• TOP
  • 検索結果

検索結果(全3件)

タグ “時価評価” を含むコンテンツを表示しています。

  • 宅地評価実務の要点・相続キャッチアップ講座第1講 2/2

    相続初心者が最初にぶつかる壁と言われる『宅地評価実務』の要点を網羅相続税額を計算するには、まず対象となる相続財産にどれくらいの価値があるのか、その価額を割り出す必要があります。相続財産のうち、大きな割合を占めるのが宅地。宅地評価は相続実務の基本中の基本です。宅地評価の実務のポイントを押さえれば、相続実務は安心と言ってももいいでしょう。当動画は、相続関連の実務にまだあまり慣れていない税理士、会計事務所を対象に、相続初心者が最初にぶつかる壁と言われる『宅地評価実務』の要点を網羅。いざ実務にあたる際のポイントを学べます。これから相続に力を入れたい税理士先生や、「相続は所長だけ」という会計事務所の職員教育に最適です。 主な内容1.相続税・贈与税における評価のあらまし2.時価について3.評価単位(評基通7-2)4.路線価方式(評基通13)5.奥行価格補正(評基通15)6.側方路線影響加算(評基通16)7.二方路線影響加算(評基通17)8.不整形地の評価(評基通20)9.間口狭小・奥行長大(評基通20-3)10.倍率方式(評基通21)11.倍率方式による評価(評基通21-2)12.私道(評基通24)13.セットバック(評基通24-6)この動画はオンラインショップBiscoにて販売しております。 『宅地評価実務の要点・相続キャッチアップ講座第1講』詳細商品名:宅地評価実務の要点・相続キャッチアップ講座第1講製作年月:2015年02月仕様:DVD1巻(約130分)+添付資料価格:16,200 円 (税込) 2018.11.01
  • 宅地評価実務の要点・相続キャッチアップ講座第1講 1/2

    相続初心者が最初にぶつかる壁と言われる『宅地評価実務』の要点を網羅相続税額を計算するには、まず対象となる相続財産にどれくらいの価値があるのか、その価額を割り出す必要があります。相続財産のうち、大きな割合を占めるのが宅地。宅地評価は相続実務の基本中の基本です。宅地評価の実務のポイントを押さえれば、相続実務は安心と言ってももいいでしょう。当動画講座は、相続関連の実務にまだあまり慣れていない税理士、会計事務所を対象に、相続初心者が最初にぶつかる壁と言われる「宅地評価実務」の要点を網羅。いざ実務にあたる際のポイントを学べます。これから相続に力を入れたい税理士先生や、「相続は所長だけ」という会計事務所の職員教育に最適です。 主な内容1.相続税・贈与税における評価のあらまし2.時価について3.評価単位(評基通7-2)4.路線価方式(評基通13)5.奥行価格補正(評基通15)6.側方路線影響加算(評基通16)7.二方路線影響加算(評基通17)8.不整形地の評価(評基通20)9.間口狭小・奥行長大(評基通20-3)10.倍率方式(評基通21)11.倍率方式による評価(評基通21-2)12.私道(評基通24)13.セットバック(評基通24-6)この動画はオンラインショップBiscoにて販売しております。 『宅地評価実務の要点・相続キャッチアップ講座第1講』詳細商品名:宅地評価実務の要点・相続キャッチアップ講座第1講製作年月:2015年02月仕様:DVD1巻(約130分)+添付資料価格:16,200 円 (税込) 2018.11.01
  • 今話題のビットコイン!明示されていない課税関係を元国税調査官・試験組税理士が説く

     Ⅰビットコインの課税関係の現状投機的な値動きから、日々大きな話題になっているビットコインですが、その課税関係については国税から原則として雑所得に該当するという見解が公表されています。この見解に加え、国税は具体的な損益計算などについて「仮想通貨に関する所得の計算方法等について(情報)」という情報も公開していますが、実際のところこれだけではビットコインに係る課税関係をつかむことができません。例えば、以下のような質問が寄せられています。1ビットコインに時価評価が必要になるかどうか(法人税)2ビットコインの投資家が国外転出した場合、どのような課税関係になるか Ⅱ法人税の時価評価との関係ビットコインは投機の対象であることがほとんどで、かつ毎日の時価が明確ですから、法人でビットコインに投資をした場合、売買を目的とする有価証券のように、時価評価が必要ではないかといった見解も多くあります。特に、ビットコインが支払いの手段にもなり得ることもあって、中には外国通貨のように各事業年度において時価評価する必要があるのではないか、といった疑問もあります。この点、明確な見解はありませんが、少なくとも現行法では時価評価の対象にはならないと考えられます。各事業年度において時価評価の対象になる資産は、現行法人税法においては、原則として以下とされています。 2018.01.25