士業の『今』を知り、『未来』を見つめるWebマガジン

  • TOP
  • 検索結果

検索結果(全2件)

タグ “ペーパーレス” を含むコンテンツを表示しています。

  • ペーパーレス化で事務作業時間を徹底削減!

    顧問先を増やしながら、無駄なく正確に申告業務をこなすためには、業務効率改善が必須です。そこで注目されるのが、〝ペーパーレス〞による管理。紙のデータ化とクラウド活用で業務効率化に取り組む税理士法人ASSETSの結城昌史氏に、そのメリットと導入方法を聞きました。  データ管理への移行は〝簡単さ〞がポイント税理士法人ASSETSではこれまで、お客様から送られてきた原票を封筒に入れてファイリングしていました。しかし、大量の保管スペースが必要なうえ、紛失リスクへの対策も必要となります。そのため、書類をスキャナでデータ化し、クラウド上での管理を開始。結城昌史氏は、「原票が手元になくても、データがあればいつでも確認できます。万が一ミスがあった場合も、職員は誰でも確認できますし、私も外出先からチェックできるので、お客様へのフォローがスムーズになりました」と言います。ペーパーレス化を目指す際にネックに感じるのは、「いちいちスキャンするのが面倒」という点でしょう。これまでの事務所のやり方を変えるには、〝簡単にデータ化できる〞方法でないと続きません。そこで結城氏が選んだのが、ドキュメントスキャナ『ScanSnap』。デスクに置けるコンパクトなサイズと、ボタン一つというシンプルな操作性で、ストレスなくスキャンできるためです。クラウドデータ管理で5つの無駄をカット!1 探す時間資料を探していた時間が入力業務や顧客対応の時間に変わる!2 紛失リスク資料は顧問先からクラウド上でもらうため、紛失リスク対策に時間をとられない!3 収納場所事務所内の物が減るため、棚やデスクが整理され業務がはかどる!4 顧問先の負担忙しい中で、資料を郵送する手間が減り、郵送代も節約できる!5 情報共有不足による機会ロス名刺や資料を共有すれば、顧問先とのやりとりもスムーズに。新規獲得の機会も逃さない! クラウドソフト直結で顧問先の業務も効率化『ScanSnap』はWi-Fiを搭載し、多くのクラウド会計ソフトと連動。ASSETSが利用しているCrewにもデータを直接送ることができます。この機能を活かすため、記帳代行を請け負っている顧問先に『ScanSnap』を提供。帳票をデータ送信してもらうことで、職員の作業は会計ソフトの画面を見ながら入力するだけとなり、業務スピードが上がったといいます。タレントのキャスティングを行う株式会社トライアングル代表の志田さより氏は、『ScanSnap』を利用している顧問先の一つ。これまでは領収書をノートに貼り、月に一度結城氏に郵送していましたが、クラウド共有に移行。「このスキャナならCrewと直結しているので、パソコンを立ち上げなくてもいいし、メールを送る手間もないことに驚きました」と話します。「今までより経理業務の時間が短縮されて、郵送代も節約できます。私のように、事務作業も自分で行うオーナーは助かりますね」。所内の業務効率と同時に、顧問先の満足度向上にもつながるデータ化とクラウドの活用。多忙を極める確定申告業務を効率的にこなすためにも有効です。顧問先には、モバイルタイプの〈ScanSnap iX100〉を提供し、領収書をデータで送ってもらいます。「紙を持ち歩かなくていいし、外出先でも見られるのが便利ですね。先生からの確認で、以前の領収書を探すときも安心です」と志田氏。「今後は、名刺管理や所属タレントの出演雑誌のデータ化など、どんどん活用していきたいです」デスクに置けるコンパクトサイズのスキャナー〈ScanSnap iX500〉を活用。A4カラー両面原稿を1分間に25枚分スキャンでき、Wi-Fiでクラウドに直接データ保存可能。e-文書法にも対応している。   業務用イメージスキャナで世界シェアNo.1(※1)の株式会社PFUが手掛けるパーソナルドキュメントスキャナ。各種クラウドサービスやクラウド会計ソフトと連携。e-文書法対応で、紙原本の保存に代えることができる(※2)。※1 日本・北米はKEYPOINT INTELLIGENCE社 (InfoTrends)により集計(2015 年実績)。欧州はInfoSource 社(2015 年実績)の集計に基づき、西欧地区(トルコとギリシャを含む)におけるシェアをPFU グループにて推計。※2 各省庁より出される省令およびガイドラインに従ってください。  ScanSnapに関する詳細はこちら http://scansnap.fujitsu.com/jp/ E-mail scanners@pfu.fujitsu.com <お問い合わせ> 株式会社PFU TEL 050-3786-0811 受付時間:9時~17時(月~金) ※当社休業日除く 神奈川県横浜市西区みなとみらい4-4-5 横浜アイマークプレイス  プロフィール税理士法人ASSETS税理士結城 昌史氏税理士法人ASSETS代表者/二瓶正之従業員数/21名所在地/東京都中央区日本橋人形町1-2-12 WARMLIGHT BLD. 4Fhttp://assets.or.jp/ 2018.01.15
  • クラウド会計を導入する企業が増加!会計事務所にとってのメリットは?

    最近、クラウド会計の存在感が大きく高まっています。今後、さらなる機能改善やユーザビリティの向上が図られ、クラウド会計が一般に広く浸透していくことが予想されます。導入する企業が増えていく一方で、会計事務所はクラウド会計をどう捉えているのか、その最新状況をお届けします。 会計事務所は3年前からクラウド会計の重要性を予想弊社が全国の会計事務所に対して行ったアンケート調査を見ると、「クラウド会計は今後普及するか」との問に対し、「普及する」と答えた税理士の先生方は97.8%と圧倒的多数でした。結果を見ると、会計事務所の先生方は3年前からクラウド会計の重要性を感じていたようです。では現在のクラウド会計事情はどうなっているのでしょうか。 高まる「クラウド」への理解とニーズ情報通信技術分野の調査を行っているMM総研は個人事業主(1万7,420事業者)を対象に「クラウド会計ソフトの利用状況」(※2017年3月末時点)についてアンケート調査を実施しました。まず「クラウド会計ソフトの認知度」では、「クラウド会計ソフトを知っている」と回答した企業は全体(1万7,420事業者)の69.5%に達し、2016年12月調査時よりも3.8ポイント上昇。インターネット1つで簡単に会計してくれる会計ソフトの普及が進んでいると考えられます。さらに会計ソフトを利用している個人事業主は32.5%におよび、そのうちインターネット経由で会計ソフトの機能を利用するクラウド会計ソフトの利用率は13.2%。確定申告の直前にあたる2016年12月調査時点の9.7%から3.5ポイント増加。このように最近ではクラウド会計が認知されるだけではなく、実際に利用している事業主の方も多くなっており、着実にクラウド会計ソフトの需要が高まっているようです。  2017.06.02