2023.09.25NEW!
インボイス制度(適格請求書等保存方式)への対応に関するお知らせ

2023年10月01日(日)より、インボイス制度(適格請求書等保存方式)が開始されますので、弊社の同制度への対応についてお知せいたします。

弊社ではインボイス制度の対象となる課税取引のご利用について、
2023 年10月以降の決済分より、同制度の要件に対応できるようにいたします。

【当行適格請求書発行事業者登録番号のご案内】
株式会社アックスコンサルティングの登録番号をご案内いたします。

適格請求書発行事業者登録番号
T9011001004344
 

【座談会Vol.1】後編 拡大vs小規模、会計事務所はどちらを選ぶべきか?

【座談会Vol.1】後編 拡大vs小規模、会計事務所はどちらを選ぶべきか?

拡大戦略と小規模戦略、それぞれを代表する若手税理士による座談会。 
「税理士座談会Vol.1後編」では、拡大派と小規模派、
それぞれのメリット・デメリットを徹底討論します。

税理士座談会Vol.1前編はこちら

〈拡大派〉
アンテリジャンス・グループ 鳴海佑亮氏
Growth Partners税理士法人 山岸秀地氏
〈小規模派〉
税理士法人阿比留会計事務所 阿比留一裕氏
エンジョイント税理士法人 智原翔悟氏


司会:株式会社アックスコンサルティング 鶴見志歩紀


 

拡大戦略は、職員のキャリアアップと情報力がメリット

――次に、それぞれのメリットとデメリットを聞いていきたいと思います。
まずは、拡大戦略のメリット・デメリットから教えてください。


鳴海 拡大戦略のメリットは、予算が増えていくぶん、できることも増えるところです。
例えば、2〜3人でやっていた頃は、
人を採用するにも安価で出せる求人媒体などしか方法がなかったのですが、
売上が1億円を超えると、人材紹介会社に依頼できるようになりました。

また、「職員に夢を見せることができる」というのも、
拡大路線をとったからこそかもしれません。
うちは給与と評価が結びついていて、
職位が上がっていくと一般社員でも1,000万円プレーヤーになることができます。
反対にデメリットは、自社の決算対策です。
黒字で終わらせたいけれど、良い人がいたら採用したい。
でも、採用したら赤字になるかもしれない……。
良い人をどんどん雇っていくと利益がなくなるのが悩ましいですね。
拡大志向ではなければ、毎年ある程度の利益を出せるのかなと思うのですが。
 
続きを読む
プロフィール
鳴海佑亮氏
アンテリジャンス・グループ 代表 鳴海佑亮氏
2013年に大阪市で開業。「障がい福祉の分野で日本一の士業グループになる」ことを目指し、
税理士、社労士、行政書士事務所をグループ化。バックオフィスサービスをワンストップで提供。
⻘春時代はバンド活動に励み、CDデビューを果たすという一面も。
https://antellijance.co.jp/

山岸秀地氏

Growth Partners税理士法人 代表 山岸秀地氏
大手税理士法人勤務後、2016年に東京都千代田区で開業、2018年に法人化。
2020年には規模拡大を見据えて収容人数約50名のオフィスへ移転。
スタートアップ企業の成⻑支援やIPOを強みとし、クライアントと共に成⻑するパートナーを目指している。
https://growth-partners.co.jp/

阿比留一裕氏
税理士法人阿比留会計事務所 代表社員 阿比留一裕氏
大学在学中に公認会計士試験に合格。大手監査法人に勤務後、
地方銀行でM&Aや事業再生などを担当し、2009年に福岡市で開業。
個人事業の美容業・飲食業に特化し、融資サポート、パッケージ型の税務サービスを展開している。
https://abiru-zeirishi.or.jp/

智原翔悟氏
エンジョイント税理士法人 代表社員 智原翔悟氏
2017年4月に福岡市で開業。freee5つ星認定アドバイザー、マネーフォワードプラチナ公認メンバー。
DX税理士の強みを活かし、自社で開発したシステムやツール、
ノウハウを基に業務のオートメーション化を得意とする。
https://enjoint.tax/
関連コンテンツ