士業の『今』を知り、『未来』を見つめるWebマガジン

  • TOP
  • 相続・事業承継

    贈与

  • 【エクラ通信】債務免除と贈与税(応用編)

    前回は、借入金を債務免除して贈与税が課税されるお話をしました。今回は債務免除した貸付債権が消滅せず継続していると申告して相続税法違反で有罪となった事例をもとに、一部脚色したケースで考えてみます。 2018.02.13
  • 民事信託

  • 【動画】2年間で民事信託実績25件の司法書士が断言! 「民事信託の需要は今後確実に増える」

    現在、民事信託は金融機関が積極的に提案しており、地主やアパマンオーナーへの認知度も広がっている。そんな世の中で、「民事信託の需要は今後確実に増える」と話す尾﨑信夫司法書士事務所代表・尾﨑信夫氏。尾﨑氏は、開業以来、主に地主やビルオーナーへの『成年後見業務』を担当。後見業務を通じてさまざまな苦労を経験したことから、民事信託について学び、信託業務を始めて2年間で25件を受注した。今回のセミナーでは、尾﨑氏が『民事信託とはそもそも何なのか?』、後見業務の苦労を知っているからこその視点で、民事信託の今後の重要性を解説している。 民事信託に重要な2つのキーワード①『これからの日本は人が死なない』高齢化社会の日本で、「“人が死なない”ことが民事信託における重要なキーワード」と話す尾﨑 2018.05.15
  • 相続税

  • 【辻・本郷税理士法人】小規模宅地等の特例の改正

    平成30年度税制改正大綱が公表され、相続税における小規模宅地等の特例について要件が見直されることとなりました。 貸付事業用宅地等の見直し貸付事業用宅地等の特例とは、被相続人等が貸付事業の用に供していた宅地等について一定の要件を満たす場合には、その評価額から200㎡まで50%減額される制度です。この制度を利用するために、相続開始の直前に都内のタワーマンションや駐車場などの不動産を購入し、本特例を適用して相続税負担を軽減する事案などが問題視され、相続開始前3年以内に貸し付けを開始した不動産については、対象から除外されることとなりました。ただし、もともと相続開始前3年を超えて事業的規模で貸付けを行っている場合は除かれます。【問題となったケース】 2018.05.16
  • 生前対策

  • 生前退職金のメリットとは?同族会社の役員退職金

    前回は、同族会社の役員の死亡退職金の使い方について説明しました。今回は、生前退職金のメリットについてお話します。 生前退職金のメリット退職所得の計算生前に退職金を支払う場合、受給した退職金はその方の退職所得となります。この退職所得は通常の所得と較べ、格段に税負担が少なくて済みます。その仕組みを以下でご説明します。 2018.05.09
  • 事業承継

  • 【書評】トラブルに学ぶ税理士事務所の事業承継―基本的取組みから第三者承継まで

    Amazonで購入する税理士事務所の事業承継について、トラブルの多い第三者承継の対応策や、税理士に特有の承継トラブルを実例を踏まえて解説。 目次第1編 税理士事務所を取り巻く環境変化1 税理士事務所に求められる環境変化への対応2 業務の複雑化に求められる税理士の対応 第2編 事務所承継プランの考え方とその策定1 廃業は誰をも不幸にする2 「子供への事業承継」は正しい判断?3 事業承継プランの考え方 第3編 失敗させない第三者承継のポイント1 事務所承継を成功させるための所長の任務2 所長の急逝を考慮した生前対策 第4編 トラブルから学ぶ第三者承継の実行リスクと対応1 実例に学ぶ第三者承継のリスク2 第三者承継の実行手順と注意点単行本: 180ページ出版社:清文社発売日:2013/7/5価格:3557円(税込)著者:黒木 貞彦(くろ 2018.03.08