士業の『今』を知り、『未来』を見つめるWebマガジン

士業の独立・拡大の轍を追う! OCパートナーズ代表 税理士・呉村哲弘氏【後編】 記事

士業の独立・拡大の轍を追う! OCパートナーズ代表 税理士・呉村哲弘氏【後編】
 
元関西ジャニーズJr.という異色の経歴から、20歳の時に税理士を目指して猛勉強開始。若干26歳にして独立したOCパートナーズ・代表の呉村氏だが、その後、ある一つの決断に至る。
それは上京して、事務所を拡大するというもの。2万以上の事務所がひしめき合う(経済センサス調べ)東京進出への挑戦から、10周年を迎える現在に至るまでの軌道を、前回に引き続きプロパートナー編集部ならではの“実務という観点”から具体的に聞いてみた。

 

事務所が安定するやいなや、全財産を投入しての東京進出!

東京へ進出した時のことを教えてください。

「開業から3年目、29歳の年に東京へ店舗を構えることにしました。当時は結婚もして業務的にも金銭的にもある程度充実していたので、安定を望むならこのままでも……という考え方もありました。しかし、一方では、“このまま生涯ずっと大阪でやっていくことに繰り返し自問自答している自分もいました。いっそ、個人事業主から法人化して東京へ進出……。
思いは徐々に強くなっていきます。そしてある夜、妻も子供も寝静まった自宅のリビングで、一人お酒を飲みながら本やブログを読み漁っていた時、明確に“東京へ進出しよう”と決断しました。何の本だったかは覚えていませんが、“立ち止まらずにやってみなよ!”といったような内容だったと思います。2日後には都内で新しい事務所物件を探しに、駆けずり回っていました」。

税理士試験の時と同じく、思い立ったら “即実行”が呉村氏のスタイル。しかしながら、この進出は、3年間で貯めた全財産を投入するという非常にリスクの高いものとなった。既に大阪の事務所では従業員もいたため、仮にうまくいかなかった場合はすべてを失う可能性も高い。

「一歩間違えば、危機的状況になることはわかっていましたから、これから開業する方や、既に開業している方に上京して展開することを勧められるかというと、ちょっとどうかなと思います。私の場合、20歳で税理士を目指すまで、一時期東京に住んでいたので、仕事のみでなく、たくさんの友人知人がいました。東京進出を決められた理由の一つにそういった人脈の部分もありましたね」。
 

進出後の具体的な戦略を教えてください

応接室の一角。税理士事務所とは思えない選書が。
「差別化……つまり、ブランディングが大切だと考えています。現在もそうですがインターネットで集客するにあたり、お客様に選んで頂けるホームページが必要です。ベースは広告ですが、たくさんの税理士事務所の中でいかにオンリー・ワンになれるかです。カッコ良いものでなくてもいい、ダサくてもいい。
そのためにもホームページの動画や、事務所の内装など、仕掛けづくりを徹底し、最終的にお客様に“いいな”と思って頂けることを心がけています」。

 

OCパートナーズは現在、新設法人の設立業務に“特化”していますが、その理由はなんですか?

続きを読む

プロフィール

呉村 哲弘(くれむら あきひろ)氏

1982年生まれ。大阪府出身。税理士法人OCパートナーズ代表税理士(東京税理士会所属)。東京、大阪の2箇所に事務所を構える。25歳で税理士試験に合格し、26歳で独立。29歳で東京へ進出。現在は新設法人の設立業務に特化し東京を中心に活躍中。過去に関西ジャニーズJr、俳優として活動した異色の経歴を持つ。

会社Webページ:http://www.oc-tax.biz/platinum.html
会社リクルートページ:http://www.oc-recruit.com/
【人材募集中:詳しくは上記Webページよりお問合せください】

会社紹介:https://www.youtube.com/watch?v=GgZDxlwvzDY