• TOP
  • 検索結果

検索結果(全15件)

タグ “税制” を含むコンテンツを表示しています。

  • 『平成31年度税制改正大綱』における相続税・贈与税の変更点とは?

    自由民主党と公明党が発表した『平成31年度税制改正大綱』。相続税・贈与税に関する変更もあり、制度によっては前年度で通用したことが通用しなくなるため、注意が必要です。では、どのような点が変わったのか、また、どのような制度が創設されたのか、相続税・贈与税において押さえるべきポイントを見ていきましょう。(2018年12月26日時点での内容であり、以降変更される場合があります) 平成31年度の税制改正では、相続税・贈与税に関する制度の創設や見直し、期間延長が行われました。以下、変更のポイントです。【創設】個人事業者の事業用資産に係る相続税・贈与税の納税猶予制度特定事業用資産を取得し事業を継続していく場合、条件付きで相続税や贈与税の納税を猶予する【制度見直し】特定事業用宅地に係る小規模宅地等特例の見直し相続開始前3年以内に事業の用に供された宅地等は基本除外する など【期間延長】教育資金の一括贈与の非課税の見直し期間を2020年の年度末まで延長学校等に通っていないもので23歳に達している場合は対象範囲を制限する など【制度見直し】結婚・子育て資金の一括贈与の見直し信託等をする日の前年の受贈者の合計所得金額が1,000万円を超える場合、信託等により取得した信託受益権は本措置の適用はできない など【期間延長】農地に係る相続税・贈与税納税猶予制度の見直し福島復興再生特別措置法に即して復興整備計画による譲渡農地に係る代替農地等の取得期限は避難指示等すべてが解除された日から5年経過する日とする(これまでは1年)【制度見直し】非上場株式に係る相続税・贈与税納税猶予制度の見直し受贈者の年齢要件を18歳以上に引き下げ など【期間延長】登録免許税の軽減措置の延長土地売買による所有権移転登記等に対する軽減措置を2年延長する など【制度見直し】贈与税特例の受贈者の年齢要件の引き下げ摘要年齢を20歳から18歳以上に引き下げる(1)直系尊属から贈与を受けた場合の税率の特例(2)相続時精算課税制度(3)非上場株等に係る贈与税の納税猶予制度 など【創設】民法改正に伴い配偶者居住権評価の創設配偶者居住権の評価配偶者居住権が設定された土地や建物の評価 など今回の相続税・贈与税の税制改正では、減税につながるものもあれば、増税となるものもあります。専門家に相談しながら、節税対策を進めていきましょう。   2019.01.07
  • 国際租税課の専門家が“国際課税とタックスヘイブン”を徹底解説

    大蔵省(現財務省)主税局の国際租税課で、租税条例やタックスヘイブン対策税制に係る国際課税の企画立案に従事した辻・本郷税理士法人の渡邉勲氏が、平成29年度に改正された合算税制から、特に注意すべき点を解説しています。 2018.11.01
  • 相続増税で資産税ビジネスは拡大する!

    相続増税で資産税ビジネスは拡大する!(旧:新税制をビジネスチャンスに変える方法 相続税編)平成23年度税制改正では、相続税について大きな動きがありました。最高税率が50%から55%に引き上がり、基礎控除額が縮減するなど、変更点が満載です。改正税法の中身をマスターするのはもちろんですが、それだけでは事務所の売上は上がりません。「改正の内容をいかにしてビジネスとして組み立ててチャンスに変えるか」を考えることのほうが、実はもっと重要です。当動画教材では、相続税に関する税制改正の内容を踏まえ、どのように会計事務所のビジネスとして形にしていけばいいのか、ノウハウを解説していただいています。【こんな事務所様におすすめです】・ これから相続税に力を入れたい税理士、会計事務所・ 相続税に関する近年の改正項目を確認したい方・ 相続を機に顧問先を手放すことを防ぎたい会計事務所・ 相続を機に新規の顧問先を獲得したい会計事務所・ 月次訪問等の際に相続・事業承継に関する提案を取り入れたい会計事務所【本動画の効果】・ 相続に強い事務所としてブランディングできる・ 相続提案で通常業務に付加価値がプラスされ、差別化が図れる・ 事務所の売上がアップするこの動画はオンラインショップBiscoにて販売しております。 『相続増税で資産税ビジネスは拡大する!(旧:新税制をビジネスチャンスに変える方法 相続税編)』商品名:相続増税で資産税ビジネスは拡大する!(旧:新税制をビジネスチャンスに変える方法 相続税編)製作年月:2011年02月仕様:DVD1枚(約65分)+添付資料+特別添付資料「贈与のすすめ」価格:16,200 円 (税込) 2018.11.01
  • 課税事例に学ぶ移転価格税制の留意点 2/2

    課税金額が大きい移転価格調査の留意点がわかる「移転価格」と聞くと、聞き慣れない言葉で内容がよくわからないという声を耳にします。移転価格とは、端的に言うと、企業グループ内の取引価格のことです。日本では移転価格調査の裾野の広がりや課税件数の増大、東南アジア等の進出先の海外税務当局の移転価格税制の執行の強化等により、大企業のみならず中堅・中小企業等においても移転価格の調査に遭遇する頻度は高くなっており、企業が海外展開を行う上で移転価格が大きな課題となっています。会計事務所においても、法人税の申告に占める海外取引の比重の増加や、顧問先が移転価格の調査を受けるリスク、移転価格への企業対応の関心の増加などにより、税理士業務の中で移転価格に関する必要最低限の知識や照会を受けた場合にどう対応していくかが重要事項となりつつあります。移転価格調査はその課税金額のインパクトの大きさや課税を受けた場合の企業側の事後的対応に要する時間・コストは、他の法人税調査の比ではありません。調査により課税が起こってしまった場合の事後問題の大きさは深刻なものがあります。当コンテンツでは、元国税調査官で東京国税局において20年近くにわたり実際の移転価格調査や実務を行ってきた講師が、実際の移転価格の調査の課税側に立った経験による視点から、移転価格調査の実例における問題となった点や、移転価格課税を受けないための留意点、対応策などを分かりやすく解説しております。海外展開を行う顧問先が増えてきた会計事務所におすすめです。 主な内容●移転価格とは?・法人税調査と移転価格・企業の取引の税務上の内容の変化●我が国の移転価格税制の概要・我が国の移転価格税制について・移転価格の調査での二重課税発生の仕組み●移転価格の調査の現状・我が国の移転価格調査の30年の大まかな傾向の推移は?・もともとの移転価格の調査とは・現在の一般的な移転価格の調査とは(参考)最近の主な課税方法(算定方式)・移転価格課税の特徴・日本側よりの移転価格課税の推移からみた現状(補足)(参考)国際的な二重課税(海外課税)の発生状況・国際的な二重課税の原因となる課税措置の内容(過去5年以内)(海外)・国際的な二重課税の課税措置について企業の対応(2005年以降)(海外)・移転価格調査の2類型・移転価格の調査で当局が着眼しているポイントとは?●移転価格調査にどう対応していくか?・どのようにして現実に発生した課税問題や課税のリスクに対応していくか?・事後的対応による解決・事前的対応について●移転価格の文書化(ドキュメンテーション)の具体的内容(参考)移転価格の文書化資料(ドキュメンテーション)のイメージ(参考)文書化(ドキュメンテーション)の作成作業の主な流れのイメージ(参考)諸外国の文書化に関する規定状況●税理士等の皆様等の顧問先へのアドバイスのポイント・移転価格税制について・移転価格課税や調査への対応について・日本が親会社の場合の移転価格セルフチェック例この動画はオンラインショップBiscoにて販売しております。 『課税事例に学ぶ移転価格税制の留意点』詳細商品名:課税事例に学ぶ移転価格税制の留意点製作年月:2014年10月仕様:DVD1枚(約140分)+レジュメ価格:12,960 円 (税込) 2018.11.01
  • 課税事例に学ぶ移転価格税制の留意点 1/2

    課税金額が大きい移転価格調査の留意点がわかる「移転価格」と聞くと、聞き慣れない言葉で内容がよくわからないという声を耳にします。移転価格とは、端的に言うと、企業グループ内の取引価格のことです。日本では移転価格調査の裾野の広がりや課税件数の増大、東南アジア等の進出先の海外税務当局の移転価格税制の執行の強化等により、大企業のみならず中堅・中小企業等においても移転価格の調査に遭遇する頻度は高くなっており、企業が海外展開を行う上で移転価格が大きな課題となっています。会計事務所においても、法人税の申告に占める海外取引の比重の増加や、顧問先が移転価格の調査を受けるリスク、移転価格への企業対応の関心の増加などにより、税理士業務の中で移転価格に関する必要最低限の知識や照会を受けた場合にどう対応していくかが重要事項となりつつあります。移転価格調査はその課税金額のインパクトの大きさや課税を受けた場合の企業側の事後的対応に要する時間・コストは、他の法人税調査の比ではありません。調査により課税が起こってしまった場合の事後問題の大きさは深刻なものがあります。当コンテンツでは、元国税調査官で東京国税局において20年近くにわたり実際の移転価格調査や実務を行ってきた講師が、実際の移転価格の調査の課税側に立った経験による視点から、移転価格調査の実例における問題となった点や、移転価格課税を受けないための留意点、対応策などを分かりやすく解説しております。海外展開を行う顧問先が増えてきた会計事務所におすすめです。 主な内容●移転価格とは?・法人税調査と移転価格・企業の取引の税務上の内容の変化●我が国の移転価格税制の概要・我が国の移転価格税制について・移転価格の調査での二重課税発生の仕組み●移転価格の調査の現状・我が国の移転価格調査の30年の大まかな傾向の推移は?・もともとの移転価格の調査とは・現在の一般的な移転価格の調査とは(参考)最近の主な課税方法(算定方式)・移転価格課税の特徴・日本側よりの移転価格課税の推移からみた現状(補足)(参考)国際的な二重課税(海外課税)の発生状況・国際的な二重課税の原因となる課税措置の内容(過去5年以内)(海外)・国際的な二重課税の課税措置について企業の対応(2005年以降)(海外)・移転価格調査の2類型・移転価格の調査で当局が着眼しているポイントとは?●移転価格調査にどう対応していくか?・どのようにして現実に発生した課税問題や課税のリスクに対応していくか?・事後的対応による解決・事前的対応について●移転価格の文書化(ドキュメンテーション)の具体的内容(参考)移転価格の文書化資料(ドキュメンテーション)のイメージ(参考)文書化(ドキュメンテーション)の作成作業の主な流れのイメージ(参考)諸外国の文書化に関する規定状況●税理士等の皆様等の顧問先へのアドバイスのポイント・移転価格税制について・移転価格課税や調査への対応について・日本が親会社の場合の移転価格セルフチェック例この動画はオンラインショップBiscoにて販売しております。 『課税事例に学ぶ移転価格税制の留意点』詳細商品名:課税事例に学ぶ移転価格税制の留意点製作年月:2014年10月仕様:DVD1枚(約140分)+レジュメ価格:12,960 円 (税込)  2018.11.01
  • 【動画】月刊プロパートナー11月号解説 「新事業承継税制の実務ポイント」

    「新事業承継税制」に関する世間の関心は高まってきていて、お客様からそのことについて質問を受けた先生もいらっしゃるかもしれません。しかし、「新事業承継税制」には10年間という期間のしばりがあり、「特定の要件」を満たさなければ、適用を受けられなくなることもあります。今回は、その「特定の要件」について勘違いが起きやすいポイントを2つに絞り、月刊プロパートナー編集部が詳しく解説します。 2018.10.31
  • エストニア 「税理士が消えた!?」IT大国電子政府誕生で何が変わる?

    「税理士が消えた!?」という字面だけ見ると衝撃的な事件のように感じるかもしれませんが、正しくは「税制が簡素化されたことで、個人の顧客を対象にした仕事がなくなった」ということ。IT先進国エストニアの事例は、日本にとって対岸の火事や否や――? 2018.10.01
  • 【辻・本郷税理士法人】PE(恒久的施設)の改正動向について

    国外に本店を有する法人・個人が日本国内にPEを有する場合、日本で得た所得につき申告納税が必要となります。PEについての改正動向につき、経緯と概要をお伝え致します。 1、PEPEとはPermanentEstablishment(事業を行う一定の場所)であり、日本では国内法上のPEと、租税条約上のPEとで、若干異なるPEの定義が存在していました。2、条約署名による租税条約改正の効率化とPEの改正以前よりPEとしての認定を逃れるための租税回避行為が国際的な問題となっていました。そのため平成27年10月に、租税条約上のPEの定義を変更する事を目的とした取組みであるBEPS行動7にて、PE認定回避の防止措置が報告書としてまとめられました。平成29年6月に、租税条約に関するBEPS防止措置実施条約に日本も署名し、これまで各国間で個別に改正していた租税条約が、この署名により全体的・効率的に改正可能となりました。このBEPS防止措置実施条約には、上記のPE認定回避の防止措置が盛り込まれており、BEPS行動計画7の最終報告書に基づき、OECD加盟国とモデル租税条約と歩調を合わせるため、平成30年度税制改正の大綱にこの取り決めに係るPE関連規定の見直しが明記され、国際的標準に対応する事となりました。3、PEの主な変更概要変更の概要については以下の通りとなります。  2018.07.04
  • 相続業務件数・年間150件超獲得。敏腕税理士が語るブランディング戦略

    平成30年度の税制改正で事業承継税制の大幅な条件緩和が発表されました。これを受け、相続・事業承継にさらに力を入れていきたい、という税理士も多いかと思います。そこで、1999年に不動産評価・相続資産税専門型の事務所を開業し、現在、相続業務を年間150件超請け負っている沖田豊明氏にインタビュー。税制改正による相続、事業承継の今、相続・事業承継案件を任せられる税理士になるためにどうすべきかについてお話を伺いました。 相続、事業承継の“今”税制改正に伴い、事業承継税制の適用要件が大幅に緩和されました。特例後継者が、特例認定承継会社の代表権を有していた者から、贈与・相続によりその株式を取得した場合、贈与税・相続税は100%猶予可能となります。しかし、事業承継税制に対応できる税理士は少ないという現状に沖田氏は、「これからの税理士は、相続・事業承継のニーズ拡大に備えて、対応できるようにしていかないいけない」と言います。相続・事業承継のマーケティング拡大に備え、準備が必要となってきているのです。 相続、事業承継案件を任せられる税理士になるには?「相続は自分と家族の財産をすべて見せる、信頼がないと受けられない業務。だからこそ、“信用を得るためのブランド”が重要」と沖田氏は言います。では、信用を得られるためには、何をすればいいのか?沖田氏は、ブランディング戦略を以下のように考えています。・セミナーを開く・本を出版するセミナーを開くというのは、多くの顧客拡大を狙う事務所で行われていますが、本の出版については「まだまだ、本まで出している事務所は少ない」と話す沖田氏。実は会計業界で本を出している人はわずか3%程度なのです。沖田氏は「本を出していれば、その分野の専門家だと思われ、セミナーでも、『本まで出している先生なんですね』とお客様から信頼が得られる」と、本によるブランディングの強みについて解説しています。 本は読まれるだけじゃない!意外な役割も沖田氏は、本が持つ意外な役割について「パンフレットは渡しても捨てられてしまうが、本は書棚に置いておいてもらえる。そこに、事務所の名前も書いてあれば、相続に関連することがあれば、ちょっと電話してみたいなと思い、連絡をしてくれる」と本が連絡ツールとしても有効であると解説しています。 自費出版、執筆時間の捻出という壁本を自費出版する場合は、費用と執筆時間が掛かります。沖田氏は「一番大きいのは時間のコスト」と話し、実務をやりながら、執筆するには相当な時間が取られることになり、本を執筆することに大幅な時間を割いて本業をおろそかにしては意味がありません。沖田氏は、インタビューの中で「私たちは作家ではない、あくまで本は相続、事業承継に詳しいことをアピールする、一つの信用力の手段として使う。本を使うことの手段と目的を間違えないように」と忠告しています。本を出してみたいという税理士は多くいると思いますが、実際に行動に移す方はごく少数です。しかし今は、自分で執筆して、本を出す自費出版以外に、アイデアを出せばプロの編集者が代行執筆・出版手配してくれる、共同出版という形があります。これは、自費出版でかかる費用を10分の1程度に抑えることができ、なおかつ代行で記事を執筆してもらうことで時間のコストも掛かりません。沖田氏も、この共同出版という形をとり、コストを抑えて、何冊も本を出しブランディングを強化しています。本動画では、沖田氏が共同出版で本を出すことのメリット(執筆時間の削減、価格が安さなど)について、また出版した本を利用したブランディングについて具体的に解説しています。ブランディング戦略にお悩みのご事務所は、ぜひお役立てください。  2018.05.29
  • 【辻・本郷税理士法人】小規模宅地等の特例の改正

    平成30年度税制改正大綱が公表され、相続税における小規模宅地等の特例について要件が見直されることとなりました。 貸付事業用宅地等の見直し貸付事業用宅地等の特例とは、被相続人等が貸付事業の用に供していた宅地等について一定の要件を満たす場合には、その評価額から200㎡まで50%減額される制度です。この制度を利用するために、相続開始の直前に都内のタワーマンションや駐車場などの不動産を購入し、本特例を適用して相続税負担を軽減する事案などが問題視され、相続開始前3年以内に貸し付けを開始した不動産については、対象から除外されることとなりました。ただし、もともと相続開始前3年を超えて事業的規模で貸付けを行っている場合は除かれます。【問題となったケース】 2018.05.16
もっと見る