• TOP
  • 検索結果

検索結果(全24件)

タグ “税務調査” を含むコンテンツを表示しています。

  • コンビニの経理代行が熱い!

    工数負担が少なく、安定して売上見込みを立てられるフランチャイズ展開のコンビニオーナーのバックオフィス業務。そのメリットを詳しく紹介します。 営業活動不要で属人化のリスクもなし!エリアも選ばないと密かに注目確実性の高い経済状況のなか、安定した収益源の確保は、事業を継続していくうえで要となります。労働集約型の士業のビジネスモデルは、標準化・生産性向上が売上アップのカギとなりますが、景気に左右されにくく、業務フロー完全統一が可能な業態があるのです。それは、フランチャイズ展開(FC)のコンビニです。一般企業の会社生存率は、創業から3〜5年のスパンでみて約40〜60%といわれています(中小企業庁データより)。一方、FCのコンビニは、本部からの経営指導やサポート体制といった管理体制が徹底されているので、契約期間も10〜15年と長く、廃業リスクが低いのです。さらに、会計・税務の指導もあり、PL・BSの作成はFC本部が対応。オーナーは経費処理や確定申告を対応します。とはいえ、自らが店頭に立って勤務するケースもあるため、これらを代行するサービスが、いま密かに注目を集めているのです。「日本コンビニオーナーズ会計」は、多忙なオーナーのために必要最低限のサービスに絞り、価格を抑えて代行業務を提供。そのため、訪問なし、定期面談なし、やりとりはメール・郵送・電話のみ。本部が発行した帳票のコピーと、オーナーの経費などをもとに申告書作成を行うため、一般企業の記帳代行と比較して大幅な工数カットを実現。さらに、本部の管理体制が徹底しているので、税務調査が入りにくく、イレギュラー対応も発生しないため、専門知識のない職員でも実務対応が可能です。業務フローの完全統一、廃業リスクが少なく、安定的な売上を見込めるコンビニFCの記帳・経理代行なら、これから代行業務参入を検討している士業事務所や定型業務に手間をかけられない事務所にぴったりです。  ※月刊プロパートナー2021年6月号より抜粋いかがだったでしょうか?『プロパートナーONLINE』は、士業のための「明日役立つ」記事やセミナー動画などオンラインのコンテンツに加え毎月1冊、士業専門雑誌「月刊プロパートナー」をお届けするサービスです。月額3,000円のサービスを今なら14日間無料でお試しいただけます。▼14日間の無料体験はこちらから▼ 2021.06.18
  • 税の減額ではなく 安心感がゴール

    ”税務調査専門”を掲げ、過去に600件以上の立ち会い実績を誇る税理士法人クオリティ・ワン。ほかの事務所とは一線を画する特化型事務所としてのあり方を、代表の渡邊勝也氏に聞きました。 ”安心感”と”納得感”が最終的なゴール渡邊勝也氏が考える税務調査対応のゴールは、税金の減額ではなく、顧客の”安心感”と”納得感”です。「納税額を減らせるか否かは、脱税の程度や調査官の裁量次第で変わるので、コントロールできません。コントロールできないことを目標にすると現実とのギャップが生じ、お客様の不満の元になります。私の場合は”安心感”と”納得感”をもって税務調査を受けてもらうことをゴールに設定し、お客様に伝えます。〝安心感〞などの感情は、こちらの頑張り次第でコントロールできますから」。”安心感”と”納得感”を得てもらうための最初のステップは、現状を分析して不安を取り除くことだと渡邊氏は言います。「税務調査が企業にもたらすマイナスが10なのか100なのか、お客様にはわかりません。その漠然とした部分に思考が分散して、不安になるんです。売上や社長の年収、粉飾決算の事実があればその度合いなど、ヒアリングした情報をもとに必要なお金の概算を提示するだけでも、お客様の不安は小さくなります」。これから先、どのような手法でゴールを目指すのかも、実情を把握して初めて明確になります。 入念な事前準備とスピード感がカギ成功する税務調査特化3つのポイント調査当日までの面談は通常で2回。初回ではまず概算費用を提示し、顧客に対して租税教育を行います。オリジナルのマニュアルを用い、「税金を取られて損をする」という考えを「日本というプラットフォームを使えることに感謝し、対価を払う」という考えに改めてもらうそうです。まずは『損をする』という感覚を取り除くことが、”納得感”のもとに納税してもらうための第一歩だといいます。最初に顔を合わせてから調査当日まで、面談以外のフォローも行います。特徴的なのは、調査官との問答を想定したロールプレイングです。税務調査を初めて経験する人は、必要のないことまで答えてしまう場合があります。それを防ぐため、特にお金の使途に関わる部分は、入念に回答の練習をします。また、調査の前日には必ず顧客に電話をかけ「何か不安なことはありますか?」と尋ねます。「お客様が何を求めているか常に考えていますし、ヒアリングもします。お客様満足を実現するためには、相手の意向を汲むことが一番大切だと考えているんです」。調査当日は顧客だけでなく、調査官の望みも叶えることを意識します。「もちろん、可能な限りお客様が有利になるように交渉します。しかし、”適正な納税”という調査官の目的も実現しなければ、税務調査は終わりません。相反する立場の両者を調和させ、スピーディーに交渉を進めることが、お客様の”安心感”につながります」。税理士法人クオリティ・ワンは、ひと月あたり平均で7件の税務調査に立ち会っています。原則、すべての案件で自主修正申告を行っているため、高効率な製販分離の体制を導入しています。具体的には、3名の税理士が事前の面談から調査当日の立ち会いまでを案件ごとに分担し、修正申告書の作成や記帳は、ほかのメンバーが請け負う形です。「当日に正しい修正申告書を出すことも、短い時間で調査を終わらせるためのポイントです。ミスのない修正申告書をつくれるように業務の体制を整えることも、お客様に安心していただくための取り組みの一環なんです」。 お客様目線を徹底し国税OBと差別化 税務調査対応を請け負う国税OBが多くいる中で、なぜ開業時から税務調査に特化する戦略を取ったのでしょうか。きっかけは、渡邊氏の経歴にありました。「まだ私が新米の勤務税理士だったころ、大手企業の税務調査に立ち会うことがしばしばありました。立ち会いの場では、私よりはるかに優秀な税理士でも『法律にこのような記載があるので、その主張は認められません』と言って、事実認定の交渉を諦めてしまうようなケースがたびたびあったんです。私たち税理士のあり方次第で、お客様の期待に沿えなくなってしまうことが、とにかく悔しかったですね」。渡邊氏はこの悔しさをバネに、交渉に活かせる事例や判例を必死で勉強しました。「当時は、過去の判決や判例をもとに、ディベートを行う勉強会に参加していました。結果として、”法律を根拠に交渉する力”が身についたと思います。加えて、税務調査に関する書籍は、新刊が出たときには必ず目を通し、常に新しい情報を手に入れるように努めていました」。勉強したことが、実地での交渉の成果に結びつくようになってくると、新たな発見がありました。「交渉が上手くいくとお客様の満足度が上がり、その後の関係も良くなるんです。かつてドライな態度だった担当者とも、深い信頼関係を築くことができました。『”お客様の立場に立って行動する”という点にフォーカスすれば、国税OBより経験が浅くても、お客様のお役に立てる』と実感しました」。渡邊氏はこの経験から、税務調査に特化することを決意しました。 税務調査にはWeb集客が好相性開業時から一貫して、Webからの集客に力を入れてきた渡邊氏。事務所のメインページのほかにも『税務調査110番』と『査察110番』の2つのランディングページを用意し、間口を増やしています。また、それぞれ『税務調査』や『査察税理士』などのキーワードで検索すると、検索結果の上位に表示されるよう、SEO対策にも注力。その結果、現在は問い合わせの80%が、Webサイト経由になりました。「税務調査は緊急性が高いので、Webとの相性が良いんです。通知が来てから調査当日までは期間が短いこともあるので、お客様からすぐにアクセスできるWebサイトを準備しておくことは必須でした」。また、事務所のホームページや各種ランディングページから、より高確率で問い合わせに結びつけるため、見せ方も工夫しています。  2019.01.30
  • 必勝税務調査ドリル

    ドリルを用いて税務調査の戦略的フレームワークがマスターできる!経営者にしても税理士にしても「税務調査」にマイナスの感情を抱くのはなぜだと思いますか?それは「何を質問されるかわからない」からです。しかし、税理士が「何を質問されるかわからない」ではいけません。「出たとこ勝負」と「勘」で対応していては、税務調査に強くなれないのです。想定される質問に対してあらかじめ答えを用意し、どのように調査をもっていくか自らイメージしておく必要があります。 例えば、このようなことを税務調査前に想定したことがありますか?・修正申告を勧奨される前に自主申告をしたいが、どのタイミングで行えばいいか?・調査のはじめに交わされる何気ない質問には、どんな裏の意味があるのか?・重加算税を賦課する旨を伝えられたとき、取りやめをお願いできるケースはあるのか?・税務調査でどんな席順にすれば、交渉が有利に運ぶのか?・税務調査では調査官にどんな順番で話をすればいいのか?最低限、これらについてあらかじめ論理的に答えを導き出して、用意しておく必要があります。動画教材「必勝税務調査ドリル」では「ピラミッドストラクチャー」という戦略的フレームワークを用いて、8題のドリル形式で税務調査の実践的知識を学習できます。 「必勝税務調査ドリル」の特徴●8題のドリル形式で税務調査の実践的知識を学習税務調査に必要な対応方法について、ドリル形式で学習できます。ドリルの答えを知ることよりも、反復学習で論理的に結論を出すことに重点を置いています。●百戦錬磨の「税務調査専門税理士」が講師を務める「税務調査専門税理士」で業界内外で有名な渡邊勝也氏を講師に迎え、実戦に基づいたノウハウを公開。●動画なので反復学習が可能「この日だけ」「この場所だけ」「1回限り」のセミナーと違い、「いつでも」「どこでも」「何度でも」学べます。 「必勝税務調査ドリル」を学ぶと、このような効果が得られます!●税務調査の対応に自信がつき、顧問先からの信頼が増す●「出たとこ勝負」と「勘」だった税務調査対応が、論理的に結論を導くようになれる●税務調査対応を軸としたマーケティング戦略を組むことができる●「税務調査に強い税理士」とブランディングできるようになれるドリル形式で論理的に結論を導くことで、税務調査に強くなれる「必勝税務調査ドリル」。税務調査対応に一層の自信をつけたい方におすすめです。 主な内容法律編1.自主申告のボーダーラインはどこだ?●自主申告をいつ出すか?●いつから「更正の予知」になるか?●「クロ」は自主申告して余計な税金を払わない!●課税処分の除斥期間●「7年間+重加算税等」と「5年間+延滞税のみ」の差は?2.反面調査で著しく損害があり国家賠償する!?●判決事例はどこの馬の骨か見極めて使う!●大きな論点ほどピラミッドストラクチャーを使え!●結論に必要な枠組みを考えてから調べる!!3.税務調査官の質問の意図を探れ!!●税務調査インタビューで聞かれることを予行練習をしておく4.重加算税のボーダーラインはここだ!?●隠ぺい仮装・偽りその他不正の行為●税務調査の最大の論点は「重加算税」である!●『代表者が知らずに専務取締役が横領した売上100万円』は?●『「欠損金保有の不動産管理会社」を利用した租税回避スキームが●「同族会社の行為計算否認」で否認された480万円』は?交渉力編1.税務調査の時のこの席順が最も交渉が有利になる!?●税務署の役職を知ろう●税務調査官(ノンキャリア)の昇進制度を知ろう●「税務調査官」vs「納税者・税理士」のどちらが上座?●「直線」ではなく「三角形」関係を作り交渉の答えを広げる●税理士は「3人称」になりやすい席に座る!2.税務調査官への会話の順序が最後の交渉の決め手になる!?●税務調査初期段階で信頼関係を構築できれば最後の交渉がスムーズになる!3.最短で税務調査を終わらせる交渉の順番はコレだ!?●調査事項を「シロ」「クロ」「グレー」に分けて交渉する! 4.税務調査の交渉は始まった時のマッピングで勝負が決まる!?●税務調査関係者の取り巻く環境を図式化して交渉相手の立場になり考える!  2018.11.01
  • 最新事例から学ぶ『税務調査百戦連勝テクニック』

    顧客満足と新規拡大をもたらす税務調査必勝ノウハウを公開!「税務調査に強い税理士」は事務所経営上、さまざまな効果をもたらします。「何千万円もかかる税金を大幅に減額してくれた」「税務署が来る恐怖と不安をやわらげてくれた」というように、顧客満足度が大幅に向上します。また、対応が見事だと「うちの税理士は頼りになる」と、新たな紹介をもたらします。一方、「税務調査に弱い税理士」は、どんなに実務の知識とノウハウを持っていても、顧問先から「頼りない税理士」の烙印を押され、解約される危険性があります。それゆえ「税務調査に勝てる税理士」になることは、事務所経営上マストなのです。当動画教材は「税務調査百戦錬磨税理士」が、最新の税務調査事情を踏まえた税務調査必勝ノウハウを公開。平成25年1月に改正される国税通則法の内容も解説し、来年以降の対策も学習できます。 主な内容第1部税務調査の実務事例テクニック1.基礎講座:税務調査の法律問題2.判決・裁決等から税務調査対応のヒントを得る!3.税務調査官(ノンキャリア)の昇進制度4.事前打ち合わせのチェックポイント5.税務調査における税理士の役割とスタンス6.税務調査を早く終わらせるテクニック7.電話等の対応から税務調査終了の流れ8.シーン別経営者からよくある質問とその対応9.シーン別の税務調査の交渉テクニック・印紙税の過怠税(本来の印紙税の2倍)を交渉する!・往復ビンタを交渉する!・加算税を交渉する!10.事例を交えた税務調査交渉テクニック・スピード重視で交渉に成功・自主申告で傷口を広げない・法律論で妥協しない・往復ビンタを避ける第2部国税通則法改正で税務調査はこう変わる・更正の請求期間が5年に延長・更正の期間制限が原則5年へ・当初申告要件が廃止された措置・税務調査の事前通知原則化・白色申告者にも記帳義務化  2018.11.01
  • 知っておきたい税務調査の基本 2/2

    税務調査の対応ポイントを元トッカンが解説!多くの若手税理士にとってボトルネックとなるのは税務調査対応。数年前に顧問先になった新設法人が、税務調査を受けるタイミングに差し掛かります。しかし、「経験がない」「自信がない」では済まされないのが税務調査。対応能力を上げるために、別途勉強する必要があります。税務調査で重要なのは、相手を知ること。税務署がどんなスタンスで、どんな視点で調査にあたるのかを知れば、対応能力はぐんと上がります。当動画は元特別国税調査官(トッカン)で税務調査の一部始終を熟知した講師を迎え、税務調査対応の入門的ノウハウを解説。法人税調査のポイントや、税理士としての心構えなど、税務調査の基本について学ぶことができます。目の前の税務調査をしっかりと対応すれば、お客様は必ず満足します。すると、新しいお客様を紹介してくれるかもしれません。 主な内容1.知っておきたい国税に関する基礎知識(1)国税の組織(2)国税の運営(3)申告状況(4)税務調査の権限 ?質問検査権とは?2.法人税調査の現状(1)国税通則法の改正(2)調査の種類(3)調査の指標(4)調査官の評価(5)調査能力と士気3.法人税調査の流れ(1)事前準備(2)事前通知(3)税理士への連絡(4)調査法人への臨場(5)概況聴取(6)帳簿調査(7)調査の終結4.法人税調査のポイント(1)科目別イ.売上、仕入、外注費ロ.棚卸、仕掛品ハ.接待交際費、寄付金ニ.雑収入(2)ワンマン会社(同族会社)イ.代表者及び親族給与ロ.個人的費用の付け込み(3)グループ会社との取引(4)反面調査と銀行調査5.調査への対応(1)陥りやすい先入観(2)基本は短期決戦(3)正しい主張と粘り(4)やり過ぎは禁物(5)処分に不服の場合6.税理士としての心構え(1)サポートが基本(2)冷静に対応(3)進行状況を常に把握(4)早期終了へ誘導(5)最後は人間性と信頼関係【データCD収録】●税務調査チェックリストこの動画はプロパートナーSTOREにて販売しております。 『知っておきたい税務調査の基本』詳細商品名:知っておきたい税務調査の基本製作年月:2014年07月仕様:DVD1枚(約120分)+データCD+添付資料価格:19,440 円 (税込)  2018.11.01
  • 知っておきたい税務調査の基本 1/2

    税務調査の対応ポイントを元トッカンが解説!多くの若手税理士にとってボトルネックとなるのは税務調査対応。数年前に顧問先になった新設法人が、税務調査を受けるタイミングに差し掛かります。しかし、「経験がない」「自信がない」では済まされないのが税務調査。対応能力を上げるために、別途勉強する必要があります。税務調査で重要なのは、相手を知ること。税務署がどんなスタンスで、どんな視点で調査にあたるのかを知れば、対応能力はぐんと上がります。当動画は元特別国税調査官(トッカン)で税務調査の一部始終を熟知した講師を迎え、税務調査対応の入門的ノウハウを解説。法人税調査のポイントや、税理士としての心構えなど、税務調査の基本について学ぶことができます。目の前の税務調査をしっかりと対応すれば、お客様は必ず満足します。すると、新しいお客様を紹介してくれるかもしれません。 主な内容1.知っておきたい国税に関する基礎知識(1)国税の組織(2)国税の運営(3)申告状況(4)税務調査の権限 〜質問検査権とは〜2.法人税調査の現状(1)国税通則法の改正(2)調査の種類(3)調査の指標(4)調査官の評価(5)調査能力と士気3.法人税調査の流れ(1)事前準備(2)事前通知(3)税理士への連絡(4)調査法人への臨場(5)概況聴取(6)帳簿調査(7)調査の終結4.法人税調査のポイント(1)科目別イ.売上、仕入、外注費ロ.棚卸、仕掛品ハ.接待交際費、寄付金ニ.雑収入(2)ワンマン会社(同族会社)イ.代表者及び親族給与ロ.個人的費用の付け込み(3)グループ会社との取引(4)反面調査と銀行調査5.調査への対応(1)陥りやすい先入観(2)基本は短期決戦(3)正しい主張と粘り(4)やり過ぎは禁物(5)処分に不服の場合6.税理士としての心構え(1)サポートが基本(2)冷静に対応(3)進行状況を常に把握(4)早期終了へ誘導(5)最後は人間性と信頼関係【データCD収録】●税務調査チェックリストこの動画はプロパートナーSTOREにて販売しております。 『知っておきたい税務調査の基本』詳細商品名:知っておきたい税務調査の基本製作年月:2014年07月仕様:DVD1枚(約120分)+データCD+添付資料価格:19,440 円 (税込)  2018.11.01
  • 印紙税の調査対策と留意点 2/2

    税務代理が及ばない印紙税調査の対策ノウハウが学べる!知らないままだと痛い目に遭う印紙税調査から顧問先を守ろう!印紙の貼り漏れや金額違いにより印紙税の追徴課税を受けることは、大企業でも起こりえることです。一方、印紙税の税務調査は「枚数が多くて確認が不可能」「証拠がなければ反論が難しい」ということから推計課税が許されてしまいます。そうなると中小企業でも多大な金額の追徴課税を受ける恐れがあります。そんなとき、税理士も正しい知識がなければ調査官の言いなりになってしまいます。当コンテンツでは、税理士があまり知らないと言われる印紙税調査の実態から、印紙税の全体像、問題になる文書の考え方、印紙税調査対策まで、印紙税調査に関する知識を解説。恐怖の印紙税調査から自身と顧問先を守るノウハウが習得できます。 主な内容1.税理士が知らない印紙税調査の実態(1)印紙税調査の実態(2)税務代理が及ばない(3)推計課税が許される2.印紙税の全体像(1)印紙税額一覧表と考え方(2)契約書の意義と注意点(3)納税義務の成立と考え方(4)文書の所属の決定(5)記載金額の意義と計算(6)変更契約等の特例(7)過怠税と過誤納申請3.問題になる文書の考え方(1)実務上問題になるのは4種類(2)1号文書(3)2号文書(4)7号文書(5)17号文書4.内情を踏まえた印紙税調査対策(1)狙われる業種と時効(2)調査手法と調査官の本音(3)不納付事実申出書の本音(4)最後の留意点  2018.11.01
  • 印紙税の調査対策と留意点 1/2

    税務代理が及ばない印紙税調査の対策ノウハウが学べる!知らないままだと痛い目に遭う印紙税調査から顧問先を守ろう!印紙の貼り漏れや金額違いにより印紙税の追徴課税を受けることは、大企業でも起こりえることです。一方、印紙税の税務調査は「枚数が多くて確認が不可能」「証拠がなければ反論が難しい」ということから推計課税が許されてしまいます。そうなると中小企業でも多大な金額の追徴課税を受ける恐れがあります。そんなとき、税理士も正しい知識がなければ調査官の言いなりになってしまいます。当コンテンツでは、税理士があまり知らないと言われる印紙税調査の実態から、印紙税の全体像、問題になる文書の考え方、印紙税調査対策まで、印紙税調査に関する知識を解説。恐怖の印紙税調査から自身と顧問先を守るノウハウが習得できます。 主な内容1.税理士が知らない印紙税調査の実態(1)印紙税調査の実態(2)税務代理が及ばない(3)推計課税が許される2.印紙税の全体像(1)印紙税額一覧表と考え方(2)契約書の意義と注意点(3)納税義務の成立と考え方(4)文書の所属の決定(5)記載金額の意義と計算(6)変更契約等の特例(7)過怠税と過誤納申請3.問題になる文書の考え方(1)実務上問題になるのは4種類(2)1号文書(3)2号文書(4)7号文書(5)17号文書4.内情を踏まえた印紙税調査対策(1)狙われる業種と時効(2)調査手法と調査官の本音(3)不納付事実申出書の本音(4)最後の留意点  2018.11.01
  • 税法には書いていない税務調査対策ノウハウ

    税務調査対策には法律に書いていないポイントがある!税務調査対策にもっと強みを発揮したいためのノウハウが満載「申告書をきちんと書くと税務調査に入られにくくなる」「税務調査はできるだけ短期化させるとよい」多くの税理士が、税務調査に対してこのようにお考えだと思います。しかし、それは「違う」という見方があります。また、税務調査にあたっては、相手を知ることが大事。それには職員録のチェックが欠かせません。実は、職員録を見ると「注目すべき肩書きと部署」があるのをご存知でしょうか。当動画教材では、税法に出ていない税務調査の対策ポイントを網羅。書籍等には出ていない、門外不出のノウハウが詰まっています。 主な内容1.申告書の記載と税務調査の意外な関係(1)きちんと書くと調査が来られにくくなるという根拠と実態(2)選定の実態と内訳書等の活用実態(3)内訳書・概況書の記載と法律(4)税務調査の実態は一点突破(5)添付書類にも注意を払う(6)一歩進んで考えるべきこと2.予約段階で考えておくこと(1)税務調査は長期化させるとなぜいいのか?(2)長期化させるための2つの方策(3)自主修正の活用を円滑にする方策(4)上場企業に見る対策例3.詳解! 職員録の見方(1)職員録から分かること(2)2つの肩書きに注意(3)職歴別の対策方法(4)押さえておきたい3つの人事の特徴(5)交流・内部担当・転勤(6)最低限確認すべき職員録の年分とは?4.税務調査官が嫌いな2つの税理士(1)非協力な税理士が嫌な理由  2018.11.01
  • 「税務リスク事例」に学ぶ税務調査対応術

    「不正計算」「重加算税」に絞った税務調査ノウハウを事例で学ぶ!税務調査で、調査官から「不正計算」「重加算税」の疑いを指摘されたら、どう対応しますか?ここでの税理士の対応によって、税務調査の結果が大きく変わってきます。納税者や一部の税理士は「不正計算」や「重加算税」に対して認識のズレがあると言われています。「脱税=不正計算=重加算税」と認識してしまいがちですが、実はそうではありません。ポイントを押さえて対応すれば、道が開けるのです。税務調査は交渉。税理士と税務署との利害が異なるなかで、いかに接点を見出すかが重要なのです。接点を見出すためには、税務調査の場数を踏むのが一番。しかし、場数は自らコントロールできません。そうなると、次善の策として事例研究が効果的です。この動画は「不正計算」「重加算税」といった「税務リスク」に的を絞った、税務調査対応ノウハウを公開。元特別国税調査官(トッカン)で税務調査の一部始終を熟知した講師が、具体的な事例を交えて解説いたします! 主な内容 最近の税務調査の動向 税理士の心構え 法人税の重加算税の取扱い 対応上のポイント (1)事実関係の確認、根拠法令等 (2)不正計算の存在確認 (3)実行行為者の特定 (4)不正計算の波及規模 (5)不正所得の確定 (6)終結に向けた対応 事例研究 (1)個人的経費の付け込み事例 (2)期末棚卸に係る不正事例 (3)交際費課税回避に係る不正事例  2018.11.01
もっと見る