2022.07.08
夏季休業中の商品発送についてのお知らせ
【夏季休業中の商品発送について】

夏季休業期間中の商品出荷対応につきまして、下記の通りご案内いたします。

≪発送休業日≫
2022年8月10日(水)~2022年8月16日(火)

上記期間中のお申込みについては、2022年8月17日(水)以降に順次発送とさせていただきます。
予めご了承ください。
通常よりもご注文からお届けまでに多くの日数がかかりますので、お急ぎの場合はご注意ください。

ご不便をお掛けいたしますが、ご理解及びご協力の程、よろしくお願い申し上げます。

士業業界向けの社会保険労務士業務でナンバー1を目指す! 300万円超の助成金を活用した士業事務所向けの組織作りとは!?

士業業界向けの社労士業務でナンバー1を目指す! 300万円超の助成金を活用した士業事務所向けの組織作りとは!?

司法書士、社会保険労務士、行政書士、土地家屋調査士と、複数の資格を活用し、士業事務所を営んできた社会保険労務士法人アクシスの中須浩二氏。
士業事務所の法人化が認められ、「有資格者が営業するだけで食べていける時代は終わった」と語る中須氏は、300万円超の助成金を活用し、士業事務所に特化した「組織作り」に取り組んでいます。


 

複数資格を大いに生かした新しい業務の柱

複数の士業の資格を持ち、士業事務所を運営してきた中須浩二氏は、数年前までは司法書士事務所として、過払い金請求を業務のメインにしていたそうです。

「そのころから過払い金に代わる柱を模索していました」

現在、司法書士事務所としては、地元の葬儀会社と提携して相続に特化
税理士と提携し、案件を徐々に増やしていっています。
毎月約30件の無料相談を受け、90%以上の受任率を誇っています。

また、土地家屋調査士としては、千葉県の土地家屋調査士17事務所とアライアンスを組み、全国でも最大規模の測量集団を形成
自治体とのつながりや機動力を武器に、規模を拡大。
また、紹介によって相続の新規案件獲得へとつなげています。

そして社会保険労務士として力を入れているのが、助成金をフックとした士業事務所の組織化です。
 

助成金を活用した効率的経営を提案

法人化が認められて、業界に激震が走ったのは、どの士業も同じ。
「有資格者が営業するだけで食べていける時代は終わった」と、中須氏は警鐘を鳴らしています。
また、やみくもに営業するだけではダメだと語ります。

「昭和の時代から士業は徒弟制度でしたし、キャリアアップという視点はありませんでした。
また、士業には一匹狼的な人がまだまだ多いのも事実です。
しかし、もはや資格を持っていれば食べていけるという時代ではなくなりました。
司法書士事務所も法人化が認められると業界がガラッと変わりました。
そうした中で、多くの先生方は、営業やマーケティングなどを学んでいますが、事務所の組織作りマネジメントにはあまり注意を向けてはいません。
これからの時代は士業事務所も一企業として組織で闘っていく必要があります」

そこで、まず取り組んだのが自事務所の組織化でした。

人事評価や育休等の制度を整備し、従業員の労働環境を改善。
従業員が働きやすくなっただけではなく、環境整備がキャリア形成促進助成金をはじめとしたさまざまな助成金の受給につながっていきました。
1年間で受給した助成金の総額は300万円を超えるとのこと。
今後はこのノウハウをマニュアル化して他の士業事務所に提供していくことを考えています。

「助成金を受けることで、事務所の組織整備費用はほとんどかかりません。
むしろプラスになります。きっかけは助成金でもいいと思います。
結果として、組織作りができるわけです」

中須氏は、司法書士事務所や社会保険労務士事務所だけではなく、各士業向けの社内規定を準備しています。
ここでも複数の資格が役に立っています。

「以前、司法書士として組織作りのセミナーに参加したときに、社会保険労務士の方に話を聞いてもらいましたが、他の士業については、あまり理解していないということがわかりました」

同業の司法書士と社会保険労務士はもちろん、弁護士や税理士とも提携することで、あらゆる士業事務所に対応するマニュアルができるといいます。
そして、このマニュアルが特徴的なのは、社内検定制度をつけていることです。

「他の社会保険労務士は、社内検定制度までは、やっていないと思います。
全般的な内容もありますが、その事務所特有の業務を知る必要があるので、所長から事務所のすべての業務についてヒアリングしていきます。
そうすることで、事務所が目指しているものや、評価の基準が明確になります。
可視化できることで、従業員も何が必要かがわかるのです。
社内検定制度はオプションになりますが、普通検定と上級検定の2種類を考えています」
 

士業に特化した社会保険労務士事務所として

社会保険労務士業務は士業事務所に特化していきたいと中須氏は語っています。

「どの士業も、これからは組織で闘っていかないといけません。
所長先生ひとりでは限界があるので、従業員さんが貴重な戦力になることが求められます。そこをお手伝いできればと思います。
士業業界向けの社会保険労務士業務でナンバー1を目指しています」
 

プロフィール



司法書士法人アクシス
社会保険労務士法人アクシス(千葉県市川市)
代表社員 司法書士、行政書士、社会保険労務士、土地家屋調査士
中須 浩二(なかす こうじ)氏

1991年司法書士事務所を開業。
1995年に社会保険労務士事務所を開設。
以来、地元に根付いた士業事務所として、ワンストップでさまざまな依頼を解決してきた。
現在は、相続、助成金、組織作りに強みを発揮している。
http://www.office-axis.com/
関連コンテンツ