実践事務所に聞く!採用・教育・評価編 記事

顧問先の生産性はもちろん、職員の生産性も「見える化」に成功している御堂筋税理士法人。
新人研修も習熟度や進捗を可視化しているツール活用とその効果について、
同社の神﨑慧氏に聞きました。


 

隙間時間で的確なフィードバックができる!
ツール導入で研修回数が4倍に!時間の有効活用が可能

上司と部下の都合の良い時間帯を調整して、研修を行う流れは
対面で行うためお互いの時間を確保しなければならず、
突発的な業務が入ると研修日を再調整することも…
時間を有効活用できて、研修が捗る仕組みを探してましょう。



①ツール導入で学習機会が増加し知識が身につく! 研修のための時間調整も不要に。

研修カリキュラムを細かく設定すると、内容の充実と時間管理が課題になりますが
ツールを導入し取り入れることで、時間を効率的に使えるようになります。
いつでもフィードバックができ、習熟度を確認できるので、スキルの向上が確実です。
クラウド・トレーニングツール「リフレクトル」は、時間の有効活用ができ、
また、ロープレの効果を最大限に発揮することができます。



②座学→実践→現場の研修サイクルが高速化し、習熟スピードアップ

ツールによって上司のフィードバックも細やかになり、課題点が明確化してきます。
例えば、会計用語を自分なりに理解して人に伝えられるか、
基本的な対人コミュニケーションがとれるかを確認するお題を設定します。
部下は1テーマ3~5分程度で回答する動画を撮影して、クラウドにアップします。
動画撮影からアップまでは1時間以内で完了し、通知がくるため上司の見落としも防止できます。
このように、インプットした知識を創出することで、スキルアップにも繋がります。



③リモートワーク下でもカリキュラム通りに研修が可能に。
座学の動画研修に加えて、ロープレ研修ツールを導入することで、
研修スケジュールも通常通り遂行することができます。
上司は動画を確認して評価するので、
移動時間や自宅など、空き時間を有効利用できるのが大きなポイントです。


 

※月刊プロパートナー2020年8月号より抜粋

いかがだったでしょうか?
『月刊プロパートナー』2020年8月号では
本当にいい仕事ツール100や、はじめてでもできるオンラインセミナー必勝法、
田舎で伸びる士業事務所の作り方などを紹介しています。


『月刊プロパートナー』のバックナンバーも読み放題のプレミアム会員 14日間無料体験なら
その他様々な記事もお楽しみいただけます。
ぜひご事務所の経営にお役立てください。

▼月刊プロパートナーバックナンバー読み放題はこちらから▼

プロフィール

神崎 慧氏

御堂筋税理法人
創業/ 1991年
従業員数/ 29名
所在地/大阪府大阪市中央区今橋4-1-1 淀屋橋三井ビル4F