士業の『今』を知り、『未来』を見つめるWebマガジン

「クラウド」×「経営計画書」はブルーオーシャン 記事

高付加価値サービスを実践する「未来型会計事務所」 の構築にはクラウド会計による効率化が不可欠!
岩手県花巻市にある税理士事務所ランニングパートナーズは、開業当初からクラウド会計を導入し、クラウド会計ソフト導入支援で岩手県ナンバーワンの実績があります。
今回はクラウド会計ソフトを導入したきっかけについて、所長税理士の鈴木陽介氏にお話をおうかがいしました。

 

クラウド会計を導入した3つの理由

私は2016年7月に独立開業しましたが、当初からクラウド会計を主体に進めていこうと考えていました。
その理由は3つあります。
 

1つ目の理由:業務効率化

私は経営計画書などの高付加価値サービスを展開していく方針を掲げました。
それには業務効率化が不可欠でしたので、迷いなくクラウド会計の導入を決め、最初のお客様にはCrewを導入していただきました。
 

2つ目の理由:チャレンジする姿勢

会計事務所もお客様と同じ中小企業です。
私たちがチャレンジし、変化に対応していくことがお客様の未来につながります。
その点、クラウド会計業界はどんどんチャレンジしています。
 

3つ目の理由:岩手はクラウド会計対応事務所が少ない

お客様のニーズは高いのに、岩手ではクラウド会計に対応している会計事務所が少ないのです。
現時点ではクラウド会計を使っていることで、大きな差別化ができています。
今ではクラウド会計ソフト導入支援実績で岩手県ナンバーワンです。

 

クラウド会計は3社を導入し、お客様の状況に対応できるようにしています。
ちなみに導入しているクラウド会計ソフトは、
  • freee
  • MFクラウド
  • Crew
の3つです。

まったくの新規開業で、どの会計ソフトにすればいいか検討しているお客様には、ヒアリングした上で最適なものを推奨しています。
続きを読む