現在、お知らせはありません。

クラウド会計ソフトなら会計事務所だけなく顧問先の業務効率を上げられる!

会計事務所だけなく顧問先の業務効率を上げることができる

及川健太氏(及川総合会計事務所 代表 税理士・社会保険労務士・行政書士)は、クラウド会計ソフトを導入し、事務所と顧問先、双方の業務効率化を図っています。
具体的にどんな効果やメリットがあったのか、会計事務所や顧問先の業務にどのような変化があったのか、代表の及川氏にクラウド会計ソフトを導入したきっかけや魅力について、お話をお伺いしました。
 

データ共有の便利さを感じクラウド会計ソフトの導入を決意

クラウド会計ソフトは前々から導入したいと考えていました。
お客様と会計データのやり取りをメールでしなくていいのは、便利ですからね。

以前使っていたインストール型のソフトだと、事務所側で決算処理をしている間、お客様は記帳できませんでした。
日々お客様の会計数字は進んでいるのに、入力してもらえないのが申し訳なかったです。
クラウド会計ソフトだと事務所側と顧問先側が同時に作業できるので、お客様が決算中に待つことはありません。

クラウド会計ソフトの存在を知らないお客様は案外多く、その方たちに会計データの共有が常にできることを伝えると、反応がいいですね。
お客様は「常に見てもらえているから安心だ」と感じるのでしょう。
クラウド会計ソフトは契約率を上げるツールとして、面談で活躍します。
 

Macにも対応しておりお客様に提案しやすい

クラウド会計ソフトの一番の魅力は、デバイスを選ばずに入力作業ができるところです。
インストール型ソフトはMacに対応していないものが多く、わざわざ記帳作業のためだけにWindowsのパソコンを新しく購入してくださるお客様もいました。
昔と比べると安い値段でパソコンが手に入る時代になりましたが、お客様の負担が増えてしまうのは嫌でしたね。
クラウド会計ソフトだとデバイスの種類を気にしなくていいので、お客様への提案がしやすいです。

クラウド会計ソフトを導入したお客様の中には、「タブレットやスマホで入力できるのはありがたいです」とおっしゃってくださる方もいます。
会計ソフト用のデバイスを必ず1つ確保しなければならないことを、わずらわしく感じているお客様は案外いらっしゃるのです。

クラウド会計ソフトを導入することは、ムダな時間の削減にもつながります。
これまでは、お客様へ訪問すると、真っ先に帳簿のチェック作業を始めていました。
私がチェックしている間、お客様は特にやることもないので、ムダな時間が生じていたと思います。

せっかくお客様と顔を合わせて、現状の悩みをうかがったり、新しい提案をできたりする機会にもかかわらず、もったいないですよね。
会計ソフトをクラウド会計ソフトに替えてからは、訪問前に入力のチェックをすべて終わらせられるので、お客様との面談をすぐに始められるようになりました。
私とお客様、両方のムダな時間を削減できたのです。

またクラウド会計ソフトは自動的に売上のグラフが作成されるので、お客様と面談する際に使う資料を作る手間も省くことができます。
 

さらなる進化でより便利になるクラウド会計ソフト

クラウド会計ソフトを導入した当初は、操作に違和感を感じる部分がありました。
ただ使い続けていると操作に慣れてくるので、今では問題なく作業を進められます。

もちろん、クラウド会計ソフトの機能が日々進化していることも、操作の違和感がなくなった要因となっているでしょう。
スピード仕訳を使うと、テンキーだけで入力できるので、早く仕訳を終わらせられます。

一度入力すると科目を自動的に覚えてくれる「自動学習機能」は、お客様からもとても喜ばれている機能です。

これからもクラウド会計ソフトは、私たち税理士や経理担当者が操作しやすいように、進化し続けてくれると思います。
新しく追加された機能についてはお客様に提案し、できるだけ入力業務の効率を上げていただけるようにしていきたいです。
お客様は本業に集中する時間が増えますから、そのためにも、まず銀行口座の自動取込機能など、まだお客様がうまく活用できていない便利な機能を説明していきます。


及川先生が語るクラウド会計ソフトのお勧めポイント
  • 事務所側で決算処理をしていても、お客様に入力作業を進めてもらえる
  • MacのOSにも対応しており、あらゆるデバイスから入力作業ができるので、お客様への導入を提案しやすい
  • 「スピード仕訳入力機能」や「自動学習機能」などで、会計事務所も顧問先も業務効率化を図れる
  • ・操作しやすいように、システムが進化してくれる


プロフィール



及川総合会計事務所
(奈良県生駒市)
代表 税理士・社会保険労務士・行政書士
及川 健太(おいかわ けんた)氏

奈良県生駒市の企業を中心に、継続的な黒字経営をサポートしている。会計だけでなく、相続や労務など、多様なサポートをできることが事務所の武器。1社でも多くの企業を支援するために、クラウド会計Crewを導入し、業務効率化を図っている。
関連コンテンツ