士業の『今』を知り、『未来』を見つめるWebマガジン

どこよりも早く人財開発の潮流が分かる! ATD2018最速レポート! 記事

“従業員と経営者のパフォーマンス向上の支援”をミッションとした世界最大の会員組織、ATD(Association for Talent Development)。彼らが主催する米国サンディエゴの国際会議に、世界中から1万3000人が集結。加速度的に進化する人財開発の最先端をレポートします!

 

士業業界の未来はアメリカからやってくる!

5月6~9日に開催されたATD国際会議。カンファレンスでは、ラーニング・テクノロジー、リーダーシップ開発など14カテゴリーに分かれた300以上のセッションが開催。また出展ブースでは、400以上の人材開発分野のベンダーによる商品やサービスが紹介された。市場から求められる、士業業界の次のサービスとは何か? このチャンスをものにするには何が必要なのか? それらの課題と展望を中心にご紹介します。

「日本の10年先を行く」と言われているアメリカでは、税務申告や監査はAI・クラウド化の発展により効率化されてきました。今後さらに低価格化が進むことでしょう。そのような動きの中から勃興したのが、ヒューマンリソース(以後、HR)のビジネスです。人を資源に、どう会社の目指す方向に持っていくか。少子化が加速し、『働き方改革』が叫ばれる今、このHRは次の大きな流れになるでしょう。HRビジネスの入り口は採用です。そして、人事情報管理などもHRビジネスの一環です。職員をどのように評価し、いくらの給与を払うのか、ということも絡んできます。


" 皆さんは給与の仕組みを習いましたか? "

続きを読む