよいのか第2章 職員に意識改革を促す意味●生産性向上の選択肢経費削減と業務効率化会計事務所は人がすべて誇りを持って働く仲間と働く、仲間と事を成し遂げる組織改革時には人材育成という目的から外れない●会計事務所再考家族的会計事務所家族的会計事務所の欠点●家族的経営の利点を生かし、欠点を補う組織改革仕事を増やす厳しいことを言える人を育てる営業意識を持たせる成果と責任の所在を明確にする個々の努力を正当に評価する家族的会計事務所の欠点を補う手段としての成果給制度●会計事務所における成果給制度の是非失われた10年と成果給制度不況のなかで広がった成果給制度成果給制度の誤用人材育成の観点から外れた取り組みが破綻を招く第3章 意識改革の進め方●意識改革を実行に移す意識改革のスケジュール準備期間に入る前に考えておくべきこと●準備期間中の取り組み改革を表明する所長が話すべきことリーダーになる職員の検討現状把握のためのデータ作成●事務所体制の刷新1――成果給制度の導入成果給制度の概要コンサルティング料の成果配分税務顧問料の成果配分年金の位置づけ役職手当成果給制度導入時の留意点●事務所体制の刷新2――人事評価の仕組み人事評価の概要評価の伝え方成果給の改定●成果給制度導入時の留意点制度完全施行までの期間職員への仕事の振り分け既存の料金体系を変える必要はない●移行期間中の取り組み1――人材育成の推進「経営者のパートナー」を育てるリーダーの育て方●移行期間中の取り組み2――営業意識の徹底事務所に営業意識を浸透させるノルマの設定ペナルティーの設定●移行期間中の取り組み3――組織風土の改造職員の成長モデル職場に厳しさをもたらす自己学習の場を作る少数精鋭グループの構築成果給制度についていけない職員への対応●移行期間中の取り組み4――付加価値業務の展開顧客ニーズの把握から始める高度な案件でも躊躇しないコンサルティングのノルマの調整●移行後の取り組み成長を持続させる「経営者のパートナー」が働く会計事務所第4章 意識改革の実践●公認会計士野田賢次郎事務所代表社員への就任成果給制度設計の経緯●「経営者のパートナー」を育てる営業意識をどう持たせるかリーダーとグループ職場環境を維持する大切なことは繰り返し言う福岡事務所の意識改革生産性2500万円の内訳おわりに――税理士という仕事単行本:199ページ出版社:三和書籍発売日:2010/12/01価格:1500円(税込)鈴木 成美税理士法人コスモス代表社員。税理士。昭和48年生まれ。平成8年公認会計士野田賢次郎事務所入所。平成15年税理士法人化に伴い代表社員に就任。「経営者のパートナー」として中小企業の支援に取り組む一方で、会計事務所の経営コンサルティングにも力を入れている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです) 2017.10.12