【動画】9/16(木)東海エリアの先生必見!なぜ今「経理代行」に参入すべきなのか?税理士向け経理代行獲得セミナー

名古屋市は、愛知県および東海エリア全体で最も
税理士事務所・税理士法人数が多い地域であり、
税理士登録者数においては全国でも5番目に入ります。

(※参考:日本税理士連合会「税理士登録者・税理士法人届出数(令和3年7月末日現在)」)

そのようななかで、
弊社が30年以上税理士の方々をサポートしてきて感じるのは
「経理代行をやりたがらない先生が非常に多い」
ということ。

 
■毎月発生するうえに、顧客のペースに合わせる必要があるので大変そう…
■労力をかける割に単価が安い…

といった理由から、
経理代行を敬遠される方もいらっしゃるのではないでしょうか。

2019年度のBPOサービス(ビジネスプロセスアウトソーシング)全体の市場規模は、
前年度比3.3%増の4兆3,491億5,000万円と推計され、
今後数年間は市場がさらに拡大すると予想されています。
(参考:株式会社矢野経済研究所 2020年 BPO市場に関する調査を実施)

新型コロナウイルスの影響で一時的に需要は落ちたものの、
コスト削減のための業務外注需要は今後も高まり続けていきます。

つまり、東海エリアで経理代行を行っている先生や、
これから始めようと思っている先生にとって、
敬遠している事務所が多い今こそ
今後も続いていくコロナ禍でも売上を増やすチャンスと言えます。

今まで興味のなかったお客様も、
今後はアウトソーシングをご検討されるかもしれません。

そこで今回は、
スタッフ1人あたり担当42件、売上1,200万円を実現した
アックスコンサルティングの実績をもとに
東海エリアの税理士先生必見の
『2021年の税理士事務所の経理代行』について解説します。


▼このような先生におすすめです▼
・今後、経理代行を受注したいと思っている方
・今より経理代行の受注件数を増やしたい方
・経理代行で事務所の新たな収益の柱を作りたい方

 

 
 


講演内容

  • BPOとは?そこから見える経理代行ニーズの現状
  • 経理代行部門受注例から学ぶ押さえるべきキーポイント
  • 誰でも対応可能な利益率を維持する業務フロー
 

講師プロフィール

弊社コンサルタント