• TOP
  • 検索結果

検索結果(全118件)

タグ “会計士” を含むコンテンツを表示しています。

  • 士業連携 虎の巻 【後編】

     法人化してから順調に連携先の会計事務所を増やしてきた石川和司事務所。どのような方法で営業活動を行い、何に気をつけて関係を維持してきたのか。そのノウハウを公開する。   2019.01.25
  • 士業連携 虎の巻 【前編】

    2001年に独立開業し、2011年に司法書士法人石川和司事務所として法人化。会計事務所の顧客満足度向上に資する『会計事務所サポートサービス』を開発し、多くの会計事務所と連携を進めています。また、相続や事業承継についてもコンサルタントとして活動しています。司法書士事務所が安定的な売上を確保するためには、どのように他士業と関係を築いていくべきでしょうか?今回は、会計事務所をサポートする5つの司法書士業務をパッケージ化した『会計事務所サポートサービス』を通じて、関係を強化するためのポイントをひも解いていきます。 税理士のニーズに応えた新サービスで差別化「お客様からの信頼が厚い会計事務所ほど、一手に相談を受ける傾向にあります。税務と法務がセットになった相談も多いため、アライアンスを組んで都度対応するサービスにニーズがあると思ったんです」と話す石川氏。開業時に連携していた会計事務所と関わる中で、〝パートナーとしての司法書士〞にニーズがあることに気が付いたといいます。この気付きから石川氏は、今まで会計事務所に提供していたサービスをパッケージ化して案内することを決意。税理士と密に連携し、税理士の顧問先の満足度向上にも資するという視点で、他事務所との差別化を図りました。『会計事務所サポートサービス』で提供する5つのサービスを明確化。パンフレットやホームページで紹介し、連携につなげている。その内容とメリットを紹介。 2019.01.24
  • 『+αの差別化戦略』フレキシブルな組織体制で スピーディーに事業を推進

    他事務所との”差”を生み出すノウハウを紹介!難易度が高い実務や扱う人が少ない実務、効率的な組織運営などで、他事務所と差別化している事務所の戦略を大公開!常に成長を続けるためには、何に取り組めば良いのでしょうか。”組織体制”をテーマに「変化に対応できる体制づくり」について紹介します。アークアウトソーシング株式会社の事業開発チーム『XERO(ゼロ)』へのインタビューを通じて、変革を続けながらも持続可能な組織をつくるための、実践的なポイントを解説します。 組織として常に変化し時代のニーズに対応創業時から、外国企業の日本進出を支援してきたアークアウトソーシング株式会社。最大の強みは、会計・監査業務に加え、会社登記や社会保険への加入も一つの窓口で完結できる”ワンストップサービス”を、ニーズの変化に迅速に対応しながら提供していること。今回は、アークアウトソーシングの”スピード感”を実現する秘訣について、事業開発チーム『XERO』のメンバーに話を聞きました。『XERO』の業務は主に、新規顧客開拓と新ビジネスの模索。「0を1にする」ことをテーマに、組織を成長させるべく新風を吹き込む活動を行います。また、『XERO』を含む全体の組織体制もユニークで、極めて効率的です。常に時代のニーズに合ったサービスを提供し、他の事務所と差別化するためには何に取り組めば良いのでしょうか。『XERO』の活動とアークアウトソーシングの組織体制から、スピーディーにビジネスを進化させるためのヒントを探ります。 変わりゆく市場ニーズに合わせ常に新しいものを取り入れるサービス内容で差別化するためには、どのような取り組みを行うべきなのでしょうか。事業開発チーム『XERO』の現在の活動とこれまでの軌跡から、その秘訣を探ります。 『XERO』の主な活動内容  最新情報を収集しサービス開発に活かす『XERO』は会計事務所の枠を超えたサービスを提供するべく、新規顧客開拓に加え、新ビジネスの開発にも注力しています。「ビジネスアイデアの素を集めるために、毎月8時間は外部セミナーや企画展示などに赴く時間を確保しています」とチームリーダーの髙橋圭祐氏。情報収集に特化したチームの最大のメリットは、〝常に最先端のサービスを提供できること〞。他事務所がまだ手を付けられていない分野で、差別化を図っています。既存顧客向けの新サービスを開発する手法の特徴は、まず自社に取り入れて実験を行うことです。その上で顧客に提供するという流れを繰り返してきました。具体的には、クラウド会計ソフトや在宅勤務制度など、当時の最先端を次々と導入。顧客にとって新たな価値を生み出してきました。髙橋氏は、「今後も時代のニーズに合う付加価値業務を提供すること目指し、まずは人手不足への対策としてロボット化を推し進めていきます」と語ります。 XEROの創設がアークアウトソーシングの転換点『XERO』を創設したことで、アークアウトソーシングはどう変わったのでしょうか。チームリーダーの髙橋圭祐氏に、改善した点と体制の特徴について聞きました。  変化を嫌う風潮を打破したXERO『XERO』の前身が創設されたのは、2016年のこと。ちょうど、”Fintech”や”AI”などのキーワードが注目を集めるようになってきたころです。その中で、『XERO』が立ち上げられた経緯について髙橋氏は、「会計業界全般に言えることかもしれませんが、職人気質で変化を好まない風潮が弊社にもありました。それを打破し、新しい技術を取り入れつつ業務改善を繰り返せる組織に生まれ変わるべく、新しいチームをつくることになったのです」と話します。現在は、アウトソーシングサービスを主軸に据えながら、新たな出会いを創出し、これからの会計業界の在り方を考える部署となっています。新チーム『XERO』を立ち上げたことによる改善点は主に2つ。”変化に素早く対応できるようになったこと”と”メイン事業が効率化されたこと”です。「『XERO』の創設は勇気のいる決断でしたが、良い効果がたくさんありました。今となっては立ち上げて本当によかったと思っています」 他業種の知見を活かし「なぜ?」を繰り返す現メンバーは、全社員の投票で選抜された。チームの特長は〝新しいものを創造する〞という観点から、他業界で経験を積んできたメンバーの意見を積極的に取り入れることだと髙橋氏は言います。「私と上町は会計一筋でしたが、眞壁は元美容師。新メンバーの新藤は、ブライダル業界から私たちのチームに加入してくれました。会計税務を超えたサービスを創出するためには、『なぜ、今これをやっているのか?』という視点が欠かせません。ここで、他業種の経験がある人の発想が活きるのです」。これからは「『XERO』でつくり上げた業務ノウハウを他社に提供していきたい」と髙橋氏は言います。「業界の活性化が最終目的。会計業界で働く人全員が、この業界を好きになってほしいと思います」。 総務・採用の兼任で現場の声を組織づくりに反映アークアウトソーシングでは、会計や監査などの一般業務と、採用や業務改善など組織づくりに関する職務を兼任する形を取っています。そのメリットとは? [アークアウトソーシングの組織図] 絶えず組織を改革しビジネスを敏速に現行体制の最大のメリットは、「ビジネスのスピードを速められること」にあると髙橋氏は言います。「以前は組織管理専属のチームがあったのですが、業務グループと齟齬が生じることがありました。そこで、お客様と接している人に、組織づくりの権限を移したのです。現場の声をすぐ組織に反映できるこの体制は、ニーズの変化に素早く対応するには最適だと思います」。また、部署横断型のメリットとしては、コミュニケーションの活性化などが挙げられるでしょう。  2018.12.29
  • 【セミナーレポート】第204回アックス財産コンサルタンツ協会情報交流会

     第一部:現状把握今こそ、会計事務所が事業承継を支援するべき政府の調査によると、2015年時点での中小企業経営者の平均年齢は66歳。このまま高齢化が進むと、全国245万社の中小企業のうち、40万社が健全経営のまま廃業すると言われています。この状況に活路を見出すべく、今年の春には新事業承継税制も施行されました。今こそ、会計事務所が中小企業のパートナーとして事業承継を手助けするべきだと思います。事業承継で一番大切なことは、経営者の〝想い〞を後継者に伝えること。そのために、まずは〝現状把握〞から始めます(下図参照)。 最初に行うべきは、経営分析です。独立行政法人中小企業基盤整備機構が提供している『経営自己診断システム』などを用いて、会計数値から企業を分析します。その次は、数値以外の側面からの分析です。コア・コンピタンス(企業の強み)を把握するため、経営者と後継者と共に、SWOT分析などのワークを行っていきます。行ったワークの結果は、経営者と後継者とのディスカッションの材料となります。自社の強みや弱みを互いが同じように理解できるかが、事業承継を成功させるための最初のポイントになるでしょう。 当日の講演の様子  2018.11.07
  • 開業1年半で131件獲得! 古殿流営業戦略とは?

    開業1年半で顧問先131件を獲得、所員数10名を抱えるまでに成長したスタートパートナーズ総合会計事務所。今回のセミナーでは、その要となる他士業連携でどのように顧客を増やしいくのかを代表税理士の古殿哲士氏にお話いただいています。 講演内容1.自己紹介2.開業前後の試み・目標3.基本戦略4.関係構築のポイント5.成功事例・失敗事例6.まとめ 2018.11.01
  • 顧問先の資金繰り相談・スピード対応ドリル 2/2

    「今は不況だけど、今度、社員を1人増やすことにしました。そうすると、いくら売上を増やせばいいの?」「経常利益をあと500万円増やしたいんだけど、それにはどれだけの売上が必要なの?」顧問先の経営者からこんなことを聞かれたことがあるはず。しかし、そんなとき即座に答えられずに「調べて後日連絡します」となっていませんでしょうか?「わかったつもり」の損益分岐点を勉強し直すだけで、頼れる会計事務所になれる!損益分岐点について知らないという税理士、会計事務所職員は当然いません。しかし、「なんとなくわかっている」というレベルで、顧問先からの質問に的確に答えられる人はどれだけいるのでしょう?損益分岐点売上高を計算する際にボトルネックとなるのは、固定費と変動費の区分。ここを厳密に分けようとすると手間がかかってしまいます。例えば、卸・小売業の場合、変動費を売上原価のみ、固定費を販売費及び一般管理費、営業外収益、営業外費用のすべてと、とりあえず割り切って計算すると比較的簡単に損益分岐点売上高が計算できます。顧問先が知りたいのは概算の数字。きっちりした数字を求めているわけではありません。会計事務所の場合、どうしても正確な数字を出したくなりますが、顧問先企業の未来のシミュレーションに関してはアバウトな数字で十分なのです。 「年収400万円の社員さんを1人採用するならば、御社の場合、900万円の売上増加が必要です。1ヵ月平均で75万円、営業日数を1ヵ月25日とすると1日当たり3万円の売上を増やすことが求められます」例えば、こんな風にすぐに計算して回答すれば、顧問先は必ず「頼りになる会計事務所だ」と思うようになります。損益分岐点について少々勉強し直すだけで、大きなコストを要さずに「頼れる会計事務所」になり、顧問先満足度が確実にアップすることでしょう!こんな方にお勧めです●月次監査のクオリティーと顧客満足度を高めたい会計事務所●顧問先から資金繰りに関する相談が多い会計事務所●新設法人の顧問先が多い会計事務所●経営不振の顧問先を多く抱える会計事務所●新規出店、新規事業、設備投資などが活発で、上り調子の顧問先が多い会計事務所●損益分岐点と資金繰りについての知識を深めたい会計事務所職員資金繰り相談にわずか3分で答えられる実践想定型教材!深刻な不況が続く現代、中小企業経営者の最大の悩みは『資金繰り』です。本動画では、多くの中小企業経営者から寄せられるであろう『カネ』に関する相談事を集め、それをその場でどう答えるか、どのように説明するかをドリルによる演習形式で解説します。損益分岐点と資金繰りをわかりやすく説明して『頼もしい会計事務所』へとランクアップできるノウハウが満載です。「考え方は理解できたけど、もっと実践的なノウハウを身につけたい」2008年の大ヒットDVD教材「損益分岐点と資金繰りをわかりやすく説明する方法」をご購入された方から、こんな声をいただきました。それにおこたえして企画した本動画が『顧問先の資金繰り相談・スピード対応ドリル』。動画を観ながら実際に問題を解くことで、顧問先から資金繰りの相談を受けたときに、適切な対応がとれるようになる実践型教材です!こんな効果が期待できます!●資金繰りに対する経営者の疑問に迅速かつ的確に答えることで、事務所の信頼感が高まる●会計ソフトを使わなくても、電卓と筆記用具だけで簡単に顧問先への経営アドバイスができるようになる●顧問先がキャッシュフロー経営を実践でき、業績が上向くことで永続的な関係が構築できるなどの効果が期待できます! 主な内容損益分岐点編●損益分岐点の考え方のおさらい●損益分岐点売上高の計算●実際の試算表から損益分岐点売上高を計算●目標利益達成の損益分岐点売上高を計算●社員を1人採用したときの損益分岐点売上高を計算●赤字会社に損益分岐点売上高を使って改善策を指導●新設法人に損益分岐点売上高を使ってアドバイス資金繰り編 ●借入金の返済原資のおさらい●借入金の返済原資を計算●「うちの会社は利益が出ているのに、どうしてお金がないの?」にその場で回答●新規取引先との取引による資金ショートをシミュレーション この動画はオンラインショップBiscoにて販売しております。 『顧問先の資金繰り相談・ スピード対応ドリル』概要商品名: 顧問先の資金繰り相談・ スピード対応ドリル製作年月: 2009年09月仕様: DVD2枚(約110分)+添付資料+データCD-ROM通常価格:32,400 円 (税込) 2018.11.01
  • 宅地評価実務の要点・相続キャッチアップ講座第1講 2/2

    相続初心者が最初にぶつかる壁と言われる『宅地評価実務』の要点を網羅相続税額を計算するには、まず対象となる相続財産にどれくらいの価値があるのか、その価額を割り出す必要があります。相続財産のうち、大きな割合を占めるのが宅地。宅地評価は相続実務の基本中の基本です。宅地評価の実務のポイントを押さえれば、相続実務は安心と言ってももいいでしょう。当動画は、相続関連の実務にまだあまり慣れていない税理士、会計事務所を対象に、相続初心者が最初にぶつかる壁と言われる『宅地評価実務』の要点を網羅。いざ実務にあたる際のポイントを学べます。これから相続に力を入れたい税理士先生や、「相続は所長だけ」という会計事務所の職員教育に最適です。 主な内容1.相続税・贈与税における評価のあらまし2.時価について3.評価単位(評基通7-2)4.路線価方式(評基通13)5.奥行価格補正(評基通15)6.側方路線影響加算(評基通16)7.二方路線影響加算(評基通17)8.不整形地の評価(評基通20)9.間口狭小・奥行長大(評基通20-3)10.倍率方式(評基通21)11.倍率方式による評価(評基通21-2)12.私道(評基通24)13.セットバック(評基通24-6)この動画はオンラインショップBiscoにて販売しております。 『宅地評価実務の要点・相続キャッチアップ講座第1講』詳細商品名:宅地評価実務の要点・相続キャッチアップ講座第1講製作年月:2015年02月仕様:DVD1巻(約130分)+添付資料価格:16,200 円 (税込) 2018.11.01
  • 宅地評価実務の要点・相続キャッチアップ講座第1講 1/2

    相続初心者が最初にぶつかる壁と言われる『宅地評価実務』の要点を網羅相続税額を計算するには、まず対象となる相続財産にどれくらいの価値があるのか、その価額を割り出す必要があります。相続財産のうち、大きな割合を占めるのが宅地。宅地評価は相続実務の基本中の基本です。宅地評価の実務のポイントを押さえれば、相続実務は安心と言ってももいいでしょう。当動画講座は、相続関連の実務にまだあまり慣れていない税理士、会計事務所を対象に、相続初心者が最初にぶつかる壁と言われる「宅地評価実務」の要点を網羅。いざ実務にあたる際のポイントを学べます。これから相続に力を入れたい税理士先生や、「相続は所長だけ」という会計事務所の職員教育に最適です。 主な内容1.相続税・贈与税における評価のあらまし2.時価について3.評価単位(評基通7-2)4.路線価方式(評基通13)5.奥行価格補正(評基通15)6.側方路線影響加算(評基通16)7.二方路線影響加算(評基通17)8.不整形地の評価(評基通20)9.間口狭小・奥行長大(評基通20-3)10.倍率方式(評基通21)11.倍率方式による評価(評基通21-2)12.私道(評基通24)13.セットバック(評基通24-6)この動画はオンラインショップBiscoにて販売しております。 『宅地評価実務の要点・相続キャッチアップ講座第1講』詳細商品名:宅地評価実務の要点・相続キャッチアップ講座第1講製作年月:2015年02月仕様:DVD1巻(約130分)+添付資料価格:16,200 円 (税込) 2018.11.01
  • 女性の雇用で会社が知っておくべき法律ルール

    採用・入社・出産・育児・退職に関する疑問をQ&A形式で解説!!女性の社会進出が進み、男女平等の意識が以前とは比べ物にならないほど強くなっています。 しかし、職場においては未だに男性中心の労務管理手法が中心で、女性社員が妊娠した、出産・育児をするといった場面に出くわしたとき、どう対応していいのかわからず、慌ててしまう企業は少なくありません。当動画では、女性社員の労務管理に携わる企業が、法律上の制度の概要を理解して有効に活用できるよう、採用・入社・出産・育児・退職に関する疑問をQ&A形式でわかりやすく解説しています。顧問先からの女性の労務問題に関する質問に的確に答えられるだけでなく、会計事務所の女性従業員の活用にも役立てることができます。 主な内容【採用】・採用内定者全員が男性というのは均等法違反?・総合職の応募要件に「全国転勤に応じられる」と定めるのは均等法違反?・子育てサポートに積極的な企業とアピールするには?【入社後】・総合職社員で男女で業務分担を分けるのはOK?・職場内で性的な言動が公然と行われるのはセクハラ?・パート社員が「社会保険に加入せず、夫の扶養でいたい」と希望したらどうする?【妊娠/出産】・妊娠している女性に残業をさせてはいけないの?・妊娠中の女性社員から「休憩を増やしてほしい」と言われたら?・産休期間はどれくらい取得させればいい? この間の保険手続きは?【育児】・育児休業中の社員から「子供が保育園に入れそうにないため職場復帰が難しい」と言われたら?・育児休暇中は無給の場合、会社としてどんな保険手続きを行えばよい?・育児休業中の社員が復帰する際「子供が小さいうちは短時間勤務をしたい」と言われたら?・子どもの病気で会社を休みがちで、有給休暇を使い果たしてしまった社員は、今後休めるの?【退職/解雇】・家族の介護のために退職する社員は自己都合退職にしかならないの?・産休中の社員を整理解雇の対象にすると問題はありますか?この動画はオンラインショップBiscoにて販売しております。 『女性の雇用で会社が知っておくべき法律ルール』詳細商品名:女性の雇用で会社が知っておくべき法律ルール製作年月:2013年02月仕様:DVD1枚+添付資料価格:12,960 円 (税込) 2018.11.01
  • 業績アップに不可欠な最新労災対策 2/2

    長時間労働が続く繁忙期前に知っておきたい労災防止策平成25年度の『精神障害に係る労災請求』は1409件と、5年間で最多を記録。労災決定件数と支給決定件数も、平成24年度同様高水準をマークしました。この背景には、平成23年12月に施行された『心理的負荷による精神障害の労災認定基準』があります。精神障害の労災認定を迅速に行うため、『心理的負荷による精神障害等に係る業務上外の判断指針』を見直し、認定基準が明確になりました。こうした『メンタル労災』は、特別な話ではありません。「新規事業や会社の建て直しの担当になった」「仕事内容・仕事量の大きな変化を生じさせる出来事があった」「2週間以上にわたって連続勤務を行った」「上司(同僚、部下)とのトラブルがあった」「月100時間以上の時間外労働があった」こうしたレベルの要因で精神障害が発生した場合、労災になり得るのです。精神障害に係る労災が認定されると、企業はさまざまなリスクを負います。金銭的支出が生じ、職場は混乱し、悪評が立つ危険性もあります。今や『メンタル労災』対策は、どの企業でも必須といえる時代に差し掛かったのです。この動画では、中小企業ではあまり知られていない『メンタル労災』の概要と対策を、事例を踏まえて解説。顧問先からの労務トラブルの相談に対して、簡単なアドバイスができるようになります。また、ご自身の会計事務所のメンタル労災を防止するのにも役立ちます。 主な内容1.精神障害の増加に伴う労災申請の現状と法規制「精神障害に係る労災請求・決定件数の推移」「労働者健康状況調査」就労人口に占めるメンタル不調者の割合心の健康の保持に関する法規制2.職場の出来事と精神障害の労災認定との関係精神障害の労災認定要件【要件1】・対象となる精神障害とは?【要件2】・業務による強い心理的負荷とは?・業務による強い心理的負荷の評価方法とは?(1)特別な出来事がある場合の評価(2)特別な出来事がない場合の評価(3)出来事が複数ある場合の評価(4)長時間労働がある場合の評価【要件3】・業務外の心理的負荷及び個体側要因とは?心理的負荷が「強」と認められる出来事(1)「特別な出来事」に該当する出来事(2)心理的負荷が「強」となる出来事(3)複数の出来事又は出来事と恒常的な長時間労働を総合評価すると「強」になる場合労災になり得る具体的な職場の出来事(1)人事権・指揮命令権に関係する出来事で心理的負荷が「中」と評価されるもの(2)対人関係に関する出来事労災認定事例【事例1】「新規事業の担当となった」ことにより、「適応障害」を発病したとして認定された事例【事例2】「ひどい嫌がらせ、いじめ、または暴行を受けた」ことにより、「うつ病」を発病したとして認定された事例【事例3】「複数の心理的負荷が重なってうつ病になった」ことにより、自殺したとして認定された事例精神障害の出来事別決定及び支給決定件数3.中小企業に必要なメンタルヘルス対策メンタルヘルス対策の目的メンタルヘルスと業績の関係具体的なメンタルヘルス対策安全衛生に関する優良企業認定制度この動画はオンラインショップBiscoにて販売しております。 『業績アップに不可欠な最新労災対策』詳細商品名:業績アップに不可欠な最新労災対策製作年月:2014年11月仕様:DVD1枚(約120分)+添付資料価格:12,960 円 (税込) 2018.11.01
もっと見る