士業の『今』を知り、『未来』を見つめるWebマガジン

  • TOP
  • 業種別

    介護

  • 介護特化のビジネス拡大手法(2/2)

    こちらは全2巻構成のうち第1巻目のとなっております。第1巻目の動画はこちら:『介護特化のビジネス拡大手法(1/2)』 「顧問料アップ」「顧問先増加」を実現する介護特化手法を大公開!顧問料の低下、顧問先の減少に頭を抱える会計事務所はどうすればいいのでしょう。効果的な方法のひとつが「介護施設」への特化です。実は、介護施設の顧問先を1件持てば、ビジネス拡大のさまざまなパターンが生まれ、介護施設はもちろん、周辺企業、会計事務所に売上増をもたらします。また、相続案件の獲得にもつながります。この動画は、誰も実践したことがない「奥の手」を使って、介護施設とその周辺企業、そして会計事務所の業績アップを実現した講師が、極秘のノウハウを初公開。そのまま行動に移せば、介護特化と顧問料アップ、顧問先と相続案件 2018.06.01
  • 不動産

  • 借上げ社宅の活用(役員社宅編)

     役員の社宅の賃貸料相当額役員に対して会社が借上げ社宅を貸与する場合も、役員から1 か月当たり一定額の賃貸料相当額を受け取っていれば、給与として課税されません。賃貸料相当額は、貸与する社宅の床面積により1.小規模な住宅と2.小規模な住宅以外とに分け、次のように計算します。ただし、この社宅が、社会通念上一般に貸与されている社宅と認められないいわゆる3.豪華社宅である場合は、通常支払われるべき使用料(相場の家賃)が賃貸料となります。1. 小規模な住宅である場合小規模な住宅とは、法定耐用年数が30 年以下の建物の場合には床面積が132 平方メートル以下である住宅、法定耐用年数が30 年を超える建物の場合には床面積が99 平方メートル以下(区分所有の建物は共用部分の床面積をあん分し、専用部分の床面積に加えたと 2018.07.02
  • 飲食業

  • 飲食特化のビジネス拡大手法(2/2)

    こちらは全2巻構成のうち第2巻目のとなっております。第1巻目の動画はこちら:『飲食業 飲食特化のビジネス拡大手法(1/2)』 飲食業マーケティングのあの手この手を大公開!会計事務所の業種特化でポピュラーなカテゴリーのひとつが「飲食業」。しかし、どのようにして営業・マーケティング活動を展開すればいいのでしょうか?この動画では、飲食業特化を決心してからわずか半年弱の間に多面的な活動を展開し、ノウハウと実績を確立した税理士による「飲食業特化のためのビジネス拡大ノウハウ」を成功例と失敗例を含めてあますところなく大公開!自分にマッチする飲食業特化営業手法がきっと見つかります。 主な内容●「会計業界がリセット」誰でもチャンスあり!●戦略ないのにむやみに動いても無駄!●同業者マーケティング●「弱 2018.06.01
  • 歯科

  • 【動画】歯科顧問先130件、地域トップクラスの税理士法人「鶴田会計」の驚異のノウハウ

    鶴田会計は2006年に独立開業。鶴田氏は独立前に医科に特化した部署で、医療関係の開業支援などを担当。その経験を生かし、さらに『医業経営コンサルタント』としての資格も取得し、医科・歯科に特化した事務所作りを行う。その結果、約8年で歯科顧問先を130社以上を持つ地域トップクラスの事務所に成長。今回のセミナーでは、医科・歯科に業種特化し、成功したノウハウについてお話をしていただきました。 業種特化する上で、必要なもの業種特化する上で必要なスキルは、その業種について多方面から知識を入れること。鶴田氏は、医科、歯科に特化した税務系書籍を読み、『歯科経営コンサルタント』について研修を受けた。また、「紹介を受ける際の肝は“事業計画を作ってください”と頼まれることが多い」と語る鶴田氏は、医科・ 2018.04.25