• TOP
  • 司法書士

    動画(98)

  • 【動画】2/5(金)民事信託だけじゃない!生前対策コンサルマスター講座

    今、認知症対策の解決手段としてニーズが高まりつつある民事信託コンサルティング事業。2030年度に認知症患者が保有する金融資産は215兆円に達すると言われています。(出典:2018年8月26日 日本経済新聞『認知症患者、金融資産200兆円に マネー凍結リスク』より)認知症になると資産活用をしようと思っても意思表示が難しく、資産凍結のリスクが高まるので、今後ますますニーズが高まることが予想されます。今回は、司法書士法人トリニティグループが最も力を入れている生前対策である「民事信託」にスポットライトを当てつつ、民事信託以外の生前対策全般も網羅的に学習できるような内容となっています。ご存知の通り生前対策は、お客様の置かれている状況や相談に至った背景などをきちんと理解したうえで提案す 2021.03.02
  • DVD(22)

  • 月刊パワーボイス 2019年6月号

    2019.08.01
  • 事務所ツール(14)

  • 士業業界実態調査アンケートプレミアムレポート

    「士業業界実態調査アンケート」は、『月刊プロパートナー』2020年4月特大号作成のため、国内の会計事務所・従業員数ランキングTOP500事務所を対象に実施しました。(調査期間:2019年12月~2020年1月)対象事務所は、公式HP・公式データおよび弊社独自調査により選定しました。本レポートは、そのアンケート結果を集計し、TOP500事務所の平均を算出したものです。なお、集計は一部を除き小数点第一位以下を四捨五入しております。※本レポート掲載のグラフ等の無断転写・複製・転載を禁じます。 2021.01.29
  • 記事(195)

  • 【日本経済と会計事務所の未来を考える】今こそ会計人が中心となり中小企業を支えるとき!

    近年、企業の成長戦略としても活況を見せていたM&A。コロナ禍を機に、どのような変化が起きたのか?また、多くの企業の「出口戦略」に携わってきたスペシャリストが考える会計事務所の役割とは?株式会社日本M&Aセンターの金子義典氏に聞きました。 リスク分散のために多角的なM&Aが増加コロナ禍を機に、相談を含めてM&Aの件数は増えています。理由の一つは、今後の経営への不安。先行き不透明な経済状況のなか、「自分の経営力で会社を継続できるのか」「後継者にこのまま引き継いでいいのか」と考える経営者が増えているのです。一方、会社を存続させるためのM&Aにも変化が起きています。以前は、企業の成長速度を早めるため、同業や類似業種の企業をグループ化するM& 2021.03.04