• TOP
  • 税理士・会計士

    動画(267)

  • 月刊プロパートナー11月特大号 2大付録「人が育つ事務所づくり」がわかる動画&レポート!

    月刊プロパートナー2021年11月特大号をご購読いただいている方限定で、こちらのページで特別付録動画の視聴とアンケートレポートのダウンロードができます。※特別編【総論】以外の動画視聴、またアンケートレポートのダウンロードには、雑誌(P.53)に記載されているパスワードが必要です※動画右下のアイコンを押すと動画が全画面表示になります。全画面表示にしてご覧ください月刊プロパートナー2021年11月特大号では、3回目となる「士業事務所の給与・評価」を特集しています。3回目となる今年は、「人材開発」をテーマに、職員一人ひとりの職務の可視化の手順や成長事務所の給与・評価の制度設計と運用事例、全国調査で見えた士業事務所の現状と課題を紹介。いま、士業事務所が行うべき人事評価制度のポイント 2021.11.17
  • DVD(161)

  • 月刊パワーボイス 2019年6月号

    2019.08.01
  • 事務所ツール(31)

  • 士業業界実態調査アンケートプレミアムレポート

    「士業業界実態調査アンケート」は、『月刊プロパートナー』2020年4月特大号作成のため、国内の会計事務所・従業員数ランキングTOP500事務所を対象に実施しました。(調査期間:2019年12月~2020年1月)対象事務所は、公式HP・公式データおよび弊社独自調査により選定しました。本レポートは、そのアンケート結果を集計し、TOP500事務所の平均を算出したものです。なお、集計は一部を除き小数点第一位以下を四捨五入しております。※本レポート掲載のグラフ等の無断転写・複製・転載を禁じます。 2021.01.29
  • 記事(641)

  • 「人事制度の7割は等級制度で決まる!」士業事務所の給与・評価をコンサルタントが解説。

    職員の定着・育成には、公平感や納得感のある人事評価制度の構築が重要です。なかでも、最も重要といえるのが「等級制度」。では、専門スキルが求められる士業事務所において、どのような等級制度が有効なのでしょうか?制度構築のポイントを、コンサルタントが解説します。 同時並行型の等級制度でキャリアを可視化する人事制度は大きく、「等級制度」「評価制度」「報酬制度」に分けられますが、7割が等級制度で決まるといっても過言ではありません。職員のキャリアを可視化し、事務所の方針に対して頑張っている人を正しく評価するためには、基準となる等級制度が必要だからです。評価制度は、あくまでこの基準に基づいて評価するための手段でしかありません。また、報酬制度は、給与の原資や昇給のルールを決めれば、 2021.11.11