士業の『今』を知り、『未来』を見つめるWebマガジン

社会保険労務士ができるコンサルティング業務とは? 記事

社会保険労務士ができるコンサルティング業務とは?

社会保険労務士(以下、社労士)の業務には、1号、2号、3号業務の3つがあります。
書類の作成や代理代行を行う、いわゆる“独占業務”が1号・2号業務で、その他のコンサルティング業務が3号業務と言われます。
今回は、社労士が担うコンサルティング業務について紹介していきます。

 

社労士の独占業務である1号・2号業務とは?

企業における労務管理や社会保険に関する相談・指導を行う“ヒトに関する専門家である社労士。
彼らの仕事と言えば、1号、2号業務である

・健康保険の手続き

・厚生年金保険の手続き

・雇用/労災保険の手続き

・各種助成金などの手続き

などが挙げられます。

一方、3号業務と言われるコンサルティング業務にはどのようなものがあるのでしょうか?

 

社労士の3号業務、コンサルティング業務とは?

社会保険労務士法第二条には以下のように定められています。
 
続きを読む