2022.07.08
夏季休業中の商品発送についてのお知らせ
【夏季休業中の商品発送について】

夏季休業期間中の商品出荷対応につきまして、下記の通りご案内いたします。

≪発送休業日≫
2022年8月10日(水)~2022年8月16日(火)

上記期間中のお申込みについては、2022年8月17日(水)以降に順次発送とさせていただきます。
予めご了承ください。
通常よりもご注文からお届けまでに多くの日数がかかりますので、お急ぎの場合はご注意ください。

ご不便をお掛けいたしますが、ご理解及びご協力の程、よろしくお願い申し上げます。

【座談会Vol.1】前編 拡大vs小規模、会計事務所はどちらを選ぶべきか?

【座談会Vol.1】前編 拡大vs小規模、会計事務所はどちらを選ぶべきか?

拠点展開を見据えて事務所規模や売上を拡大していくか、
少人数の精鋭部隊で安定した売上を確保していくか。
また、業種や業務を問わずに総合的なサービスを提供するのか、
特化型でサービスを絞り込むのか。
どちらに舵を切るかは経営における分岐点です。
そこで、拡大戦略と小規模戦略、総合型と特化型、
それぞれを代表する若手税理士が集結! 

Vol.1では、拡大派と小規模派に分かれて、
それぞれのメリット・デメリットを徹底討論します。

〈拡大派〉
アンテリジャンス・グループ 鳴海佑亮氏
Growth Partners税理士法人 山岸秀地氏
〈小規模派〉
税理士法人阿比留会計事務所 阿比留一裕氏
エンジョイント税理士法人 智原翔悟氏


司会:株式会社アックスコンサルティング 鶴見志歩紀


 

拡大には、ビジョン、ミッション、バリューを明確にすることが重要

――座談会の第一部は、会計事務所の経営について
「規模を拡大していくべきか」「少数精鋭でいくべきか」をテーマにお伺いします。
鳴海先生は、現在開業10年目で職員数は30名を超えていますが、
開業時から拡大戦略を描いていたのでしょうか?


鳴海 そうですね。32歳で開業したときは、
「60歳までに売上20億円、職員200人を目指そう」と思っていました。
今は「障がい者福祉という業種に特化して、
この分野で日本一を目指そう」という目標に変わりましたが、
結果的には、当初の目標である「20億円200人」を超えるかもしれません。

アンテリジャンス・グループ 代表 鳴海佑亮氏
アンテリジャンス・グループ 代表 鳴海佑亮氏
2013年に大阪市で開業。「障がい福祉の分野で日本一の士業グループになる」ことを目指し、
税理士、社労士、行政書士事務所をグループ化。バックオフィスサービスをワンストップで提供。
⻘春時代はバンド活動に励み、CDデビューを果たすという一面も。



――開業するときに、規模拡大を目標にする先生は多いですよね。

鳴海
 私も、はじめはそうでした。
単に「60歳になるまでに200人規模」ということだけをビジョンに掲げていたのです。
でも、それだと軸が弱すぎて、ビジョンとマーケティングを結びつけるのが難しい。
そうなると、成長スピードが遅くなるんです。
今は、ビジョンとマーケティングがうまく結びつけば成長スピードが速まると実感しています。
山岸先生はどうでしたか?

山岸 私も、わりと拡大が目的になっているタイプかもしれません。
当社も今、30名を超える規模になりましたが、
実は、最初の数年は少数精鋭の組織だったのです。
ただ、利益率は良かったものの、目的意識やビジョンが定まっていなかったので、
結局、自分が何を目指しているのかわからなくなってしまって……。
そこで、漠然と拡大路線でいくことに決めました。
拡大路線をとるには、ビジョン、ミッション、バリューをしっかり定めなければいけませんから。
それを体現するのは難しいと実感していますが、
自分一人ではできなかったことができるという楽しさ、ワクワク感も感じられています。

Growth Partners税理士法人 代表 山岸秀地氏
Growth Partners税理士法人 代表 山岸秀地氏
大手税理士法人勤務後、2016年に東京都千代田区で開業、2018年に法人化。
2020年には規模拡大を見据えて収容人数約50名のオフィスへ移転。
スタートアップ企業の成⻑支援やIPOを強みとし、クライアントと共に成⻑するパートナーを目指している。



鳴海 そうやって変化しながら30名規模に拡大しているのがすごいです。
山岸先生は、「できるからやる」 という“経営者タイプ”ですよね。
私は、「これをやりたい」と決めて動いているので、
それがダメになったら路頭に迷うかもしれません。

山岸 でも、正直に言うと、「どこを目指したい」という明確な目標がないんです。
目指しているのは、「クライアントも従業員も、みんながハッピーになる」というところなので。
もちろん短期的な目標やビジネスモデルは定めていますが、
とりあえず5年後、そのまた5年後、と段階的に考えながらやるしかないと思っています。
だから、鳴海先生が長期目標をビシッと決めているのがすごいと思います。

 
続きを読む
プロフィール
鳴海佑亮氏
アンテリジャンス・グループ 代表 鳴海佑亮氏
2013年に大阪市で開業。「障がい福祉の分野で日本一の士業グループになる」ことを目指し、
税理士、社労士、行政書士事務所をグループ化。バックオフィスサービスをワンストップで提供。
⻘春時代はバンド活動に励み、CDデビューを果たすという一面も。
https://antellijance.co.jp/

山岸秀地氏

Growth Partners税理士法人 代表 山岸秀地氏
大手税理士法人勤務後、2016年に東京都千代田区で開業、2018年に法人化。
2020年には規模拡大を見据えて収容人数約50名のオフィスへ移転。
スタートアップ企業の成⻑支援やIPOを強みとし、クライアントと共に成⻑するパートナーを目指している。
https://growth-partners.co.jp/

阿比留一裕氏
税理士法人阿比留会計事務所 代表社員 阿比留一裕氏
大学在学中に公認会計士試験に合格。大手監査法人に勤務後、
地方銀行でM&Aや事業再生などを担当し、2009年に福岡市で開業。
個人事業の美容業・飲食業に特化し、融資サポート、パッケージ型の税務サービスを展開している。
https://abiru-zeirishi.or.jp/

智原翔悟氏
エンジョイント税理士法人 代表社員 智原翔悟氏
2017年4月に福岡市で開業。freee5つ星認定アドバイザー、マネーフォワードプラチナ公認メンバー。
DX税理士の強みを活かし、自社で開発したシステムやツール、
ノウハウを基に業務のオートメーション化を得意とする。
https://enjoint.tax/
関連コンテンツ