士業のための経営情報サイト

  • TOP
  • 検索結果

検索結果(全8件)

タグ “業種特化” を含むコンテンツを表示しています。

  • 【動画】メルマガを使ったデータベースマーケティングとは?〜後編

    風俗業界に特化して業務を行う税理士法人松本では、社内全体で一つの取り組みを行っています。それはメルマガです。顧客と顧問税理士をつなぐ手段としてメルマガを用いるのは珍しいことではありません。しかし、同事務所ではメルマガ作成を分業化し所内の大部分のスタッフが何らかの形で業務に触れる機会を設けました。これによってメルマガの運営・質が向上し、結果的に顧客に対する認知度が大幅にアップして、集客の成功に至ったのです。またスタッフ採用に関してもメルマガを利用し、求人費用ゼロの実現に成功しました。その具体的な方法論を本動画では余すところなくお伝えします。 営業も人材確保も メルマガは工夫次第で最強ツールに! ■メルマガは事務所のファンを増やす超重要ツール ■営業職以外のスタッフでもメルマガで仕事をアピールし顧客の安心感を創出する ■メルマガも顧客の趣向にあわせてスタッフを配置する→女性客には女性で対応。気軽に相談できる環境を ■スタッフには担当すべきメルマガを志願制にする→強い責任感をもって業務に取り組む ■人材獲得においてもメルマガは有効→社内見学会の募集をしたらノーマネーで16人集客 ■クロスマーケティングで広がる認知度→公式ホームページやファイスブックで更なる認知が可能→顧客はけっこう見ている。コミュニケーションのきっかけとして有効 ■キャンペーンの告知が一斉送信で可能→割引特権を付けることで更なる顧客を呼ぶ  講師は税理士法人松本のシニアスタッフの五藤こずえ氏にご担当頂いております。 プロフィール 税理士法人松本 (東京都新宿区)シニアスタッフ五藤こずえ 氏 2012年松本会計事務所入社。現在、新宿オフィス勤務。税理士法人松本のマーケティング戦略を担当。風俗向け経営者だけではなく、お店で働くキャストまで業種に特化したサイトを運営。LINE、メルマガ、ブログ等のWebコミュニケーションツールを活用して、嘘の情報に惑わされない、正しい情報をお客様へ提供している。  2017.12.15
  • 【動画】メルマガを使ったデータベースマーケティングとは?〜前編

    風俗業特化の“強み”を活かして戦う税理士法人松本のマーケティング戦略とは!業務対象を風俗業界に特化し、これまで累計1,000件を超える相談を受けてきた税理士法人松本。2006年の開業から毎年順調に契約数および従業員数を増やし、現在では新規契約数が10倍、従業員数は50人へと増加しています。風俗業特化のように“業種を特化する”ことを強みとして戦うためには、まずマーケットについて考える必要がある、と松本氏は言います。その考えとは、■「誰に対して」「何を売るのか」「どう選ばれるのか」・競合他社に真似されるようでは事務所の強みではないかもしれない・お金が払われないようなサービスであればそもそもそれに価値がないのかもしれない・顧客が事務所の強みを評価してくれないのであれば選択する顧客を間違えている■市場の規模がどれくらいか■そのサービスは顧客目線で考えた時に魅力的か■選ばれるサービスになっているか「私達は風俗業に特化したことで顧客の平均単価も高く、成長スピードも比較的早い方だと思います。少し変わったところで特化しているため色物扱いされたこともありましたが、従業員教育に真面目に取り組み、しっかりとした組織作りも行っています」と語る松本氏による本セミナーでは、その成長戦略を実現させるために重要なことは何か、またマーケティングや現在の取り組みをご紹介していただいてます。プロフィール 税理士法人松本 (東京都新宿区)代表税理士松本 崇宏(まつもと たかひろ)氏2006年28歳で独立。現在、新宿と江東区亀戸に事務所を構え、2017年10月より横浜にも支店を展開予定。従業員は50名を超え、「風俗業専門税理士」して活躍中。12種類のWebサイトを稼動させ、さらに動画やメルマガ等のWebコミュニケーションツールを活用して、新規案件獲得を年々伸ばし、2016年は220件を超えている。 2017.12.08
  • 会計業界特化型のホームページ制作会社まとめ

    <会計業界特化型のホームページ制作会社まとめ>「他社より見やすいサイトにしたい!」「アクセス数が増える使いやすいサイトにしたい!」など、ホームページの制作でお悩みの会計事務所は多いと思います。今回は、そんな会計事務所に向けた業界特化型のホームページ制作会社を紹介します。 ■税理士・公認会計士・社会保険労務士・行政書士のための士業事務所ホームページ制作デザイン、制作、管理・更新代行をワンストップで提供。実務書籍で60年の実績を持つ日本実業出版社の経理・税務・人事・労務等のコンテンツを利用し、制作だけでなく情報配信まで行う。そのほか、更新代行(素材は先生自身がWordやExcelで作成し、メールまたは郵送などで依頼)や、スマートフォン対応も。http://www.taxac.jp/ ■税理士専門ホームページ作成サービス【あきばれ税理士パック】633件もの税理士・会計事務所のホームページ作成実績がある。税理士専門コンサル付き、記事はライターが執筆、デザイナーが画像作成し、素材はカメラマンが撮影。その他にも無料で対スマホページ作成やSEO対策も万全。HPでは、無料メールセミナーや無料e-bookなど、申し込み前の無料プレゼントあり。http://akibare-zeirishi.jp/■NJweb実務情報付きホームページ制作サービス税理士・会計事務所のHPに特化して10年。HP制作時のコンサルに重きを置き、公開後も集客率アップのためのアクセスレポート解析や、改善案の提示、更新代行も行う。テンプレートデザインを使いまわさず、事務所ごとのオリジナル。税務・労務の書籍を販売する出版社だからこその、役立つ実務情報を毎月更新。http://nj-web.jp/ ■東京神田士業対応専門会社ホームページ制作はもちろん印刷物のデザインも多く手がけ、事務所案内、名刺、封筒、ロゴマークデザイン、オリジナル地図作成などワンストップでの対応が可能。毎月の固定費はかからず、SEO対策含むHPコンテンツの提案も行う。平成14年から士業特化、業界最多の実績を誇り、関与実績は1,000件を超える。無料相談あり。https://www.pokerface.co.jp/ ■LegalBright法律事務所・司法書士事務所・企業のホームページ制作実績あり。Webコンサルや、GoogleAdWords運用代行も行う。なお、HPだけでなく、人材募集広告からパンフレット、チラシ制作、人材派遣や採用面接代行、事務所の開業支援まであり、手広い。無料相談あり。http://www.legal-bright.com/web.html■士業のホームページ制作.com問い合わせ・打ち合わせはすべて無料。個人事業主で、HP制作から保守運用、HPの更新や修正まで、格安で対応。作成なしで、SEO対策のみも依頼可能。http://www.samurai-hp.com/  2017.11.10
  • 若手税理士さん必見!【開業・運営のポイント】第5回「差別化」

    株式会社アックスコンサルティングの景山健市です。今回は、他の会計事務所との『差別化』について、お話をします。会計事務所は日本に約30,000事務所あるといわれていますが、その中で自分の事務所を、どのような特色のある事務所にしていくか、ということです。私がオススメしたいのは、“業種特化”もしくは、“業務特化”です。たとえば、九州に、業種を絞って飲食店と美容室のみに特化したサービス提供を行い、成功を収めている会計事務所があります。サービス提供する業種を絞ると、お客様から“同業仲間”の紹介を得られやすくなるといった面があるようです。紹介を得やすくなるための業種・業務特化の施策、この動画を見ていっしょに考えてみましょう。今回のポイント! 事務所の特色 特化による紹介案件獲得  飲食特化 レストラン、料亭、居酒屋、ラーメン屋、定食屋などの飲食店に特化して顧問契約をする 美容特化 美容院、理髪店、エステサロン、ネイルサロン、整体・カイロプラクティックなどに特化して顧問契約をする 特化による紹介案件獲得  特化することによって、対象外の見込み企業を他事務所に紹介し、代わりに対象の職種の顧問先を紹介してもらう。  プロフィール景山健市(かげやまけんいち)株式会社アックスコンサルティングQ-TAX本部統括責任主任コンサルタント過去500名以上の税理士をはじめとする士業の先生と面談、業績アップ支援に携わる。現在は、全国230店舗が加盟する税理士のフランチャイズチェーン「Q-TAX」の統括責任者。各加盟店の経営状況を把握し、必要なマーケティングサポートツールを提供している。過去の講演実績:株式会社日本M&Aセンター/税理士会王子支部青年部など 2017.10.31
  • 会計事務所の高付加価値ブルーオーシャン 今こそ歯科医院マーケットに参入しよう

    競合激化やクラウド会計の普及により、会計事務所は高付加価値サービスの提供が不可欠となっています。そこで注目されるのが、歯科医院マーケットへの参入。安定した診療所数と、根強い会計事務所へのニーズから、ブルーオーシャンとして位置づけられています。 歯科医院はコンビニより1万件以上も多い下のグラフは、歯科診療所とコンビニエンスストアの数の推移を示しています。平成27年12月末時点の歯科診療所の総数は6万8,746院。ここ5年間はほぼ横ばいで推移しています。一方、コンビニエンスストアの平成27年12月末時点の店舗数は5万3,544店。至る所にある印象を受けるコンビニよりも、歯科医院のほうが1万件以上も多いのです。都市部では、同じ雑居ビルに複数の歯科医院が入居している例も珍しくありません。さらに歯科医院は都市部ほど過密状態にあります。平成26年の各都道府県の歯科診療所数を、各都道府県の可住面積(実際に開発された面積)で割り、1平方キロメートル当たりの歯科診療所数を計算すると、次のようになります。1位:東京都…7.6院2位:大阪府…4.2院3位:神奈川県…3.4院4位:埼玉県…1.4院東京都は1キロ四方の中に歯科医院が7.6院と、密集ぶりがうかがえます。さらに、東京都の人口を歯科診療所数で割った数値=1歯科診療所がカバーできる住民数が1,257人で、全都道府県で最少の47位。1位の福井県2,669人の半分以下となっています。 1歯科医院当たりの歯科医師数は約1.51人もうひとつ、歯科医院の競合をカオス状態にしている統計結果があります。平成26年末の歯科診療所数は6万8,839院で、歯科医師数は10万3,972人。1歯科医院当たりの歯科医師数は約1.51人になる。つまり、大半が1人の歯科医師で歯科医院を経営していることになります。これは、会計事務所(公認会計士事務所+税理士事務所)の総数3万1,222件(平成24年経済センサス─活動調査)と、税理士登録者総数7万5,621人(平成28年2月末現在、日本税理士会連合会)とで算出した、1会計事務所当たりの税理士数約2.42人よりも少なく、歯科医院の零細ぶりが表面化しています。これらデータから、有資格者=歯科医師が院長先生1人プラス数人のスタッフだけの状態で歯科医院経営を行い、競合に立ち向かっているのが、歯科業界の現状といえます。このレベルの規模ならどんな業種であれ、きちんと戦略立てた経営をしているとは考えにくく、しっかりとした経理処理も期待できないでしょう。それゆえ、歯科医院に対して、会計事務所がサポートできる余地が十分に残されているといえるのです。パートナーとして経営支援を行えば、付加価値の高い業務にかかわることができます。  2017.08.23
  • 日本一お客様に喜ばれる会計事務所へ!他事務所の成功事例を参考に事務所の組織的拡大を目指す!

    税理士事務所、監査法人、一般企業を経て身に着けた実務経験を活かし、2019年までに売上5,500万円を目指している公認会計士・税理士高木淳会計事務所。さらなる成長を目指すためにどんなことを学び、取り組んできたのか、代表の高木淳公認会計士・税理士に、今後の活動目標を伺いました。 成功事例を学べば事務所を効率良く拡大できる公認会計士としての資格を持つ一方、共同創業したベンチャー企業の財務部長を務めている高木氏は、会計事務所を開業しようとは考えていませんでした。「会計事務所はあくまで外部の機関なので、良い提案をしても、うまく実行されることが少なかったですね。なので、自ら企業の成長に貢献できる立場で挑戦してみたいと思い、事業会社を立ち上げました」高木氏が勤めているベンチャー企業は、創業支援施設内に事務所を構えており、開業間もない経営者や開業を目指している人とのつながりが自然と増えています。特に、3ヵ月に1度開催される交流会では、公認会計士の資格を持つ高木氏に開業支援の依頼をする人が多くいます。当初、高木氏は依頼が来ても知り合いの税理士を紹介していました。理由は、会計事務所は儲からないと感じていたからです。しかし、その考えはあるセミナーに参加して、大きく変わることに。「会計事務所は利益率があまり高くないビジネスだと思っていました。しかし、セミナーに参加すると、多くの税理士が利益拡大に成功しており、きちんとやれば一定以上の利益率があるのだとわかりました」徹底的にやる性格の高木氏は、それまでまったくしたことがなかった営業活動に力を入れ始めます。ホームページの制作、弊社の自動メルマガ配信システムの導入などをわずか1年ですべて行います。これだけのことを始めるには、かなりの資金が必要です。しかし、高木氏は試行錯誤しながら事務所経営するよりは、成功している人のやり方を学んだ方が効率がいいと感じ、お金を惜しませんでした。「金額は高いなと感じるかもしれません。しかし、お金で時間を買うと考えればいいですね。年間一人の社員を雇うのと同じ金額ぐらいですから」  2017.08.14
  • 飲食業経営者から社会保険労務士へ!経験ゼロから医科・歯科に強い事務所に成長した秘訣とは!?

    飲食業の経営者から社会保険労務士へと転向をした市川孝友社会保険労務士。今では歯科に強い社会保険労務士として名古屋を中心に活躍しています。今回は飲食業経営者から社会保険労務士になった理由や医科・歯科の分野の顧問先を増やした秘訣についてご紹介します。 飲食業経営者から社会保険労務士へと転向自ら飲食業の経営者として、いかにお客様を獲得し、喜んでもらえるか、その経験が、他の社会保険労務士との大きな違いであり、市川氏の武器となっています。異色の経歴を持つという表現がこれほど当てはまる社会保険労務士もそうはいないでしょう。市川氏は高校を卒業後、カナダに2年間留学したのちに、ガス会社に就職。大変な仕事ではなかったが、逆にそれが将来の不安となって、5年半で退職します。2年間、日本からロンドンまで、ユーラシア大陸を横断する旅に出ました。帰国後、飲食事業を始めると、これが当たり、月の給料が300万円を超えるなど、名古屋地区で数店舗を持つまでに成長。しかし、リーマンショックのあおりを受け、店舗を減らさざるを得ない状況に。そして32歳のときに社会保険労務士試験の勉強を始めました。「従業員も雇っていましたし、その当時は年金について問題があったころです。そういうことに興味があり、気になったことはすぐにやってみる性格なので、社会保険労務士の試験を受けようと思いました」飲食店を営む傍ら、開店前や空いている時間はすべて勉強にあてたといいます。その結果、わずか8ヵ月で、社会保険労務士試験に合格。そして、その2年後、開業に踏み切りました。  2017.06.29
  • 広告費0円で美容室・飲食店を毎月3件成約!「業種特化」で新規獲得

    最近会計業界で話題となっている「業種特化」。ある業種に絞り、新規獲得につなげようとする手法です。今回は、この「業種特化」で新たなビジネスモデルを構築、美容室・飲食店の業務にを絞り、毎月3件成約している、税理士法人阿比留会計事務所公認会計士・税理士阿比留一裕氏に、業種特化の重要性と売上を伸ばす仕組みづくりについてインタビューしました。  -なぜ美容店と飲食店を狙うのですか?一番大事なのは「業種を絞ること」です。その上で、地理的に集約していること、業務が単純であること、融資ニーズがほぼ100%あること、福岡では他の税理士事務所がほとんど参入していなかったこと、などを総合的に勘案してこの2つに決めました。また、この2つの業種は人類が存在する限り、まず消滅することはない業種であることも理由の1つです。(例えばIT系の業種ですと、来年どうなっているのかもわかりません。) -美容点と飲食点以外で活用できますか?「業種を絞る」ということを徹底すれば、活用はできるはずです。ただ、その業種の地理的な集約度合いや業務の単純さなどによって、業務効率が大きく変わりますのでご注意ください。 -既存客の記帳代行に取り組もうと思います。このパッケージを利用できますか?利用はできると思いますが、現在の業務のやり方を、このパッケージの画一化された業務のやり方に変えていく必要があり、その点では新規クライアントに適用する場合に比べると少し面倒だと思います。 -安価の記帳代行業者と戦えますか?戦えます。というか、単なる低価格ではなく、低価格でありながら高付加価値なサービスを提供するものですので、既存の安価な記帳代行業者とは正面から競合するものではないと思います。 -従業員教育をしないで仕事ができますか?はい。そもそも私の事務所でも組織的な従業員教育なるものは一切行っておりませんし、1年間私の事務所で働いている従業員は未だに借方貸方を知りません(笑)でも従業員教育なしで職員一人当たり2,000万円も可能ですよ!  2017.06.05