士業の『今』を知り、『未来』を見つめるWebマガジン

  • TOP
  • 検索結果

検索結果(全3件)

タグ “採用コンサルティング” を含むコンテンツを表示しています。

  • 【イベントレポート】TOP500情報交流会 2018.5.24

    TOP500の会計事務所が集結!事務所経営次の一手は〝HR〟5月24日(木)、会計業界TOP500事務所による情報交流会が開催された(主催/株式会社アックスコンサルティング)。業界をリードする事務所の経営者が集結した初のイベントを速報レポート! 日本最大級の事務所で業界の未来を語る東京・新宿にある辻・本郷税理士法人を会場に、全国から約70名の所長が参加した今回のイベント。国際課税の最新情報や、事務所経営の核となる「経営戦略」「採用・評価」をテーマにしたトークセッション、アックスコンサルティング代表の広瀬元義によるヒューマンリソース最新レポートなど、会計業界の今後を見据えるうえで聞き逃せない情報が飛び交う密度の高い3時間となりました。イベント後半には、辻・本郷税理士法人の事務所見学会も開催。参加した先生は、「各拠点をつなぐプラットフォームの構築に興味が湧きました。弊所は今50名規模ですから、もっと組織化していきたいですね」(あすか税理士法人・加藤知子先生)、「大きな事務所の先生が多かったので、取り組みが進んでいて参考になりました。人材育成や辞めない仕組みが課題なので、取り入れていきたい」(佐久間会計事務所・佐久間大介先生)と話していました。 テーマ①経営戦略ボトムアップ型の組織へ転換これまでは、〝徹底管理野球〞と題して、私がすべての業務をチェックするトップダウン型の組織でした。顧問先への提案もすべてチェックし、売上は3・5億円から6億円に増えましたが、職員に「やらされている感」があり、楽しい会社ではなくなってしまいました。また、幹部社員から「辞めたい」と言われることがあり、〝下が育たず上が疲れる会社〞になってしまっていたのだと思います。そこで今年の4月から、ボトムアップ型の組織にするために一切の管理をやめました。新たな教育制度も取り入れ、新卒の職員も1年で大きな顧問先を担当できるように育てます。顧問先担当を引き継ぐことで、上司が早く帰れるようにするためです。若い人たちは、先輩たちの姿を見て「この業界に入ろう」と決めます。私たちが変わらないと業界の未来はない。そのためには、社員が喜ぶ会社をつくること。どうしたらワークライフバランスを大事にする事務所ができるか、これからも試行錯誤していきます。 テーマ②採用・評価採用基準と評価の仕組みが必要これまで採用は順調でした。でも、採用できても、評価の仕組みがなければ育成や定着は望めません。給料だけ上げてもダメです。3年前までは、「優秀な人が欲しい」と言っていました。でも、定着しない。そこで、採用基準を決めました。真面目、素直、謙虚といった人としての土台と、経営理念に共感し、中小企業を支援するという志があることです。育成に関しては、ものの見方や道徳心なども含めて〝人を育てる〞ことを重視しています。実務はその内の一部です。もちろん、マネジメントする側も育てないといけませんから、私がマンツーマンで指導し、「人に教えることができるか」「周りを巻き込んで業務を進められるか」も評価しています。弊社では、管理職になる条件は、資格の有無ではなく、「みんなのために自分で考えて行動できること」。最近は、管理職を希望する社員が出てきて感動しています。業務改善、労務改善、人事評価を三位一体で取り組み、働く人を絶対に大切にする会社にしたいと思います。 広瀬元義'sEYE社員を育てることは経営者の責任。税理士・社労士と一緒に、HRビジネスを育てていきたい。〝従業員と経営者のパフォーマンス向上の支援〞をミッションとした世界最大の会員組織、ATD。5月6日から9日に米国・サンディエゴで開催された国際会議『ATD2018』に参加してきました。今年は、約1万3000人が参加。300以上のセミナーと450以上の企業が出展し、日本からは269名が参加しました。 2018.07.03
  • 会計事務所の採用事情!規模上位500事務所に聞いた「人材採用で利用している頻度の高い媒体」

    リクルートホールディングスは、求人関連の口コミサイトを運営する米グラスドア(カリフォルニア州)を買収し、人材会社として世界トップを目指すというニュースが先日発表されました。各業界で人手不足・採用難となっている昨今、士業業界では人手を確保するためにどのような媒体で求人を募集しているのでしょか? 士業業界において人材採用で利用している頻度の高い媒体は?プロパートナーオンライン編集部では、会計事務所の規模上位500事務所に独自のアンケートを実施しました。調査結果によると、会計事務所の多くが人材採用のために「ハローワーク」を利用し、それに次いで会計事務所の人材採用に特化した「人材ドラフト」を利用していることがわかりました。また、ハローワークの調査によると、平成28年度から平成30年度での会計事務所に関連する有資格者を求める求人数は増加傾向にあります。 (参照元:ハローワーク) 会計事務所業界でも「未経験者・新卒者採用」を!ハローワークでの有資格者の募集が増える一方で、税理士試験の受験者数は年々減少しています。税理士を目指そうとする人材が減少しているということは、会計事務所への就職に魅力を感じる人が減っているということかもしれません。 税理士試験受験者数は年々減少このまま税理士を志す人が減少し、会計事務所への就職を目指す人が減ることで、「求人をかけても人が採用できない」、「欠員状態となり、職員1人にかかる業務負担が増えてしまう」、「サービスの品質が落ちてしまう」といった影響が出てしまうことが考えられます。そうならないために取り組むべきは未経験者や新卒者の採用です。多くの会計事務所では、人材育成の必要がない経験者や有資格者を採用してきましたが、未経験者や新卒者を採用することにも、次のようなメリットが挙げられます。 未経験者や新卒者を採用するメリット ゼロベースから事務所にあった教育ができる 所長が掲げる事務所の方針を、まっさらな気持ちで受け止められる 以前の事務所の方針・理念に固執せず学ぶことで、ゆくゆくは事務所の幹部職員へと成長する可能性がある会計事務所は一種のサービス業です。実際に顧客との応対ができる人材を採用できるかどうかは、事務所の存続を左右します。採用や未経験者の育成に目を向けることで、事務所経営の改善も期待できるのではないのでしょうか。 士業広報室では、士業の実態を知るために、事務所経営にかかわることから、プライベートまで、さまざまなアンケート調査を実施しています!ぜひ、ご協力ください! 読み込んでいます...  2018.05.17
  • 〝大家さん専門税理士〞が税理士業界に警鐘を鳴らす~この本に学ぶ~

     〝専業特化〞と〝コンサル力〞の知識・ノウハウを紹介2011年に税理士・司法書士渡邊浩滋総合事務所を設立し、〝大家さん専門税理士〞として活動している渡邊浩滋氏。厳しい状況にあった実家のアパート経営を引き継ぎ、わずか半年で立て直した経験をもとに、全国の大家さんにコンサルティングを行っています。本書では、税理士を取り巻く過酷な環境を解説した上で、今後を生き抜くために必要だと渡邊氏が考える〝専業特化〞と〝コンサル力〞の知識・ノウハウを紹介。税理士を目指して勉強中の人や、開業を考えているが不安を感じている人におすすめしたい一冊です。本書を出版した目的について渡邊氏は言います。「主な目的は、ずばり〝採用〞です。会計業界にも大手志向が色濃く残っていますから、専業特化型の個人事務所が就活セミナーにブースを出しても、見向きもされないんですよ。なので、この本を通じて『専業特化の事務所はこんなことをやってるんだ』ということを知ってもらいたいんですよね。その上で、コンサルティングに注力している弊所の方向性に共感してくれたら嬉しいです」。本書の出版は、結果として4名の採用に結びついたといいます。「この本を偶然手にとって問い合わせをくれた人もいましたし、採用フローの中で読んでもらい、共感してくれた人もいました。出版は大成功だったと思います」。本書には、渡邊氏が今までの経験から得た成功の秘訣が詰まっています。その一つである〝能動的に動くこと〞について、次のように述べています。「どうやって半年でアパート経営を立て直したのかよく聞かれるんですが、ただ行動しただけなんです。例えば、不動産屋へのあいさつ回りとか。大家さんは受け身な方が多いので、何かアクションを起こすだけで目立ちます。これからの時代は選ばれるために動かなきゃいけないと思います。それはきっと、税理士の場合も同じですよね」。今後の展開について、渡邊氏はこのように話します。「これから先、フランチャイズで全国展開したいと考えているんです。困り事があっても誰にも相談できない、地方の大家さんを救いたいんです。まずは私の活動を知ってもらい、賛同していただける税理士を集めること。これが、この本を出版したもう一つの目的です」   『「 税理士」不要時代』 単行本:210ページ 出版社:幻冬舎メディアコンサルティング 発行日:2016.12.9 この本のプレゼントはこちら    プロフィール税理士・司法書士 渡邊浩滋総合事務所代表渡邊 浩滋(わたなべ こうじ)氏1978年、東京都江戸川区生まれ。税理士試験合格後、大家兼業税理士として悩める大家さんのよき相談役となるべく、不動産・相続税務専門の税理士法人に勤務。2011年12月、現事務所を設立。司法書士の資格を活かし、税務だけでなく法律面からもトータル的なアドバイスを提供している。税理士・司法書士 渡邊浩滋総合事務所設立/2011年代表者/渡邊浩滋従業員数/ 20名本社所在地/東京都千代田区九段北1 -3 -1 九段下プラザビル5F 2018.02.28