士業の『今』を知り、『未来』を見つめるWebマガジン

IT新設法人に特化し年間100万円超の高額顧問料を獲得 記事



「知人・友人、クライアントからの紹介だけでコンスタントに月3件、お客様が増えています」
こう語るのは渡辺税理士事務所所長の渡辺英治税理士。主にIT業の新設法人の新規顧客が多いそうです。渡辺先生は「クライアントのCFO(最高財務責任者)」というスタンスで高度なサービスを実践、大半の顧問先から月5万円以上の顧問料を得られています。どのようにして顧問先からも喜ばれ、顧問料の金額にも納得していただけているのか、これらのポイントについてお話しをお伺いしました。

 

渡辺税理士事務所の挑戦

渡辺税理士事務所では新規獲得は紹介のみ、コンスタントに月3件前後の新規拡大を実現されています。
なぜ紹介だけで、ここまで新規獲得ができるのか、それは、渡辺先生が独立したときの「最初の10人」のクライアントの獲得手法に遡ります。

まず、独立開業した際にお客様になってほしい知人・友人10人以上をピックアップ。
一人ひとりの顔を浮かべて
「この人はどんな問題を抱えていて、何に困っているのか」
「自分のサービスだと、どのようにして解決できるのか」
について、とことん考え抜いたそうです。

そして、30〜40人ほどの知人・友人にプレゼンして10件のクライアントを獲得。
「顔が見えている人に対して具体的方法論でアプローチしました。今もその延長で続けています」
続きを読む