士業の『今』を知り、『未来』を見つめるWebマガジン

  • TOP
  • 検索結果

検索結果(全6件)

タグ “ゲイリー・ブーマー” を含むコンテンツを表示しています。

  • 【最新号のご案内】米国CPAの経営計画で築く顧問先との新しい関係

    雑誌『月刊プロパートナー』1月号では、米国CPAの大御所ゲイリー・ブーマー氏の経営計画策定方法を独占公開しています。ブーマー氏は、この経営計画を指導することで多くの会計事務所を成長させてきました。その特徴は、たった8ステップ&10枚のワークシートで完成するシンプルさにあります。シンプルでありながら、ワークシートを記入することで目指すべきビジョンと必要な利益が見え、さらに「何をすべきか」という行動プランも明確になります。しかし、「経営計画を立てても続かなかった……」「顧問先に提案したけれど断られた……」という経験を持つ先生も多いのではないでしょうか?そこで、「なぜ今、経営計画が必要なのか?」「なぜ、ブーマー氏の経営計画を多くの会計事務所が取り入れてきたのか?」「経営計画を提案することで、顧問先との関係がどう変わるのか?」株式会社アックスコンサルティングでブーマー氏の90日ゲームプラン策定講義の企画責任者を務める景山健市が解説します。1月号の詳細はこちらブーマー式経営計画ワークシートの無料ダウンロードはこちら プロフィール株式会社アックスコンサルティングゲイリー・ブーマー氏考案90日ゲームプラン策定講義 企画責任者景山 健市 (かげやまけんいち)アックスコンサルティング入社以来、年間平均300件以上の会計事務所に訪問し、売上アップの仕組み作り支援に携わる。現在は、全国230店舗におよぶQ-TAX加盟店スーパーバイザーとして、マーケティングサポートツールを提供している。  2017.12.28
  • 結婚する前にデートするべき人数はAIによって導き出される!? AIはどこまでできるようになっているのか

     進化するAIは今、何ができるのか?「今後、さまざまな仕事がAIに取って代わられていく」とよく言われますが、今はまだその概略を考えて懸念しているだけで、実際のところどうなるかは誰にもわかりません。ではそのAIは、どこまでできるようになっているのか?あるソフトウェア会社がAIを使って回答を導き出している例があります。それは例えば・会社の中で最も多い売掛金や、その中で最も多い取引先はどこか・自身が払わなければいけない税金はあとどれくらいあり、それはいつまでに払わなければいけないのかといったような問題です。このような質問に対する答えを導き出すにはアルゴリズム(問題を解くための手順)が必要であり、それを使ってあらゆることを決定していけます。面白い例を挙げると、・秘書を雇いたいとき、何人面接すればいいか?・結婚をする前に何人とデートすればいいか?(『AlgorithmtoLiveBy』より)などもアルゴリズムによって答えを導き出すことができるのです。また、普通の刑事事件を追求するときと同じように、犯罪を見つけるために帳簿の中を調べるという会計捜査があります。4大会計事務所(デトロイト、アーンスト・アンド・ヤング、PwC、KPMG)で12人のチームを作り、 2017.12.25
  • 【無料ダウンロード】ブーマー式経営計画ワークシート

    これから会計事務所が提供していくべきサービスは、顧問先を成長させる「経営計画」です。経営計画で顧問先のビジョンが明確になり、売上アップにつながれば、会計事務所と顧問先の関係は強固なものになります。すると、顧問先は新たな顧問先を紹介してくれるロイヤルカスタマーへと変わり、さらに事務所の成長につながります。『月刊プロパートナー』1月号では、米国CPAの大御所ゲイリー・ブーマー氏の経営計画策定方法を独占公開!ブーマー氏は、この経営計画を20年も前から会計事務所に指導してきました。そして、多くの事務所を成長させ、現在では全米トップ500の会計事務所のみをターゲットにコンサルティングを展開しています。 ブーマー氏の経営計画の特徴は、3つの「見える化」にあります。 ビジョンで目指すべき姿が見える逆さ予算で利益が見える90日ゲームプランで行動が見えるビジョンと、それを実現するために必要な利益、そして取るべき行動が見えることで、理想は「叶えられる目標」に変わります。経営計画は、ビジョンというゴールに向かうための道のりを描く地図のようなものです。ブーマー氏の経営計画は、この地図を8つのステップで描きます。そのために必要となるのが、10枚のワークシートです。この10枚のワークシートを記入すれば、経営計画書が完成します。まずは、事務所の経営計画策定にご利用ください。そして、顧問先にサービスとして提供すれば、新たな関係が構築できるはずです。無料会員登録をされている方はログイン後、下記「続きを読む」より無料でレポート(PDF)をダウンロードしていただけます。※各ワークシートの書き方や詳しい解説は、『月刊プロパートナー』1月号で紹介しています。 たった8ステップ&実践10シートで完成!米国CPAの経営計画 特集「会計業界はAI時代を生き抜けるか⁉︎米国式経営計画」 STEP1 D.O.S評価  STEP2 10倍シンキング STEP3 ビジョンワーク  STEP4 1ページプラン  STEP5 上下逆さ予算  STEP6 戦略的目標プラン  STEP7 90日ゲームプラン/STEP8アカウンタビリティレビュー ほか お申し込みはこちら  2017.12.19
  • ブロックチェーンによって訪れる 会計事務所の未来

    世の中は常に変わっていますが、その根本的な価値観に影響を与えるのは“お金”にまつわる変化です。人は物々交換から貨幣経済へと発展し、貧富の差が生まれました。また、円とドルの固定相場から変動相場へ移動し、為替相場が生まれました。今回紹介するブロックチェーンも前述の2項目と同様、人々の価値観に巨大な影響を与えるでしょう。 普段、何気なく行っている些細な取引の数々を思い浮かべてみてください。どんな取引にも“仲介”の存在があり、同時に仲介が必要な取引ばかりだと思います。一番身近でよくある仲介は銀行です。預金者の預け入れたお金を企業へ貸し出す間接金融業務を行っています。不動産に関してもハウスメーカーが建て、それを不動産売買の会社が仲介して販売していますよね。現在の世の中では、ほとんどの取引に、仲介業者が存在しています。さて、話は変わりますが“ブロックチェーン”。これは配布することを主とした環状の技術です。全員がそこにアクセスでき、各々が別々の暗号化システムを持っているのが特徴です。例えば、フィリピンからアメリカに出稼ぎに来ていて、フィリピンにいる両親にお金を振り込みたいと思う。そんな時は、まず銀行が仲介しなければいけない。振込先の両親が銀行口座をもっていなかったら、とても大変です。そんな場合は、いよいよ代行会社に依頼することになります。結果、手続きが終わるまでに、余計なお金も時間もかかってしまいます。でも、ビットコインなどブロックチェーンにのっているプラットフォームを使用すれば、仲介を介することなく、そのお金を直接両親に送れるのです。しかも、10分以内に両親が受け取ったということ把握できます。全ての処理は、チェーンのように連なったブロックに記憶されます。この形を模して、この最先端の技術をブロックチェーンと呼ぶのです。そこにアクセスするには、それぞれが暗号を持っていなければいけません。これによって流通の安全性を確保しています。小切手に書かれたサインのように、真偽がわからないものよりずっと安全です。 仕事を失わないために銀行が投資する?では、なぜ、仲介者である銀行などが、ブロックチェーンに投資をするのか?これには2つの理由があります。 2017.12.18
  • 【動画】全米のトップ500の会計事務所にコンサルティングを行うCPA「ゲイリー・ブーマー氏」とは?

    ゲイリー・ブーマー氏は、アメリカの会計事務所に最も多く影響を与えた100人に、選ばれた有名なCPAであり、会計事務所向けのコンサルタントでもあります。アメリカのCPAの『経営計画の手法』は、ご存知ですか?「ミッション(役割)」 ・会社の果たすべき役割「ビジョン(展望)」 ・将来どのような企業になるのか「バリュー(価値観)」・一緒に集う人たちの共通の考え方「ゴール(目標)」 ・単年度、三年後、五年後の数字計画「ストラテジィ(戦略)」・目標を達成するための、戦略・戦術日本では、高度成長期のころにこうした経営計画の手法というのが多く取り入れられるようになりました。ブーマー氏は、バリュープロポジション(価値提案)をすることで、「顧問先のビジネス発展につながるという、価値を示さなければならない」といいます。このたび、ブーマー氏が来日し、この『経営計画の手法』についてご講演いただくことになりました。ブーマー氏とはいったいどのような人物なのか?アックスコンサルティング代表の広瀬元義が解説します。『経営計画』にご興味のある方はぜひ、ご覧ください。第6回 会計事務所のためのビジョナリーサミット2017来日決定!!ゲイリー・ブーマー氏とは? 2017.10.06
  • 日本の10年先を行く、米国CPA業界のノウハウを大公開! ”最も影響力のある100人”に選ばれた、米国CPAが来日決定!

    米国トップ500 の会計事務所にコンサルティングを展開しているブーマーコンサルティングの創始者、ゲイリー・ブーマー氏。読者32万人以上を誇るCPA向け雑誌『アカウンティング・トゥデイ』で、“最も影響力のある100人”に過去4度選出されているCPAです。米国で最先端をひた走るブーマー氏が、自身の知見を日本の会計事務所に向けて、特別に公開してくれることになりました。今回はその中の一部を動画でご覧いただけます。 CASロードマップについて(約4分)  日本へのメッセージ(約1分)  ブーマーアドバンテージとは?(約3分) 2020年までに会計事務所が対応しておかなければならない経営課題解決のヒントがここに!ブーマー氏が最も得意とするのは、戦略プランの策定です。戦略プランは、会計事務所の基盤となるものです。「戦略的計画は、あなたのビジョンを達成させるためのロードマップにすぎません。計画は、文章化されなくてはなりません。戦略プランには、“ビジョン”“ミッション”“バリュー”“目標”“戦略”“責任者”“期日”を行動計画に落とすことが重要です」とブーマー氏。2017/11/8(水)に開催される「第6回 会計事務所のビジョナリーサミット2017」では、ブーマー氏の講演で下記のことが学べます。  経営相談などのサービスを、どうメニュー化&価格設定するか? アドバイザリーサービスを提供するための事務所の体制をどうつくるか? ブロックチェーンなどのテクノロジーは、会計事務所のビジネスにどんな影響を与えるか?日本でブーマー氏のノウハウを直接学べるのはこの機会のみです。ぜひお見逃しなく!  ▼第6回 会計事務所のためのビジョナリーサミット2017▼ 2017.09.19