2022.07.08
夏季休業中の商品発送についてのお知らせ
【夏季休業中の商品発送について】

夏季休業期間中の商品出荷対応につきまして、下記の通りご案内いたします。

≪発送休業日≫
2022年8月10日(水)~2022年8月16日(火)

上記期間中のお申込みについては、2022年8月17日(水)以降に順次発送とさせていただきます。
予めご了承ください。
通常よりもご注文からお届けまでに多くの日数がかかりますので、お急ぎの場合はご注意ください。

ご不便をお掛けいたしますが、ご理解及びご協力の程、よろしくお願い申し上げます。

【特集】社労士事務所の一人あたり売上は?「社労士の現状と未来〜売上・生産性編〜」

【特集】社労士事務所の一人あたり売上は?「社労士の現状と未来〜売上・生産性編〜」

社会保険労務士事務所の職員一人あたりの売上、給与計算の受注量、
マニュアルの有無での生産性の比較などを徹底解剖!
給与計算業務や生産性向上の課題から見えた改善点も紹介します。


※今回の企画にあたり、国内の社会保険労務士事務所を対象に、
「社労士事務所動向調査アンケート2021」(調査期間:2021年7月〜8月)、
「『2022 年版士業業界ランキング 500』従業員数調査アンケート」(調査期間:2022年3月)を実施。
一人あたり売上の比較等は、年間売上額の回答があった事務所のみで集計しています。



 

社労士事務所の職員一人あたりの売上平均は約665万円

Q.社会保険労務士事務所の職員一人あたりの売上は?
※2020年の売上÷(役員数+職員数)算出。パートは0.5人で計算

【平均値】

665万円

2020年の社労士事務所の一人あたり売上は665万円でした。
これは、「平成28年経済センサス-活動調査」(総務省)の549万円より116万円高い結果となりました。
また、2019年に比べて2020年の業績が「上がった」と回答した事務所は約85%あり、
コロナ禍の影響が顕著に現れています。


 

給与計算の課題は受領データの標準化

Q.給与計算は、何社から何名分受注していますか?

続きを読む
関連コンテンツ