2022.11.29
【年末・年始休業中の商品発送について】
年末・年始の休業期間中、商品の出荷対応につきまして下記の通り、ご案内いたします。

≪発送休業日≫
2022年12月28(水)~2023年1月4日(水)

上記期間中のお申込みにつきましては、2023年1月5日(木)以降に順次発送とさせていただきます。予めご了承ください。

通常よりもご注文からお届けまでに多くの日数がかかりますので、お急ぎの場合はご注意ください。
ご不便をお掛けいたしますが、ご理解及びご協力の程、よろしくお願い申し上げます。

【特集】顧問先に事業承継を提案するコツは「終活イメージ」の払拭

【特集】顧問先に事業承継を提案するコツは「終活イメージ」の払拭

中小企業にもっとも近い存在である税理士。
だからこそ「顧問先に事業承継のことは聞きづらい」
という先生もいるのではないでしょうか?
そこで、顧問先の事業承継ニーズをスムーズに引き出す質問や提案の仕方について、
株式会社はなぶさコンサルティング代表取締役で
事業承継コンサルタントの辻 英道氏に聞きました。



 

「事業承継=終活」ではない!
「会社の成長戦略」というイメージを持たせる

事業承継の手段は、後継者がいる場合は親族内もしくは従業員への承継となりますが、
後継者がいない場合はM&Aなど第三者への承継を検討する必要があります。
以前は親族内承継が主流でしたが、
少子高齢化や都市部への人口集中などを背景に、第三者承継の需要が増加。
成長戦略の選択肢としてのM&Aが浸透し始めている一方、
親族や従業員に承継したくても、
「後継者の育成ができていない」
「株を買い取るための資金が準備できていない」
といった理由でM&Aを選択するケースもあります。




事業承継は長期的に考える必要がありますから、早めの対策が功を奏します。
しかし、多くの中小企業で事業承継が進まない要因の一つには、
「事業承継=終活」「M&A=身売り」
というイメージが根強くあるということが考えられます。
けれど、M&Aを含めた事業承継は、会社を発展、成長させるための重要な戦略。
顧問先に提案する際は、「会社の成長戦略として必要なことである」
というイメージを持ってもらうことがポイントです。

 
続きを読む
プロフィール
辻 英道氏
株式会社はなぶさコンサルティング
代表取締役/事業承継コンサルタント

大手証券会社で金融商品の営業職として勤務後、
大手コンサル会社で事業承継コンサルティングに従事。
同世代の後継者を支援するため、2020年にはなぶさコンサルティングを設立。
https://hanabusa-consulting.co.jp/
関連コンテンツ