現在、お知らせはありません。

士業の独立・拡大の轍を追う! OCパートナーズ代表 税理士・呉村哲弘氏【後編】

士業の独立・拡大の轍を追う! OCパートナーズ代表 税理士・呉村哲弘氏【後編】
 
元関西ジャニーズJr.という異色の経歴から、20歳の時に税理士を目指して猛勉強開始。若干26歳にして独立したOCパートナーズ・代表の呉村氏だが、その後、ある一つの決断に至る。
それは上京して、事務所を拡大するというもの。2万以上の事務所がひしめき合う(経済センサス調べ)東京進出への挑戦から、10周年を迎える現在に至るまでの軌道を、前回に引き続きプロパートナー編集部ならではの“実務という観点”から具体的に聞いてみた。

 

事務所が安定するやいなや、全財産を投入しての東京進出!

東京へ進出した時のことを教えてください。

「開業から3年目、29歳の年に東京へ店舗を構えることにしました。当時は結婚もして業務的にも金銭的にもある程度充実していたので、安定を望むならこのままでも……という考え方もありました。しかし、一方では、“このまま生涯ずっと大阪でやっていくことに繰り返し自問自答している自分もいました。いっそ、個人事業主から法人化して東京へ進出……。
思いは徐々に強くなっていきます。そしてある夜、妻も子供も寝静まった自宅のリビングで、一人お酒を飲みながら本やブログを読み漁っていた時、明確に“東京へ進出しよう”と決断しました。何の本だったかは覚えていませんが、“立ち止まらずにやってみなよ!”といったような内容だったと思います。2日後には都内で新しい事務所物件を探しに、駆けずり回っていました」。

税理士試験の時と同じく、思い立ったら “即実行”が呉村氏のスタイル。しかしながら、この進出は、3年間で貯めた全財産を投入するという非常にリスクの高いものとなった。既に大阪の事務所では従業員もいたため、仮にうまくいかなかった場合はすべてを失う可能性も高い。

「一歩間違えば、危機的状況になることはわかっていましたから、これから開業する方や、既に開業している方に上京して展開することを勧められるかというと、ちょっとどうかなと思います。私の場合、20歳で税理士を目指すまで、一時期東京に住んでいたので、仕事のみでなく、たくさんの友人知人がいました。東京進出を決められた理由の一つにそういった人脈の部分もありましたね」。
 

進出後の具体的な戦略を教えてください

応接室の一角。税理士事務所とは思えない選書が。
「差別化……つまり、ブランディングが大切だと考えています。現在もそうですがインターネットで集客するにあたり、お客様に選んで頂けるホームページが必要です。ベースは広告ですが、たくさんの税理士事務所の中でいかにオンリー・ワンになれるかです。カッコ良いものでなくてもいい、ダサくてもいい。
そのためにもホームページの動画や、事務所の内装など、仕掛けづくりを徹底し、最終的にお客様に“いいな”と思って頂けることを心がけています」。

 

OCパートナーズは現在、新設法人の設立業務に“特化”していますが、その理由はなんですか?

「まだ大阪で個人事業主としてやっていた頃に色々と模索していて、相続や既存法人に関する業務を受任していた時期もあります。そうした中、集客の見込みがあり、なおかつ“自身が楽しい”と思える点から最終的に新設法人の起業支援に行きつきました。
起業をする方というのは、当然ながらその職業に関してずば抜けた“プロフェッショナル”なんです。ただ、それ以外の会計や税務、法務などに関しては全くのゼロです。それを一から作り上げることにやりがいを感じます。もちろん、世の企業の経営が全て順風満帆というわけにはいきません。シビアな話ですが起業したものの経営が難航し……というケースもあります。やはり、数有る業務の中から“これだ!”と感じられるモノを見つけるというのは大切です」。

 

新・オフィスは自分の理想の会社を実現
“職員が働きたくなる事務所”がコンセプト

特徴的な外観のオフィスビルは青山学院大学から目と鼻の先
税理士というお堅いイメージを払拭する華やかなエントランス
各応接室にドアプレートなく、代わりにOC1の文字が木目に浮かぶ
2018年2月、東京の事務所を現在の渋谷2丁目に移転した。写真を見るとわかるが、他の税理士事務所と比べ事務所の内装・雰囲気がまったく異なる。
一般に税理士事務所と聞くとその名の通り、堅苦しい印象を受けるが、この事務所は青山学院大学から目と鼻の先という都内随一のお洒落スポットにあり、一歩、事務所内へ足を進めると、エントランス部分や事務所の廊下、応接室……、全てがまるで高級ホテルのような印象を受ける。

「実はここ3年間ほど顧客件数をほとんど増やしていません。29歳の時に東京に進出して、掲げた目標を達成すべく一心不乱に仕事にのめり込み、ガムシャラに前に前に突き進み、気付けばその目標を達成しました。しかし目標を達成したとたんに急激にモチベーションを失ってしまいました。その状態が3年間ほど続いたんです。しかし、様々な人と出会うことで新たな気持ちが芽生え、今年、次のステージに駆け上がるべく事務所を移転しました。
同時に、今までは“目標件数に向かって頑張りましょう!” といった一般的なスタイルだったわけですが、今後は純粋に“仕事を楽しむことを最優先項目にしたいと思っています。仕事を楽しみ、その結果、売上が伸びる……というのが理想的です。
この新しい事務所についても、私自身が憧れていた会社像を現実化し、“従業員が仕事場へ行きたくなる!”ということをコンセプトに、様々な工夫をしています。
OCデザインの特別仕様自販機。モデル:關場かずな(会社設立アドバイザー)

例えばエントランスはフレッシュな香りが漂っており通勤の疲れが癒されるように、鏡張りで光あふれる廊下は仕事をするにあたって気持ちが高ぶってスイッチがONになるように。また、事務所の奥には仕事終わりの一杯を楽しめるようBARを設置したり(OC BAR)、応接室は有機的な雰囲気で落ち着いて商談ができるよう……などです。
もちろん、お客様の事を無視した作りというわけではありません。ちなみにBARは私の気に入っているお店の一角をそのまま切り取ったイメージで作りました」。

 

“開業”して“成功”したければ、隣で一緒に働くことが近道

従業員の教育において重視している点はなんですか?

仕事のブレイクタイムには嬉しい、オフィス・カフェが設置されている
「個性を最も大切にしています。俗にいう画一的な研修制度というのは、現在の段階(20人)では、必要ないと感じています。もっと規模が大きくなった場合はわかりませんが、人間にはそれぞれ長所と短所があるので、距離感の取り方や接し方もその人の個性に応じて変えています。現在は50人規模を目指して従業員の増員を検討しています。事務所を次のステージに向けて走らせるには物理的に人員が足りませんので、志のある人はぜひ一緒に仕事をしたいです。
税理士試験に没頭するのも良いですが、やはり独立を考えている場合は実務で集客するための手腕が絶対に必要です。ウチの事務所に入って仕事をすることで、他社には絶対に真似できない徹底したブランディング戦略をマスターできます。もちろん“独立”を目指さない方もぜひ応募して欲しいです」。
 
寿司職人を呼んで行われた食事会。事務所はいつも和気あいあいだ
OCパートナーズは『税理士らしくない税理士』を標榜に掲げ、新設法人の設立に特化し、現在の問い合わせは月100件を超える。様々な税理士が切磋琢磨する現代ニッポンで、まったくのゼロから20歳で税理士を目指し26歳で独立開業、29歳で東京進出に成功するなど、異例の大躍進を遂げた呉村氏。
そんな氏から、税理士を志望している人、また、開業を目指している人向けにメッセージを頂いた。この言葉をもって本インタビューを閉めさせて頂きたい。

 

税理士を目指して勉強中の方に対して

「私は税理士試験というのは努力をすれば絶対に合格できる試験だと思いますので、まずは“諦めない”。そして、“合格”がゴールではない。“合格”を目標にしてしまうと、それこそ面白くない会計人人生になってしまいます。とにかく“合格”だけで終わりにしない。大切なのは合格したその先の未来です」
 

独立を視野に入れている方に対して

「私が独立した10年前とは時代も違うので、当時と全く同じやり方で独立・開業したとしても成功するかは……難しいと思います。インターネットの広告にしても、昔と違って資金力が必要になっています。しかし、時は変われど“自分なりの勝利の方程式があるならばトコトン勝負をかけるべきだと思います!」
プロフィール
呉村 哲弘(くれむら あきひろ)氏
1982年生まれ。大阪府出身。税理士法人OCパートナーズ代表税理士(東京税理士会所属)。東京、大阪の2箇所に事務所を構える。25歳で税理士試験に合格し、26歳で独立。29歳で東京へ進出。現在は新設法人の設立業務に特化し東京を中心に活躍中。過去に関西ジャニーズJr、俳優として活動した異色の経歴を持つ。

会社Webページ:http://www.oc-tax.biz/platinum.html
会社リクルートページ:http://www.oc-recruit.com/
【人材募集中:詳しくは上記Webページよりお問合せください】

会社紹介:https://www.youtube.com/watch?v=GgZDxlwvzDY
関連コンテンツ