士業の『今』を知り、『未来』を見つめるWebマガジン

  • TOP
  • 検索結果

検索結果(全9件)

タグ “セミナー営業” を含むコンテンツを表示しています。

  • 【動画】開業初年度で紹介25件を獲得する、会計事務所アリーのマーケティング

     仕組み化できる紹介営業。母数✕紹介率を向上させる方法開業初年度から紹介25件を獲得し、売上高1億円を目指す会計事務所アリ―。代表の田中氏は、監査法人時代の同僚とともに2016年に会計事務所アリ―を設立。営業と実務を完全に二つに分け、田中氏は主にマーケティング・営業を担当している。開業当初、なかなか売上が上がらず、ひたすらに交流会に参加し続け獲得できた顧問先は5件。「あの頃がいちばん辛かった」と田中氏は振り返る。初年度の反省を活かし、2年目は自事務所の強みを明確にし、そこからターゲットを定め営業をかけていった。数々のマーケティング・営業戦略の中で、いちばん効果があったのが『提携』だと話す田中氏。具体的に田中氏が実践したマーケティング戦略は以下の4つ。 ▶顧問先からの紹介獲得▶Webマーケティング▶他士業との提携▶外資系保険営業マンからの紹介司法書士、社会保険労務士、保険会社、HP制作の会社等にアポ取って、会いに行って、ひたすら提携を進めていった。結果、初年度だけで25件の紹介を獲得。田中氏の提携~紹介獲得までの流れを簡単にご紹介します。 【1】リストアップウェブサイトを検索して1業種50~100件をリストアップ。企業HPのお問い合わせへメールで提携を案内。 【2】定期接触定期的に接触を続けていくことで信頼関係を深めていく。 【3】メルマガを活用する定期的な接触を継続することはなかなか難しい。その代替え策としてメルマガを活用。最初は反応がないが、400件を超えた辺りから反応がでてくる。新しいサービスなどの案内を送るとすぐに契約につながることもあるし、紹介につながることもある。「自分の強みをまず決めて、それを活かしたサービスをお客さん・提携先に提案していくことが大切」と話す田中氏による本セミナー。ぜひ、ご事務所の成長に向けた取り組みの参考としてご覧ください。  2018.05.08
  • セミナー・勉強会によく参加する税理士は業績もアップする!?

    販売業とは違い、形のない商品(サービス)を提供することにより、対価を受け取る税理士。その商品のクオリティを担保し続けるためには、自身の知識や技術を常に向上させる必要があります。そこで重要となってくるのは、セミナーや勉強会への参加です。税理士がセミナーや勉強会に参加すれば、そこで得たノウハウを活かした事務所運営ができれば結果的に業績アップにもつながります。今回は、税理士が役に立つセミナー・勉強会を選ぶ際のポイント、そして参加する際に心がけるべきポイントを解説していきます。 顧客満足度を高めるために、セミナー・勉強会で知識や情報をインプット!会計や税務に関連する法改正が頻繁に行われることなどを考えれば、税理士が常に新しい情報をキャッチし続けることは必要不可欠です。では、新しい情報をキャッチするためには、どのような行動を起こさなければいけないのでしょうか?もちろん、毎日のニュースをこまめにチェックしたり、財務省が発表する税制改正大綱をチェックしたりと、様々な方法があります。しかし、そのなかでも最も効果的なのは税理士のための税理士が開くセミナーや勉強会への参加ではないでしょうか。もちろん、良い税理士が頻繁にセミナーや勉強会に参加しているかといえば、必ずしもそうではないかもしれません。しかし、形のない商品を提供して対価を得ていく税理士は、自身が求めなくとも、顧客が新しいサービスや新たな知識を求めているのであれば、そのニーズに応えていくべく絶えず様々な情報をインプットする必要があります。では、セミナーや勉強会を選ぶ際にはどのようなポイントを確認するべきか、紹介していきます。 セミナー・勉強会を選ぶ際の3つのポイント1.運営元を確認するセミナー・勉強会と一口に言っても、その開催趣旨や内容の充実具合は大きく異なってきます。そこでまず、運営元が民間企業か公的機関かを選びましょう。ケースバイケースではありますが、大まかに言えば民間企業が運営するセミナー・勉強会は受講料が比較的高めに設定されていることが多く、公的機関が運営している場合は受講料が無料の場合や安めに設定されていることが多くあります。もちろん、ここには値段の差だけではなく、内容の充実具合も関わってきます。例えば、公的機関が運営している場合、他の高名な先生方が参加されていることがあるため、あまり他言できないような突っ込んだ話はできない傾向にあります。また、比較的安価で参加できることから、集まっている方々も年齢や知識や意識などがまちまちで、ある程度基本的な話しかできない、ということもあるようです。しかし、民間企業が運営している場合はその逆で、高い金額を払ってきている分、ある程度の意識の高さや知識量などが備わっていることが多く、その分講師の方もより深く突っ込んだ話ができるということです。そのため、自身が出せる金額も加味し、運営元が民間企業か公的機関かを選ぶ必要はあるでしょう。  2018.04.17
  • 新規年間30件以上!助成金を活用して労務顧問契約に繋げる営業手法

    士業の先生方向けに開催された注目のセミナーをご紹介!今回は、特定社会保険労務士の田中克己氏が独自の営業手法と、助成金の商品化ノウハウを公開します。【講師】社会保険労務士法人綜合経営労務センター顧問特定社会保険労務士田中克己(たなかかつみ)氏【開催日】1.30(火)名古屋/1.31(水)大阪/2.1(木)東京【主催】株式会社アックスコンサルティング ハローワークの求人情報をもとにテレアポ1.リスト作成新規のお客様にアプローチする際、効率的に成約につなげたいですよね。そのためには営業先のリストをどのように集めれば良いのか、お悩みの先生も多いかと思います。弊所が選んだのは、ハローワーク求人情報の自動収集システム『ハローリーチ10※』。これを使い、事務所に近い企業に絞ってアプローチしました。企業は優秀な人材が欲しいから求人を出すわけで、そこに助成金や採用コンサルを提案するという流れです。営業先の選定基準は他にもあります。『ハローリーチ10』を使えば、求人を行っている企業をエリア別、求人種別、従業員数別にリスト化できるため、私は営業先を従業員20名以下の企業に絞りました。小規模な企業の人事は役職者であることが多く、話が早いんです。※『ハローリーチ10』とは、ハローワークの求人情報をリスト化するクラウドシステム。助成金支援のアプローチリストを瞬時に作成できるシステム。税理士の先生は、経理の求人を行っている企業に、経理代行のアウトソーシングを提案するという操作画面のイメージ使い方も可能です。 2.電話営業主な営業手法はテレアポです。電話をかけた全企業のうち、40%と実際にお会いすることができ、その中の50%とお付き合いが始まりました。三重県津市に絞っても、毎日30件ほど新しい案件が出てきます。地道に電話し続けた結果、契約件数はかなり増えました。 必勝!労務顧問に結びつくテレアポトークスクリプト田中先生が実践してきた手法を紹介 初回のアポで案件を受任するには3.助成金を提案アポが取れたら助成金の提案に行きます。その際スムーズに商談を進めるためには、準備が大切なんです。 2018.03.30
  • これからの時代を生き残るために… 税理士が実践すべき5つの営業方法!

    現在の会計事務所の運営状況は一昔前と大きく変わり、業界内での価格競争が進んでいます。そのため、今後は顧客を獲得することに対して、より積極的に取り組んでいくことが必要となります。そこで課題となってくるのが“営業力”です。顧客側は、ネットで様々な情報を仕入れ、安くてサービスが良い税理士へと移っていきます。こういう時代に、以前と同じような感覚で事務所運営を行っていても、何も変わらない毎日が続くどころか、「待てど暮らせどお客さんがやって来ない」という状況に陥ってしまうのです。そうならないためにも、これからの税理士は“待ち”の営業から”攻め”の営業へと転換していかなければいけません。今回は、“営業力がない”と感じている税理士の方に向けて、“攻め”の営業をご紹介していきます。 税理士が行うべき顧客獲得のための5つの営業方法税理士は、一般的に企業の経営者や資産家と顧問契約を結び、毎月顧問料をもらうということが主なビジネスとなります。そのため、毎月の顧問料が安定していることが非常に重要なポイントとなることは言うまでもありません。しかし、インターネットが発展した情報化社会では、当然のことながら税理士の情報も検索すればすぐに見つけることができるため、必然的に競争が激しくなっているのが現状です。自身の営業力によって新規顧客をいかに獲得していくかが常に課題となるわけですが、ただやみくもにセールスマンのように営業回りをすればいいわけではありません。税理士が行うべき顧客獲得のための営業方法は以下の5つが挙げられます。  2018.02.14
  • 【動画】事務所拡大のための新規獲得事例公開セミナー ~弁護士編~

    セールスが得意な弁護士が語る、新規顧客獲得手法とは?たとえ弁護士などの士業であっても、営業力・マーケティング力が問われ、仕事を獲得できる事務所だけが生き残っていける近年。そんななか、サラリーマンから行政書士、そして弁護士へと転職し、自らのセールス(営業)力で顧客を開拓し続けて、独立するまでに至った人物がいます。それが、今年初めに弁護士法人ファースト&タンデムスプリント法律事務所を開設した小野智博氏です。セールスを得意としている氏の原点には、学生時代に携わった家庭教師セールスのアルバイト経験や、行政書士時代に培ったセールス手法があります。氏によると、顧客を獲得する手法は、家庭教師の営業手法、行政書士としての営業、弁護士としてのセールス手法でそれぞれ異なるといいます。今回のセミナーでは、氏の経歴をもとに新規顧客を獲得するための営業手法を、以下のような切り口でお話いただいています。・自分にとっての営業の原点・サラリーマンから行政書士へ・行政書士実務と営業スタイル・弁護士実務とシリコンバレー式営業手法・東京及び海外への進出支援業務・内部営業マンを活かした製販分離の仕組み作り・地方中小企業向けの差別化戦略・セミナー経由での集客から成約に繋げるアプローチまた現在、小野氏が徹底的にセールス成果を上げるためにとっている手法は、セミナー営業だといいます。「私は、セミナーのオファーをいただいたら絶対にやりますし、その場合はお金もいただきません。セミナーは、ネットワーキングの機会でもあるし、そこで知り合った方と一緒に仕事ができる可能性を常に追求したいと思っているからです」同講演では、セールス・マーケティング・顧客を増やすということについて、士業がどのように考えたらいいのか、自身の経験を元にお話いただいています。ご事務所の営業スタイルを見直したい方は、ぜひお役立てください。 プロフィール弁護士法人ファースト&タンデムスプリント法律事務所共同代表弁護士小野 智博(おの ともひろ)氏慶應義塾大学環境情報学部、青山学院大学法科大学院卒業。2008年に弁護士としてユアサハラ法律特許事務所に入所。2012年に米国カリフォルニア州に赴任、Yorozu Law Group、及び Makman and Matz LLPにて、米国に進出する日本企業へのリーガルサービスの経験を積む。2014年に帰国、ユアサハラ法律特許事務所に復帰。2017年にTandemSprint,Inc.代表取締役として就任後、今年初めに弁護士法人ファースト&タンデムスプリント法律事務所を開設した。  2018.02.14
  • 開業3年で1億円事務所を作るノウハウ

    士業向けに開催された注目のセミナーを紹介!今回は、税理士法人小山・ミカタパートナーズの小山晃弘氏と岡本信吾氏が、開業わずか3年で事務所を急成長させたノウハウを公開します。 開催日:2017.12.13(水)東京/12.14(木)名古屋/12.15(金)大阪参加者:計53名 主催:株式会社アックスコンサルティング講師:税理士法人小山・ミカタパートナーズ代表社員小山晃弘氏/代表社員岡本信吾氏 第1部営業・集客編講師:小山晃弘氏 3期戦略と「他力営業」で一気に成長する弊社は現在3期目ですが、各期で戦略を立てて営業してきました。1期目は、顧問契約の獲得に重点を置き、安定した月次のキャッシュをつくりました。2期目は資金調達支援。日本政策金融公庫からの資金調達を、着手金5万円、成功報酬5%で受注します。月次キャッシュに対して、これはボーナスです。新しいチャレンジのための資金や、ネットマーケティングの費用を捻出するために行いました。月次キャッシュで固定費と人件費を払い、ボーナスを広告費に使うイメージです。そして3期目に始めたサービスが『コジサポLINE@』(個人事業主サポートLINE@)です。副業が解禁され、IT化やクラウド化も待ったなし。これからは「個の時代」です。 2018.02.02
  • 【私が税理士を変更した理由】税理士が派手なセミナー開催に夢中!もっと本業に力を入れてください!!製造業 曽根社長(仮名)の告白

    「社長さん、銭をもっと増やしたいですか?銭稼ぐぞ!銭稼ぐぞ!おー!!」 夕方のローカルニュースから流れてきたのは、当社の顧問税理士・L先生の雄たけび。「社長のための銭稼ぎ塾」というセミナーを主催していて、テレビ局が取材に来たようです。 L先生は白装束を身にまとい、新興宗教の教祖のよう。中小企業の社長とおぼしき受講者たちは「銭稼ぐぞ!銭稼ぐぞ!」と、こぶしを上げて叫んでいました。L先生とは20年の付き合いになりますが、以前は控え目でシャイな人でした。何かに取り付かれたかのような突然変異ぶりに、私は目を疑いました。 ニュースによると、このセミナーは2年前から続けているとのこと。思えばちょうどL税理士事務所の対応が急変した時期。それまで担当者が毎月訪問してくれて、L先生に相談したいときは、すぐにアポイントが取れました。しかし、今では担当者が来るのは2~3ヵ月に一度。L先生に電話をかけても折り返しの連絡が来ません。私は複雑な心境でした。 その2日後、L税理士事務所の職員と称する派手な格好の女性が当社にやってきました。要件は「社長のための銭稼ぎ塾」の勧誘。女性は妙になれなれしいアプローチで、とても税理士事務所の職員とは思えませんでした。セミナーの参加費は30万円。そんな高額なセミナーを、派手な女性を使って勧誘する事務所のスタンスに憤りを感じました。 女性が帰り、化粧の強い残り香の中で私は思いました。「今のL先生は、かつて親身になって相談に乗ってくれたL先生ではない」 税理士が本業をおろそかにするなんて言語道断!まじめにきちんと仕事をしてくれる税理士を紹介してください!! Attention セミナー開催、書籍出版等、目立つ活動を行うときほど、本業をおろそかにしてはいけない 営業活動を行う際は、会計事務所としての品位を忘れずに士業の先生とのコミュニケーションに関するご相談、エピソードを募集しています。こちらのフォームよりお気軽にお問い合わせください。  2018.01.22
  • こんなまとめ情報が欲しかった! 士業向けセミナーまとめ

    皆さんはセミナーの開催情報をどこでどのようにチェックされていますか?「色々なところで情報を仕入れているけど行きたいセミナーがなかなか見つからない」「参加したいと思っていたセミナーがあったけど、いつどこで開催されるのか覚えていない」など、実は情報入手に苦労している方も多いと思います。今回は、そんな士業の先生方に向けたセミナーを開催している企業を紹介します。  ■士業のミカタ専門家が持つ知識やスキル、実務の経験値を共有できる士業専門の『知識共有コミュニティ』。対談や取材記事など士業の方が必要とする情報やノウハウを厳選して掲載しており、すべて無料で閲覧することができる。また、セミナーや交流会の参加、士業間での実務相談などはスキル向上と問題の解決に役立てることができる。https://mikata.me/seminars【セミナー情報①】<タイトル>行列のできる士業事務所の作り方<内容>「これから士業事務所を開業するものの売上が上がるイメージが全くない」「開業したものの全然売上がない」「売上はあるものの、このままの事業モデルでやっていける気がしない」「10年近く経ち、売上が頭打ち又は少しずつ下がってきている」といったお悩みが解決できるセミナーです。<場所>東京、大阪<受講料>3,000円(税込)<講師>株式会社ウェイビー代表取締役社長伊藤健太氏<日程>下記サイトより確認ください<特設サイト>https://mikata.me/lp/seminar【セミナー情報②】<タイトル>士業がサイト集客を成功させる方法<内容>「サイト集客がうまくいっていない」「サイト集客をやったことがない」「何から手をつければ良いかわからない」といったお悩みを「サイト集客を成功させる3つの条件」「広告費を使わずに集客する方法」「効果が出ているSEOの手法」などのトピックスで講義します。<場所>東京<受講料>3,000円(税込)<講師>株式会社ウェイビーWEB事業部部長水谷誠氏<日程>下記サイトより確認ください<特設サイト>https://mikata.me/lp/marketing【セミナー情報③】<タイトル>集客せずに月100万円超えできる力が身につく!<内容>ビジネスについて正しく理解し、お客さんから今よりも感謝されながら、月100万やそれ以上の売上を作る講義です。<場所>東京、京都<受講料>3,000円(税込)<講師>株式会社ホンモノ認定コンサルタント広田耕佑氏<日程>下記サイトより確認ください。<特設サイト>http://nadseminar.honnmono.jp/2■志師塾士業・コンサルタント・講師・コーチ・セラピストなどの先生業に特化し、集客・営業や独立起業などをトータルでサポート。セミナーや講座を年間で150回以上開催しています。http://44jyuku.com/【セミナー情報①】<タイトル>先生業のためのWeb集客セミナー<内容>顧客から「先生」と呼ばれる人が、予算ゼロ・見込み客ゼロから、Webを活用し高単価で継続的に顧客を獲得するためのノウハウを伝えます。<場所>東京、大阪、名古屋、福岡<受講料>下記サイトより確認ください。<講師>志師塾塾長・株式会社エクスウィルパートナーズ代表取締役社長五十嵐和也氏<日程>下記サイトより確認ください。<特設サイト>http://exwill.jp/lp/web_syukyaku/【セミナー情報②】<タイトル>先生業のための営業トークセミナー<内容>士業・コンサル・講師・コーチなど営業の苦手な『先生』が売り込まず、嫌われず、成約率を3倍にできるトークの作り方を講義します。 2017.12.14
  • 経営者向けセミナーで「保険の活用術」 と組み合わせて個人の財産診断を4件獲得!

    相続案件獲得の有効な手段として注目される相続税のシミュレーション。さまざまな相続対策に提案しやすい手法としてあらゆる場面で利用できます。今回は、経営者向けセミナーで、「保険の活用術」と組み合わせて活用し、個人の財産診断を4件獲得した、税理士法人フィールドの栗山貴志税理士にインタビューしました。 ─相続税のシミュレーションを始めた理由を教えてください。私は以前保険会社に勤務していた経験を活かし、保険会社さんとセミナーを行うことが多いです。しかしこれまで、セミナー後に参加者と名刺交換をしても、次回の面談アポにつながらないことが多々ありました。そこで何か営業ツールがあればと思っていたところ、かんたんに相続税のシミュレーションができる「相続シミュレーションplus」を知り、導入を決めました。─実際に使ってみた感想はいかがでしょう?帳票のデザインがきれいですよね。サンプル帳票は立派な営業ツールになります。営業ツールは新規開拓だけでなく、既存のネットワークをさらに強固にすることにも効果的です。単なるパートナーだった保険会社が、タイアップセミナーを提案してくれるようになりました。それから、さらに大規模なセミナーのオファーが来るというように、好循環の輪ができつつあります。保険会社のタイアップセミナーは、富裕層の集客が望め、相続案件につながりやすいのが魅力ですね。  2017.07.25