• TOP
  • 社会保険労務士

    動画(114)

  • 【動画】士業事務所の事業再構築補助金への向き合い方

    コロナ禍で最も注目度が高い補助金の1つである『事業再構築補助金』。補助金申請の採択率を上げるポイントは大きく3つ。1.事業再構築のビジョン2.実現可能な数値計画3.申請書の書き方ここを押さえておけば、初めて補助金申請を行う場合でもスムーズな申請が可能になります。本セミナーで講師を務めるのは通算500件以上の補助金の申請サポートを行い平均して7割以上の採択率を誇る石下 貴大氏(GOALグループ代表 一般社団法人行政書士の学校代表理事)と補助金サポートで多数の実績を持つ五味田 匡功氏(キャンバス社会保険労務士法人 創業者兼顧問)のお二人です。本セミナーに参加することで、どのようなことに気を付けて補助金申請を行えばよいか、ポイントが学べます。新たに補助金申請にチャレンジしてみたい 2021.06.08
  • DVD(22)

  • 月刊パワーボイス 2019年6月号

    2019.08.01
  • 事務所ツール(15)

  • 士業業界実態調査アンケートプレミアムレポート

    「士業業界実態調査アンケート」は、『月刊プロパートナー』2020年4月特大号作成のため、国内の会計事務所・従業員数ランキングTOP500事務所を対象に実施しました。(調査期間:2019年12月~2020年1月)対象事務所は、公式HP・公式データおよび弊社独自調査により選定しました。本レポートは、そのアンケート結果を集計し、TOP500事務所の平均を算出したものです。なお、集計は一部を除き小数点第一位以下を四捨五入しております。※本レポート掲載のグラフ等の無断転写・複製・転載を禁じます。 2021.01.29
  • 記事(221)

  • コンビニの経理代行が熱い!

    工数負担が少なく、安定して売上見込みを立てられるフランチャイズ展開のコンビニオーナーのバックオフィス業務。そのメリットを詳しく紹介します。 営業活動不要で属人化のリスクもなし!エリアも選ばないと密かに注目確実性の高い経済状況のなか、安定した収益源の確保は、事業を継続していくうえで要となります。労働集約型の士業のビジネスモデルは、標準化・生産性向上が売上アップのカギとなりますが、景気に左右されにくく、業務フロー完全統一が可能な業態があるのです。それは、フランチャイズ展開(FC)のコンビニです。一般企業の会社生存率は、創業から3〜5年のスパンでみて約40〜60%といわれています(中小企業庁データより)。一方、FCのコンビニは、本部からの経営指導やサポート体制といった管 NEW 2021.06.18