士業の『今』を知り、『未来』を見つめるWebマガジン

  • TOP
  • 検索結果

検索結果(全5件)

タグ “税理士法人鶴田会計” を含むコンテンツを表示しています。

  • 2018年、税理士・会計士が取り組むべき課題とは?

    “会計事務所の3年後の未来を描く”をテーマに、昨年11月に6回目の開催を迎えた『会計事務所のビジョナリーサミット』(主催/株式会社アックスコンサルティング)。会計業界の次世代を牽引する事務所が集結した注目のイベントにて、参加された先生方に取材を敢行。“2018年に力を入れたいこと”を中心にコメントをいただきました。 ■清水 春雄 氏(清水春雄税理士事務所 代表) 7万人以上いる税理士の業界で生き残るためには、やはり変わっていかなければいけない。10年前や20年前から業態が変わっていると気づいた税理士は、生き残るためにこのサミットに集まっているのだと思います。他の方にも負けないよう、このサミットでエネルギーや新しいアイディア、情報をもらってこれからの仕事に生かしたいと思います。当事務所は開業して2年ほどなので、お客様も新しく独立された方が多く、会社の構造そのものを変えるのに良い機会だと思っています。2018年はそういったことをどんどん進めてIT化にも対応していきたいと思います。■児玉 里美 氏(エス労務管理事務所 代表)これまで社会保険労務士間の交流はありましたが、会計事務所の方が多く集まるこのサミットには今回初めて参加させていただきました。社会保険労務士とは違った目線の理論的且つ戦略的なお話が聞けて、他士業から学べることはとても多いと感じております。(サミットでの税理士法人SS総合会計 鈴木宏典氏による講演『主婦パートの生産性を倍にする「採用・教育」の仕組構築ノウハウ』を受けて)当事務所もパートの方が多く、現在は補助的な役割ですが、考え方を変えるべきだと思いました。また2018年は、人材採用とその教育に力を入れていきます。■二瓶 正之 氏(税理士法人ASSETS 代表社員)(今回のサミットに参加して)これからは税理士業界も変わらなければいけないと感じました。当事務所も工数の見える化などに取組み、さらに生産性を上げていきたいと思います。■松本 崇宏 氏(税理士法人松本 代表)(サミットは)アックスコンサルティングの取り組みで、会計業界のトレンドが知れて良いと思いますし、意識の高い方が多くいらっしゃっているので刺激になります。2018年は採用関係と組織作りに力を入れていきます。■鶴田 幸久 氏(税理士法人鶴田会計 代表)(サミットでの税理士法人SS総合会計 鈴木宏典氏による講演『主婦パートの生産性を倍にする「採用・教育」の仕組構築ノウハウ』を受けて)パート職員の能力の高さを改めて感じました。採用を工夫するなどして、もっとパート職員の力を活かしていきたいと思います。また、2018年は相続と事業承継に力を入れたいと思います。■ふじた美咲 氏(税理士法人エスペランサ 公認会計士・税理士)毎年盛大にサミットを開催されていて良い刺激になるので、楽しみにしています。また2018年は、相続や経営計画で、お客様に高い付加価値を提供できるようにしていきたいです。■伊東 大介 氏(税理士法人イデアコンサルティング 代表社員)とても意識の高い士業の方々がこのサミットに集まっていて刺激になりました。また、ゲイリー・ブーマー氏のお話から、我々の業界も進歩してきていることが改めて理解できたので、もう少し自身でも学んでみたいと思いました。■及川 健太 氏(及川総合会計事務所 代表)(サミットでの税理士法人SS総合会計 鈴木宏典氏による講演『主婦パートの生産性を倍にする「採用・教育」の仕組構築ノウハウ』を受けて)当事務所もパートで優秀な方がいまして、色々な仕事を任せられるような力量は持っているので、パートや社員という区別なく仕事を任せていきたいと思います。また、2018年は社員教育にますます力を入れていき、売上に結びつけていきたいと思っています。■村田 幸治 氏(あいえす税理士法人 業務部次長兼資産税担当課長)業界を代表する先生方のお話を聞き、非常に参考になりました。私たちも高付加価値の業務に取組んでいきたいと思います。また、相続税や資産税のトータルコンサルティング、経営支援といったものにしっかりと取組んでいくことが、2018年に飛躍できるポイントだと感じています。■君和田 昭一 氏(君和田昭一事務所 代表)税理士法人Bricks&UK 梶浦先生の“製販分離・職員教育制度”のお話、税理士法人SS総合会計 鈴木先生の“主婦パートの生産性”のお話を聞いて、取り入れてみたいと思いました。当事務所でも製販分離をやろうとしているので、2018年はそれを少しでも進めて現状を改善していきたいと思っています。 年が明けていよいよ仕事も始まるこの時期、去年一年間を振り返りつつ今年の事業をどのように展開していくべきかを考えている方も多いと思います。ぜひ各先生方のお話を参考に、2018年のビジョンを形成してみてはいかがでしょうか。  2018.01.04
  • 会計事務所の新卒採用決定版!!中途採用にも応用できる会計センスを測るコンサルワーク

    採用難のこの時代、人を採るだけでも大変という状況の中、新卒採用を行うことで、事務所が求める人物像に合致した学生を採用し、業績を大きく伸ばしている事務所があります。税理士法人鶴田会計では、五次選考まである特徴的な選考方法を実施しています。今回は、そのうち三次選考で行う「コンサル体感型ロールプレイング」についてご紹介します。 一次選考(事業承継コンサルティングワーク)や二次選考(クレドプロジェクト1dayインターンシップ)でも、いわゆる面接的なことを一切行わず、課題に取り組む姿勢や、グループの中での役割など、「いかに事務所の理念に合う人材か」という視点で採用活動を行っている税理士法人鶴田会計。中でも特筆すべきは、三次選考のコンサル体感型ロールプレイング。これは、事務所との理念のマッチングだけではなく、実際の業務とのマッチングを測ることもできるものとなっています。 2017.08.24
  • 会計事務所の新卒採用決定版!! 事務所の理念に共感し戦力となる人材に出会える採用方法

    現在、会計事務所にとって大きな問題となっている人材採用。世間の就職事情以上に売り手市場の会計業界では、これまで経験者をメインで採用してきた事務所にとって人材を獲得するのは一苦労です。そんななか、未経験者、とりわけ大卒の新卒採用を行ったことで、業績を伸ばし続けている税理士法人鶴田会計。新卒採用を始めた当時から、事務所が15名から30名へと拡大しています。どのようにして実現できたのが、その手法をご紹介します。 税理士法人鶴田会計では、新卒採用を始めた当時は、職員数がまだ15名でした。しかし、優秀で事務所の理念にマッチした新卒者を迎えることで、事務所は拡大。現在は35名の事務所に成長しています。代表の鶴田幸久税理士は、新卒採用を始めたきっかけを次のように話しています。「中途で入ってくれた人たちが、結婚などのライフイベントで退職してしまうのがもったいないと感じていました。新卒であれば、優秀な人たちが長く働いてもらえるのではないかと思ったのです」では、どうすれば未経験の新卒者でいい人材が採れるのでしょうか。鶴田会計独自の採用活動に秘密がありました。 2017.08.17
  • 未経験者ならではのメリット!新卒を採用し売上を伸ばす会計事務所の採用手法に秘訣あり

    売り手市場で優秀な人材を確保するのが難しい今、新卒の採用活動を毎年行っている会計事務所があります。名古屋市の税理士法人鶴田会計は平成25年から継続して新卒を採用、4年間で事務所の規模・職員数ともに倍増しました。なぜ鶴田会計は新卒採用を始めたのか、その狙いはごとにあったのか、今回は鶴田会計の採用メソッドから読み取れる「新卒採用」のメリットについてご紹介します。 新卒の社員が新卒採用のプロジェクトメンバーに毎年10月、鶴田会計では次年度に向けて新卒採用の運営が始まります。採用人数や採用コンセプト、求める人物像を確定をさせ、採用活動がスタートします。「鶴田会計では、採用チームを新卒入社の社員で構成しています」と、代表社員の鶴田幸久氏。「同じ選考を経て入社した社員なので、学生目線と会社目線の両方で採用活動を行うことができるんです。また、社にとって重要なプロジェクトである採用活動で大きな責任を担うことで、社会人スキルも身に着けることができます」  2017.08.10
  • 新卒採用で職員を増やし、売上も伸ばす! 優秀な職員を増やし売上も増加今こそ新卒採用に目を向けよう!

    現在、半数以上の会計事務所が職員採用では「中途または経験者」の採用を行っています。そんな中、愛知県名古屋市の税理士法人鶴田会計は積極的に新卒採用を行い、4年間で事務所の規模・職員数ともに倍増しました。今回は会計業界で注目されている「新卒採用」についてご紹介します。 多くの会計事務所が新卒社員を採用していない2016年10月にアックスコンサルティングが行った会計事務所の採用活動に関するアンケート調査(有効回答数91票)では、「採用で新卒・中途の割合は?」という質問に対して「新卒なし」が50票で「1:9で中途が多い」が21票でした。そして「新卒・中途のどちらを採用したいか?」という質問に対しても「中途」が42票で「どちらでもよい」が42票と、明らかに中途を優先させて採用しているようです。なぜ多くの会計事務所は中途を採用するのでしょうか。これには「即戦力が欲しい」「教育する時間がない」などのほか、「新卒の採用方法がわからない」という理由があるようです。 2017.06.22