士業の『今』を知り、『未来』を見つめるWebマガジン

  • TOP
  • 検索結果

検索結果(全3件)

タグ “キャリアアップ” を含むコンテンツを表示しています。

  • 〝かわいい〞を入り口に 地方と女の子をつなぐ

    〝地方×かわいい〞を切り口に、商品のプロデュースから販路拡大までを手がける株式会社ハピキラFACTORY。代表の正能茉優氏は、正社員と社長を両立する働き方でも注目を集めています。なぜ地方創生に取り組み、なぜ二足のわらじを履くのでしょうか?その考えからは、新たな価値観が見えてきます。 箱物をつくっても地方に人は来ないハピキラFACTORYは、私が慶應義塾大学3年のときに設立しました。都会の女の子が地方に興味を持つ入り口になるよう、地方の魅力的なものをかわいく変身させて販売しています。もともと地方創生に興味があったわけではありません。始まりは、大学1年のときに教授の紹介で参加した長野県小布施町の『まちづくりインターンシップ』。このインターンシップでは、「若い人にもっと来てもらうためにはどうするか?」といった課題を地元の人たちと一緒に考えるのですが、出てくる案が「国道をどうするか」とか、「箱物をつくろう」とか、ハード面ばかりで全然面白くない(笑)。「公民館をつくっても人は来ないのに」と疑問だったんです。そこで企画したのが、『小布施若者会議』。35歳以下の若者が集まって、観光や環境、教育などの新しいモデルを立ち上げ、実践するコミュニティです。この企画は今年で6回目を迎え、今では全国9都市で展開するなど〝地域×若者〞のイベントとしては成功していると思います。でも、最初は女の子の参加者が2割くらいと少なくて。「女の子が地方に興味を持つためには、どうしたらいいだろう?」と考えて、〝かわいい〞を切り口に地方の名産品を紹介する会社をつくろうと決めました。 ものが売れるかどうかは販路で決まる最初に手がけた商品は、『かのこっくり』。私は小布施堂の『栗鹿ノ子』が大好きなのですが、パッケージが女の子向けではなくて、「友達にあげるのはちょっと……」と感じていたんです。そこで、中身はそのままで、ハート型のかわいいパッケージに変えました。当時はものづくりをまったく知らず、ただ一つだけわかっていたのは、「みんなに知ってもらわなければいけない」ということ。だから、雑誌やテレビのバレンタイン特集に入れてもらうため、商品より先に「〝慶應生がつくるバレンタイン〞で紹介してもらえませんか?」と売り込んでいました。すると、商品もないのに女性誌の取材が決まってしまって。チャンスを逃すわけにいかないと、紙や文房具を買ってきて、自分たちでパッケージをつくりました。なんとか商品化した『かのこっくり』は、渋谷のパルコで2000個を完売。すると、それまで「本当に売れるのか?」と心配顔だったメーカーの人たちが認めてくれたんです。「結果を出せば認めてもらえる」とわかったので、〝商品をつくるだけではなく、売り切る会社にしよう〞と決めました。ところが、渋谷では2000個売れたのに、長野の駅前の百貨店では5個も売れない……。この経験から、〝ものが売れるかどうかは販路で決まる〞と知りました。かわいいものなら、渋谷や表参道にいくらでもあります。地方にこだわるのは、100年の歴史があるとか、一子相伝の技術とか、ストーリーがあるからです。でも、売り方を知らない人が多い。新しいターゲットは欲しいけれど、どうしたらいいかわからない。だから私たちは、〝つくる・広める・売る〞をセットに、デザインからプロモーション、販路獲得までを手がけることにこだわっています。最近は、〝仕組みづくり〞にも興味があります。例えば、リンゴ農家さんと買い手を結びつけるCtoCのプラットフォームとか。これなら、作付面積が小さくて量で勝負できない農家さんもマーケットを広げることができます。 つくる・広める・売るをセットに地方の名産品を〝女子目線〟でプロデュース多くの問い合わせの中からプロデュースする商品を選ぶ決め手は、ストーリーがあるかどうか。「私はこれを〝ストーリージェニック〟と呼んでいます。〝インスタ映え〟と同じで、買い手が惹かれるストーリーがあることが重要です」(正能氏)▮かのこっくり(長野県小布施町)ハピキラFACTORYが最初に手がけた商品。小布施町の銘菓『栗鹿ノ子』(小布施堂)のパッケージを、バレンタインに合わせてハート型に。渋谷パルコで2000個を完売した。▮とろパンナ(北海道天塩町)天塩産の食材に光を当てようと始まった『天塩國眠れる食資源活用プロジェクト』の一環で、宇野牧場と開発した〝飲むパンナコッタ〟。正能氏は、同町の政策アドバイザーも務める。▮JAPANOMOTENASHICOLLECTION「地元の人だけが知っている秘密のおいしいモノ」をテーマに菓子を発掘し、詰め合わせたギフトボックス。2020年の東京オリンピックに向けて開発し、47都道府県展開を目指している。▮My農家BOX見た目は多少不格好でも、〝本当に食べ頃〟の果物が農家から届くフルーツBOX。農家が量ではなく質で勝負できるよう、消費者と農家をつなぐプラットフォームを立ち上げた。  オンリーワンを目指し〝〇〇なのに社長〞を選択〝ミレニアル世代〞と呼ばれる私たちの世代は、仕事も友達も家族も恋人も趣味も、全部バランスよく大事にしたいんです。そう考えるきっかけは2つあって、1つ目はリーマンショック。仕事を120%で頑張っても、世の中に切り捨てられることがあると知りました。2つ目は東日本大震災。「いつか友達とゆっくり過ごしたい」の〝いつか〞は来ないかもしれない。だから、現在進行形でいろいろなことを楽しみたい。 2018.05.07
  • 弁護士が転職活動を成功させる秘訣とは?

    インターネットの発達により“転職する”ということが容易になってきている近年。終身雇用制は衰退し、職場環境やライフスタイルの変化によって、転職する人は一昔前より格段に多くなってきています。弁護士業界においてもいえることです。国の司法制度改革で司法試験の合格者が大幅に増員、弁護士人口が急増していることも起因し、たとえ国家資格を保有しているとはいえ、転職がそう簡単に成功するとは限らない状況となっているのです。では、弁護士が転職を考え始めた場合、どのような準備をするべきでしょうか? 弁護士の転職市場も活発に弁護士の働き方には大きく分けて、法律事務所の弁護士と企業内弁護士の二通りがあります。そして、日本組織内弁護士協会の調査によると、企業内弁護士の数は2017年には1,931人と、2001年と比べ約30倍へと膨らんでいます。その理由としては、「ワーク・ライフ・バランスを確保したかった」や「収入を安定させたかった」などが挙げられています。また、2017年3月に日本弁護士連合会が発表した『「企業内弁護士キャリアパス調査」に関する調査結果』によると、現在の企業内弁護士の勤務先企業での勤務期間について、勤務期間36カ月以内(3年以内)の人が合計64.2%(296人)、60カ月以内(5年以内)の人が合計83.3%(384人)と、入社してからまだ日が浅い人が多いことが窺えます。このことから、近年では弁護士として一般企業へ就職・転職している方が多いことが分かりますが、企業内弁護士としての今後のキャリアについてのアンケートによると、51.0%(235人)が「企業内弁護士としてキャリアを積む」と回答。さらに「キャリアを積む」と回答した人の将来の展望について、“同じ会社で働き続けたい”と考えている人と、“他社への転職も視野に入れている”と考えている人がほぼ拮抗。企業内弁護士としてのキャリアの上昇として、将来的に転職を考えている人も相当数いることが分かりました。このように、弁護士の転職市場も活発になっていますが、たとえ弁護士資格を保有しているとはいえ、やはり年齢が上がると転職のハードルが高くなるのも事実。そこで必要となってくるのはキャリアプランです。 2018.04.16
  • 専門知識だけでは通用しない!? 公認会計士に人気のキャリアプラン『経営コンサルタント』とは?

    監査法人で経験を積んだ公認会計士が次に挑むのは、その多くが『経営コンサルタント』の業務です。結果を出せば年収が数千万円にもなるという、公認会計士にとっては人気のあるキャリアですが、専門知識だけでは通用しないというシビアな一面もあります。今回は、競争の激しいコンサルティング業界で、公認会計士が生き残るためにはどうしていくべきかを考えます。 コンサルタント業務が会計士に人気の理由とは?“三大難関国家資格の一つ”とも言われている公認会計士の資格は、監査業務が行える唯一の国家資格です。公認会計士は、その主な業務である“監査”の専門家、及び“会計”の専門家として、日本の経済活動の基盤を支える幅広い役割を果たしています。その業務の範囲は士業のなかで最も幅広いと言われ、そのなかでも特にコンサルタント業務は公認会計士にとって人気のあるキャリアです。コンサルタントとは、顧客が抱える悩みや問題点などに対する相談を受け、その課題を解決するために様々なアドバイスなどを行い支援していく仕事です。そのため、“クライアントのためになった”ということが実感しやすく、やりがいを感じやすい業務であり、報酬に関しても実力主義であることが多いため、結果を出すことができれば年収数千万円を稼ぐことも可能です。では、会計士が行うコンサルタント業務とは、具体的にどのようなものがあるのでしょうか? 会計士が行う3つの“アドバイザリー業務”会計士がコンサルタントとして関わる業務として、“アドバイザリー業務”があります。アドバイザリー業務とは、クライアントが持っているニーズや課題に対して、専門知識を提供し解決していくことです。監査以外の専門的な知識が必要なこのアドバイザリー業務は、以下の3つに分けれます。  2018.03.14