士業の『今』を知り、『未来』を見つめるWebマガジン

  • TOP
  • 検索結果

検索結果(全1件)

タグ “引退” を含むコンテンツを表示しています。

  • 【私が税理士を変更した理由】「引退したい」と言って、早2年! 「気持ち」だけでなく「今後」について話してください!! 食肉卸・小売業 三河島社長(仮名)の告白

     私は食肉卸・小売業として独立開業して、約20年になります。同業から紹介してもらったR先生に、創業以来顧問税理士をお願いしています。R先生は現在80歳。創業当初はエネルギッシュに動いてくれましたが、最近は体調が芳しくないようです。当社に来る約束も、土壇場で変更やキャンセルになることがしばしばありました。2年ぐらい前から当社に来るたびに「俺も年だから、そろそろ引退するよ」という気持ちをこぼすようになりました。はじめのうちは冗談だと思って聞き流していましたが、次第に体調が悪くなりつつあるR先生を見ると、本気だと感じるようになりました。しかし、R先生は「引退したい」とは言うものの、今後について具体的にどうするのかについては、何も話してくれません。私から「これからは誰が来てくれるんですか?」なんて聞けませんからね。R先生はここへきて仕事に熱が入っていないかのようです。ちょっとしたミスや物忘れが増えています。体調が悪いので仕方がないと、長い目で見ていました。ところが、ある日のことです。R先生は先日約束した書類を持ってくるのを忘れ、なおかつ試算表に少々ミスがありました。私は我慢できず、思わず声を荒らげてしまいました。それに対してR先生は「もう引退するから許してよ」と平謝り。私はあきれてものが言えませんでした。引退するのは仕方ないけれど、その後の具体的な道筋をしっかりつけてほしいです。「引退する」って口だけで、何もしないでずるずる過ごしているだけじゃないか!もう心を決めました。R先生が本当に引退する前に、税理士を替えることにします。私は多くは望みません。お願いです。体が丈夫で有言実行型の税理士を紹介してください! ここが要注意! 「引退したい」と言うだけで、何もしないでいると、顧客は不安になる 引退する場合は、「誰が」「いつから」「どのようにして」引き継ぐのか明確に伝えよう 士業の先生とのコミュニケーションに関するご相談、エピソードを募集しています。こちらのフォームよりお気軽にお問い合わせください。  2017.10.11