士業のための経営情報サイト

  • TOP
  • 独立・開業
  • 新規獲得

新規獲得

  • 【若手所長の開業日記】公認会計士試験勉強時から独立を考え専門性を打ち出す

     組織のためよりお客様のためになりたい「公認会計士試験の勉強をしているときから独立を考えていました」と語るのは三井聡氏(公認会計士・税理士)。大学ではマーケティングを専攻していたが、求めていたものと違和感を覚え、公認会計士への道を選びました。公認会計士試験に合格し、大手監査法人に入所。もともと独立志向が強い三井氏は、組織で業務の進め方がクライアントよりも組織内の都合が優先されることにジレンマを感じたといいます。「大きな組織にいると、どうしても組織内の都合を優先する場合が増え、仕事が内向きになってしまいます。組織のためではなく、お客様のために仕事をしたいと思うようになりました」独立開業を視野に入れ、大手税理士法人に転職。中小企業等の会計・税務顧問から相続税申告、公益法人コンサルティング、合併・解散等の組織再編、株価評価など、幅広い業務に携わりました。税理士法人内で実績を積み、仕事へのモチベーションも上がってきた三井氏ですが、「お客様の役に立ちたい」という独立への強い意志は変わりませんでした。2013年末に退職を決断。2014年1月に独立開業の段取りをつけました。現在は前職での経験を活かし、公益法人の各種コンサルティング(会計顧問、設立・認定支援など)と、相続・事業承継に特化。専門性を打ち出しています。三井氏はオンリーワンの強みを掲げ、大海原に船を漕ぎ出しました。 プロフィール三井 聡氏1977年東京生まれ1999年慶應義塾大学商学部卒業2004年公認会計士二次試験合格。大手監査法人に入所2010年大手税理士法人に転職2014年1月独立開業三井公認会計士・税理士事務所(東京都新宿区)2014年1月開業。公益法人コンサルティングや相続・事業承継に強みを発揮。 2017.12.15
  • 【若手所長の開業日記】開業以来 相続・事業承継に特化しビジネスチャンスを広げる

     相続税実務の豊富な経験をベースに開業中野智也税理士が独立開業の時期を決めたきっかけの一つは、相続税の大幅な改正でした。専門学校で相続税法の講師を務めたり、勤務していた会計事務所では主に相続税申告・事業承継等を担当し、一貫して相続・事業継承業務に携わり、強みを発揮してきました。「もともと独立したいという気持ちがあり、そのための実務経験や環境が整ったと感じる時期に差し掛かっていました。相続税の改正が決まったことによりビジネスチャンス拡大が見込まれることも、独立を決心する大きな後押しとなりました」(中野氏)開業の元手となったのは「相続税申告の豊富な経験・実績」「相続税関係の豊富な講師実績」「他士業との幅広いネットワーク」「法人決算での事業承継対策を意識したアドバイスノウハウ」でした。 相続に強い税理士の認知を得るため人脈を広げる現在の相続案件獲得は、セミナー活動と士業とのネットワークが中心。金融機関などのタイアップでセミナー講師を務めたり、ハウスメーカーや税理士会主催の税務相談会の相談員を担当し、案件のアンテナを広げています。「相続に強い税理士として認知してもらえるように人脈を広げています。相続・事業承継の案件を増やすだけでなく、セカンドオピニオンとしてのアドバイスを行って、他士業とともに新しい活動を展開していきたいです」(中野氏) プロフィール中野 智也氏中野智也税理士事務所 所長中央大学商学部会計学科卒業税理士講座相続税法の講師を務める税理士法人山田&パートナーズ入所後、丹羽会計事務所へ2012年12月、独立開業。中野智也税理士事務所(東京都杉並区)2012年12月開業。相続税申告の豊富な経験をもとに講演・執筆方面で活躍。 2017.12.12
  • 【若手所長の開業日記】「目の前で困っている人をサポートしたい」と予定より2年前倒しで開業

     「お客様のほうを向いて仕事がしたい」と独立を決意野田智大朗税理士は大卒後、有名飲食店チェーンに就職し、店長を務めた経歴を持っています。数字を使って経営をサポートすることに魅力を感じ、税理士への道を目指しました。個人の税理士事務所で4年、大手税理士法人で3年半勤務。しかし、大手税理士法人時代にひとつの壁にぶつかりました。元来から人と触れ合うことが好きな野田氏。一方、大手税理士法人では社内業務が中心で「チェックする上司が見やすい申告書や資料をいかにして作成するか」という視点を持たざるをえなくなりました。「目の前で困っている人をサポートしたい」「お客様のほうを向いて仕事がしたい」という思いが強くなり、野田氏は独立を決意しました。「予定より2年前倒ししました。実務等のテクニックは開業後でも学べます。困っているお客様と向き合ってサポートしたいとの思いが、独立を早めました」(野田氏) 開業1年強で約30件の新規顧客を獲得2012年8月に独立開業。当初は個人でオフィスを借りていたが、セミナーで出会った鈴木康支税理士と意気投合し、鈴木氏の事務所スペースを一部シェアすることに。新規拡大に積極的な鈴木氏のノウハウを吸収し、開業1年強で約30件の新規顧客を獲得しました。「とりあえず、分からないなりにも動くことが大事ですね。とにかく人に会ってアンテナを広げています」と、野田氏は笑顔で語ってくれました。 プロフィール野田 智大朗氏1980年生まれ 京都市出身野田会計事務所 所長 税理士立命館大学経済学部卒飲食店チェーン勤務個人の税理士事務所、大手税理士法人に勤務2012年8月、独立開業野田会計事務所(東京都新宿区)2012年8月開業。新設法人を主体に「目の前に困っている人をサポートしたい」がモットー。 2017.12.08
  • 【若手所長の開業日記】「いつかは独立」では開業できない!「30歳までに独立」を有言実行

     自分で決めた期限を守れなければお客様の信用を得られない吉村和浩税理士は大学在学中から税理士事務所でアルバイトをしており、卒業後もそのまま在籍。2007年に上京してアクタス税理士法人に勤務し、2010年3月に税理士登録をしました。その前後から「30歳までに独立する」と決めていたといいます。顧客と同じ経営者の立場になり、悩みを共有したいという強い気持ちからです。実際はもっと早く独立できるチャンスがあったものの、リーマンショック等の影響もあり、独立を若干延期。条件が整い、2012年に29歳9ヵ月で独立を果たしました。「『いつかは独立』というあいまいな気持ちでは、いつまでも実現できないと思い『30歳までに』と期限を決めました。予定より若干遅れましたが、自分で決めた期限を守れないようでは、お客様の信用を得られないと思い、必死で開業準備にあたりました」(吉村氏) 開業1年で浦和事務所を開設 相続・事業承継にも注力開業から1年の2013年9月に埼玉県さいたま市の税理士事務所を承継し、現在は2拠点体制。すでに6人のスタッフを擁しています。現在は新設法人支援と相続・事業承継に注力。それぞれ「ベンチャー支援パック」「代替わりサポートパック」と、サービスをパッケージ化しています。勤務税理士時代から相続業務を担当していたことが、独立後プラスに働きました。「若さと実行力」を武器に、顧客とともに「Nextstage」を目指します。 プロフィール Nextstage税理士事務所所長税理士吉村 和浩氏1982年生まれ 京都市出身同志社大学商学部卒アクタス税理士法人勤務2010年3月税理士登録2012年9月独立開業2013年9月現事務所名に変更、浦和事務所開設Nextstage税理士事務所(東京都新宿区、埼玉県さいたま市)2012年9月開業。新設法人支援と相続・事業承継の二本柱でサービスにあたる。 2017.12.05
  • 【若手所長の開業日記】独立前から戦略を立案計画的な活動が成功の鍵

    「平均して月に6~7回ペースで、交流会や勉強会などに出席していました」とふくおか会計事務所の福岡雅樹氏(所長公認会計士・税理士・中小企業診断士)は語ります。培った多くの貴重な人脈が、独立後、大いに役に立ちました。福岡氏は2012年9月に独立。その後、2013年の年末までの間に新規顧客獲得50件以上を達成しています。その秘密が自身の足で作り上げた人脈=ネットワークだといいます。「独立前から、人脈の大切さについては実感していたんです。他士業の先生方や、異業種の方々とのつながりは、新しい出会いのきっかけになってくれます」 初めての採用も戦略的に優秀な人材の獲得に成功顧客増にともなって、福岡氏の事務所ではパートを雇用することにしました。初めての採用。「私が事務所を構えている地域には、高い能力を持つ専業主婦が多いんです。そこで、主婦の方の琴線に触れる募集要項を出してみたんです」子供が病気になった、突発的なイベントが発生したなど、家庭内で起こりうる出来事にも柔軟に対応しますと、働きやすい環境をアピールしたのです。「おかげさまで大変優秀な方を2人も採用できました。当初はひとりだけの予定だったのですが、お断りするのがあまりに惜しくて、お二方とも来ていただくことにしたんです」計画的な戦略が着実な事務所成長の鍵であることを、福岡氏が証明しています。 プロフィール福岡 雅樹氏ふくおか会計事務所 所長 公認会計士・税理士・中小企業診断士 1976年生まれ兵庫県出身 2000年 3月、大学卒業 2000年10月 公認会計士試験に合格 2007年 大手監査法人を退職後、税理士法人へ 2012年 独立開業ふくおか会計事務所(神奈川県横浜市)「会社の規模を大きくしたい30代若手経営者を応援する」を理念に独立、横浜を拠点に活躍中。 2017.12.01
  • 【若手所長の開業日記】飲食・美容に特化し、開業から確実に増客を実現

     きっかけは育児休暇 2年半で公認会計士に合格鈴木信裕氏(公認会計士・税理士)が公認会計士資格を取得したきっかけは、大手通信事業者に勤務中に取った1年半の育児休暇でした。「資格取得のために育児休暇をとったわけではないんですが、その頃読んだ勝間和代さんの本を読んで、会計に興味を持ちました」(鈴木氏)その後、2年半の勉強で合格。大手監査法人に転職し、昨年、神奈川県横浜市に鈴木税理士事務所を開業しました。 やれば成果が出る!飲食・美容特化で新規顧客を開拓開業とほぼ同じ時期に導入したパッケージを活用し、そのマニュアルに掲載されているやり方で、美容業を中心にマーケティング活動を実施しました。現在の顧問先は5件。そのうち3件は新たなマーケティング活動を実施してからの新規客です。「新規顧客は主にパートナーからの紹介。パートナーの探し方もマニュアル通りに行いました」今は地元の市場に合わせて、少しずつカスタマイズをしているといいます。「ただ数を増やすのではなく、一件一件の顧問先といい関係を築いていきたい」(鈴木氏)今はまだ一人ですが、来年には職員を増やす予定です。飲食業・美容業に専門特化した税理士として地域に根ざした税理士を目指しています。 プロフィール鈴木 信裕氏 神奈川県横浜市出身 2000年 横浜国立大学大学院工学研究科修了 同年大手電気通信事業者入社。その後、育児休暇を取得を きっかけに約2年半の勉強期間を経て、公認会計士合格 2011年 大手監査法人に転職 2013年 鈴木税理士事務所開業鈴木税理士事務所(神奈川県横浜市)2013年設立。飲食業・美容業に専門特化し、横浜・町田で業務を展開。 2017.11.27
  • 【若手所長の開業日記】監査法人、外資系銀行の経験を活かし競合無縁のポジションで開業

     独立前に「面倒を見てほしい」と2件のお客様が来る谷口郁夫氏(公認会計士・税理士)は1994年、公認会計士試験に合格し、外資系監査法人の日本事務所に入所。国内外の国際企業の法定監査、国際M&A等に関与しました。後に米国コーネル大学に留学し、MBAを取得。帰国後は外資系投資銀行に転職し、日本企業の企業オーナー、富裕層に対する投資アドバイザリー業務に携わりました。しかし、リーマンショックの影響で勤務先の銀行は社員の7割強を解雇するという大規模リストラを実施。残された谷口氏は業務が縮小した状況下でしばらく勤務を続けましたが、「新たな自分の成長分野を求めたい」と、公認会計士・税理士としての独立を決意しました。幸運なことに銀行退職直前に、2つの法人から「うちの会社の面倒を見てほしい」と、顧問のオファーが来ました。その2社は現在でも引き続き重要なクライアントです。 公認会計士・税理士でただ一人投資助言業を登録独立後は谷口氏の実務経験とビジネス英語にとどまらない語学力を活かし、外国企業の日本での、日本企業の海外での事業展開サポートに尽力。一方、「日本でただ一人、投資助言業登録している公認会計士・税理士」として競合と無縁のポジションを築いています。また、「究極経理.com」という独自の記帳代行システムを立ち上げ、ビジネスの幅を広げています。 プロフィール谷口 郁夫(たにぐち いくお)氏1971年生まれ1994年外資系監査法人の日本事務所入所1997年公認会計士登録2004年米国コーネル大学MBA取得2005年外資系銀行に転職2012年10月独立開業谷口パートナーズ国際会計・税務事務所(東京都港区)2012年10月開業。外国企業の日本での事業展開サポートをベースに、富裕層に投資助言業務を展開中。 2017.11.24
  • 【若手所長の開業日記】開業時に戦略を練りニーズが高く競合が少ない創業補助金に特化

     出産、育児を目前に「自分のペースで働きたい」と独立を決意水谷翠氏(公認会計士・税理士)は大卒後10年近くにわたって会計事務所にて上場企業の監査をはじめ、創業、合併、事業譲渡、事業再生、不動産証券化など、多彩な高付加価値業務に携わってきました。もともと組織のトップとしての独立開業を目指していた水谷氏。夫も公認会計士で会計事務所を経営していますが「仕事は自分のスタイルで自由に行いたい」と、個別での独立開業にこだわりました。第二子を授かったことで「出産、育児があるので、自分のペースで働きたい」と、独立を決意。2013年6月に事務所を開業し、新たなスタートを切りました。水谷氏は独立時に事務所の戦略を練ったといいます。そこで着目したのが、創業補助金のサポート。「新設法人からのニーズが高い一方で、『面倒だ』と敬遠する会計事務所が多いことに着目しました」(水谷氏)。創業補助金東京都事務局にて唯一の専門家スタッフとしてアドバイス業務に携わり、ノウハウを体得しました。マーケティング活動は創業補助金セミナーのみ。異業種交流会で知り合った起業家に声をかけるだけで、セミナーの集客が完了します。参加者20人のうち半数の10人前後が補助金申請を希望し、サポート業務に着手。そのうち一部が顧問契約につながります。手厚いフォローが好評で、審査が通らなくても顧問契約を結んだ例もあるといいます。開業時に掲げた強みがヒットし、ビジネスを軌道に乗せています。 プロフィール水谷 翠(みずたに みどり)氏1980年生まれ2003年慶應義塾大学商学部卒業2004年都内の会計事務所で中小企業から上場企業まで、創業、合併、事業再生、不動産証券化、監査等多岐にわたる業務を行う2013年6月独立開業水谷翠会計事務所(東京都中央区)補助金サポートを核とした創業支援に強みを発揮する。税理士向けにも補助金セミナーを開催。 2017.11.20
  • 【若手社長の開業日記】独立を決意し資産税コンサル特化への道を選ぶ

    大学卒業後に銀行、東京都に勤務した経験を持つ金井義家氏(公認会計士・税理士・中小企業診断士)。東京都在職中に公認会計士試験に合格し、新日本監査法人に入社、会計人への道を歩み始めました。監査法人勤務中に「リスクを取ってチャレンジしたい」と独立起業を決意。「独立するなら資産税コンサルティングがおもしろい」と考え、資産税専門の税理士法人タクトコンサルティングに入社しました。既に独立を視野に入れていたこともあり、金井氏はタクトコンサルティングでさまざまな経験と知識を習得。特に講演や執筆のオファーは積極的に引き受けました。「経験や知識が不十分なテーマでも、進んで引き受けました。そこから必死で勉強してアウトプットすることで、多くの知識を蓄積することができました」(金井氏)こうした意欲的な講演活動が好評を博し、金井氏はタクトコンサルティングでも指折りの人気セミナー講師として、広く知られるようになりました。 コンサル業務に比重を置き既存事務所と一線を画す「組織の看板に頼らず、個人の実力を発揮したい」と、2014年に独立開業。資産税・事業継承等に特化した事業を展開しています。社名の通り、コンサルティング業務に大きな比重を置き、既存の会計事務所とは一線を画しています。そのため、資産税顧問や相続税申告書チェックといった、会計事務所向けのサービスも実施。金井氏の挑戦は始まったばかりです。 プロフィール金井 義家氏1973年生まれ1996年早稲田大学政治経済学部卒業北海道拓殖銀行、東京都を経て、2003年新日本監査法人入社2009年税理士法人タクトコンサルティング入社2014年1月独立開業株式会社K'sプライベートコンサルティング(東京都中央区)2014年1月開業。資産税・事業継承のコンサルティング業務に特化している。 2017.11.16
  • 【若手所長の開業日記】「税理士になる=独立開業」他の選択肢は頭になかった!

    一般的な税理士とは若干異なる経歴を持つ三浦大介氏。大卒後、家電量販店、不動産会社、会計アウトソーシング会社に勤務し、税理士登録と同時に2014年3月に独立開業しました。会計事務所には勤務せず、はじめから独立開業を念頭に置いて税理士資格を取得し、実務経験を重ねていました。大卒後に就職した大手家電量販店では販売職を担当。「店頭で法被を着てチラシを配りながらテレビを売っていました」(三浦氏) 勤務先の顧問税理士にあこがれ天職を発見、進路を決意その後、不動産会社に転職。同社の顧問税理士との出会いが、税理士になるきっかけとなりました。「『ドラゴンボール』の『亀仙人』のような税理士でした(笑)。仕事以外ではちゃらんぽらんなのですが、決めるところはびしっと決める。どんな質問をしても、何かしらの答えを教えてくれる。こんな頼りがいのある税理士になりたいと、心に決めました」(三浦氏)税理士への道を決意した三浦氏は、税理士試験の勉強を開始。一方で会計アウトソーシング会社に転職し、多彩な業種の経理業務に携わり、実務経験を積みました。「商売人の家系ということもあり、税理士になる=独立開業でしたね。開業していない自分がイメージできませんでした」(三浦氏)晴れて独立した三浦氏。前職の経験を踏まえ、一般企業の経理を熟知したサービスを提供しています。かつて劇団員だったことと、家電量販店での経験を活かし、今後は講演活動にも力を入れたい構えです。 プロフィール三浦大介氏 1982年東京都生まれ明治大学経営学部卒業大手家電量販店、不動産会社勤務会計アウトソーシング会社入社2013年税理士試験5科目合格2014年税理士登録、独立開業三浦大介税理士事務所(東京都北区)2014年3月開業。「企業経理」「経理部の経理」の目線でサービスを実践。 2017.11.13
もっと見る