士業の『今』を知り、『未来』を見つめるWebマガジン

編集部が厳選!【書評】税理士のための百箇条―実務と判断の指針 記事

税理士のための百箇条―実務と判断の指針
Amazonで購入する

目次
税理士は何を学ぶべきか
必要なのはストーリー
税法は理屈の学問
税務判決の利用価値
分掌変更退職金
通達に頼ることは間違いか?
譲渡損益の通算禁止
予備プランと冗長性の確保
税法に備わる「公平の作用」
税法には3つの種類〔ほか〕


単行本: 201ページ
出版社:財経詳報社
発売日:2013/5/1
価格:1620円(税込)

著者情報
関根 稔
昭和45年公認会計士二次試験合格。税理士試験合格。昭和47年東京経済大学卒業。司法試験合格。昭和49年公認会計士三次試験合格。昭和50年司法研修所を経て弁護士登録。平成2年東京弁護士会税務特別委員会委員長。平成4年日弁連弁護士税制委員会委員長。税務大学校の講師等を務め、現在は青山学院大学大学院講師