• TOP
  • 検索結果

検索結果(全2件)

タグ “銀行” を含むコンテンツを表示しています。

  • 「銀行同行税理士」になりビジネスを拡大させる初歩的ポイント

    最強の紹介ルート「銀行」との密な関係をつくるための第一歩「融資に強い税理士」になるには、銀行そのものを知っておこう!会計事務所が銀行を味方にすると「顧問先の資金調達ができる」「仕事の紹介がもらえる」「事務所のブランディングができる」という3つのメリットがあります。しかし、銀行を味方にして、融資コンサルティングに強みを発揮している税理士はまだまだ少ないのが現状です。なぜなら、税理士自身が銀行そのものについて、あまりよく知らないからです。当動画教材は、銀行とのコネクションがまだできていない税理士先生向けに金融機関の基礎知識を解説。銀行と上手に付き合うためのノウハウが学べ、 「融資に強い税理士」として差別化が図れるようになります。 主な内容●銀行員の「肩書き」について●信用保証の仕組み●融資が実行されるまでの流れ●融資に影響を与える「格付け」とは●金融機関と取引をする上で知っておくべきこと●銀行が税理士・会計士に求めている役割●顧客に必ず伝える! 金融機関との上手な付き合い方「金融機関との良好な関係を構築するために」「関係強化のための3ヵ条」「自社、自分を知ってもらう」●銀行とパイプをつくるために会計事務所がすべきことDVDの購入はオンラインショップBiscoより可能です。 DVD詳細『「銀行同行税理士」になりビジネスを拡大させる初歩的ポイント商品名:「銀行同行税理士」になりビジネスを拡大させる初歩的ポイント製作年月:2012年08月仕様:DVD1枚(91分)+添付資料価格:16,200 円 (税込)  2018.11.01
  • 【エクラ通信】増えるタンス預金

     タンス預金は急増タンス預金、つまり家計が銀行などの金融機関に預けずに自宅においている現金が増えているそうです。第一生命経済研究所によると、直近の2月末時点で43兆円と前年同月比8%増えました。増加額は3兆円で国内総生産(GDP)の0.6%に達します。紙幣の発行残高は2月末で4%増の99兆円。このうち決済などに使われる分を差し引いてタンス預金の残高を試算したそうです。増加率は3年間で3割強に達します。日銀の2016年12月末時点の統計でみても、国内の現金保有のうち全体の8割が家計に集中しており、タンス預金も家計に偏っているとみられます。 2018.02.20