士業の『今』を知り、『未来』を見つめるWebマガジン

  • TOP
  • 検索結果

検索結果(全7件)

タグ “経営計画” を含むコンテンツを表示しています。

  • 会計事務所、士業事務所がコンサル部門を持つメリットとは?! この外部環境に順応し生き残るため

    近い将来、士業業界にて多くの“作業”業務が自動化される事が予想され、その過程で会計事務所が提供していくべき主要業務が変わっていくことでしょう。その主要業務とは中小企業のあらゆる経営課題に対して経営者の問題を解決出来る「本物(※1)」のコンサルタント業務です。※1本物のコンサルタントとは経営にまつわる人・もの・金・情報・システム・ノウハウ・時間の関連した問題に対してワンストップで適正な解を下せることと定義します<PR>著者:事業再生請負人松本光輝氏(株式会社事業パートナー代表取締役) はじめまして。株式会社事業パートナー、代表取締役の松本光輝です。危機的状況の中小企業を一社でも救いたいとの思いから、「事業再生」に邁進してきました。気がつけば、一般的な事業再生企業とは全く方針を異にする事業展開をしております。請け負った企業はどんなに危機的な状況でも、必ず救ってみせるという固い信念で、事業再生に取り組んでいます。幸い優秀なスタッフパートナーにも恵まれ、これまでに請け負ってきた300社あまりの顧問先は、1社も再生に失敗することなく、経営者を救済してきたという実績を作り上げることが出来ました。しかし、日本全体の景気を底上げしないことには、中小企業にとって苦闘の時代は終わりを迎えそうにありません。そのために、私は大きな目標を設定しました。経営者がいつでも相談できる経営ドクターの全国的なネットワークの構築です。経営ドクター、つまり「問題解決が出来る本物の経営コンサルタント」の育成の仕組みづくりです。「本物のコンサルタント」を車に例えると、車を運転するのはドライバーである経営者です。本物のコンサルタントとはドライバーにとってはナビであり、また霧の立ち込めた道路ではフォグランプ、ドライバーが後続を知りたいならばバックミラーであり、燃料の減り加減をドライバーが知りたいならばゲージになります。ドライバ-の安全運転のために近くにあって機能するすべての車の装置です。これからの「本物」のコンサルタントの役目とは、進行方向に目が向いていないドライバーにミリ波レーザーが自動で車間距離を保つような自動運転が可能になる装置です。注>ミリ波レーザーとはレクサス等に搭載された車間距離を自動で測って自動でブレーキをかける装置  2018.04.24
  • 徹底解説!『ブーマー式経営計画ワークシート』①

    “会計事務所の3年後の未来を描く”をテーマに、昨年11月に6回目の開催を迎えた『会計事務所のビジョナリーサミット』(主催/株式会社アックスコンサルティング)。今回のサミットでは、米国トップ500の会計事務所にコンサルティングを展開しているブーマーコンサルティングの創始者、ゲイリー・ブーマー氏が特別来日。そのサミットの翌日には、ブーマー氏による経営計画の策定手法がわかる『1日集中講座』が開催されました。そこで解説された経営計画策定手法とは?今回、プロパートナーONLINEでは、3回にわたってこの経営計画策定手法を徹底解説。第1回では、経営計画を始める前段階でやることから、【STAGE1現状把握】について解説していきます。※「ブーマー式経営計画ワークシート」のダウンロードはこちらから 2018.01.17
  • 【最新号のご案内】米国CPAの経営計画で築く顧問先との新しい関係

    雑誌『月刊プロパートナー』1月号では、米国CPAの大御所ゲイリー・ブーマー氏の経営計画策定方法を独占公開しています。ブーマー氏は、この経営計画を指導することで多くの会計事務所を成長させてきました。その特徴は、たった8ステップ&10枚のワークシートで完成するシンプルさにあります。シンプルでありながら、ワークシートを記入することで目指すべきビジョンと必要な利益が見え、さらに「何をすべきか」という行動プランも明確になります。しかし、「経営計画を立てても続かなかった……」「顧問先に提案したけれど断られた……」という経験を持つ先生も多いのではないでしょうか?そこで、「なぜ今、経営計画が必要なのか?」「なぜ、ブーマー氏の経営計画を多くの会計事務所が取り入れてきたのか?」「経営計画を提案することで、顧問先との関係がどう変わるのか?」株式会社アックスコンサルティングでブーマー氏の90日ゲームプラン策定講義の企画責任者を務める景山健市が解説します。1月号の詳細はこちらブーマー式経営計画ワークシートの無料ダウンロードはこちら プロフィール株式会社アックスコンサルティングゲイリー・ブーマー氏考案90日ゲームプラン策定講義 企画責任者景山 健市 (かげやまけんいち)アックスコンサルティング入社以来、年間平均300件以上の会計事務所に訪問し、売上アップの仕組み作り支援に携わる。現在は、全国230店舗におよぶQ-TAX加盟店スーパーバイザーとして、マーケティングサポートツールを提供している。  2017.12.28
  • 【無料ダウンロード】ブーマー式経営計画ワークシート

    これから会計事務所が提供していくべきサービスは、顧問先を成長させる「経営計画」です。経営計画で顧問先のビジョンが明確になり、売上アップにつながれば、会計事務所と顧問先の関係は強固なものになります。すると、顧問先は新たな顧問先を紹介してくれるロイヤルカスタマーへと変わり、さらに事務所の成長につながります。『月刊プロパートナー』1月号では、米国CPAの大御所ゲイリー・ブーマー氏の経営計画策定方法を独占公開!ブーマー氏は、この経営計画を20年も前から会計事務所に指導してきました。そして、多くの事務所を成長させ、現在では全米トップ500の会計事務所のみをターゲットにコンサルティングを展開しています。 ブーマー氏の経営計画の特徴は、3つの「見える化」にあります。 ビジョンで目指すべき姿が見える逆さ予算で利益が見える90日ゲームプランで行動が見えるビジョンと、それを実現するために必要な利益、そして取るべき行動が見えることで、理想は「叶えられる目標」に変わります。経営計画は、ビジョンというゴールに向かうための道のりを描く地図のようなものです。ブーマー氏の経営計画は、この地図を8つのステップで描きます。そのために必要となるのが、10枚のワークシートです。この10枚のワークシートを記入すれば、経営計画書が完成します。まずは、事務所の経営計画策定にご利用ください。そして、顧問先にサービスとして提供すれば、新たな関係が構築できるはずです。無料会員登録をされている方はログイン後、下記「続きを読む」より無料でレポート(PDF)をダウンロードしていただけます。※各ワークシートの書き方や詳しい解説は、『月刊プロパートナー』1月号で紹介しています。 たった8ステップ&実践10シートで完成!米国CPAの経営計画 特集「会計業界はAI時代を生き抜けるか⁉︎米国式経営計画」 STEP1 D.O.S評価  STEP2 10倍シンキング STEP3 ビジョンワーク  STEP4 1ページプラン  STEP5 上下逆さ予算  STEP6 戦略的目標プラン  STEP7 90日ゲームプラン/STEP8アカウンタビリティレビュー ほか お申し込みはこちら  2017.12.19
  • 若手税理士さん必見!【開業・運営のポイント】第6回「経営計画」

    株式会社アックスコンサルティングの景山健市です。今回は、会計事務所の経営計画について、お話をします。これには“個人としてお客様にどのようなサービスを提供するか”といったこともありますが、なにより大事なのは、事務所としての『経営計画』です。「作ってもその通りにいくわけがないから……」と思って、経営計画を作らずにいると、きっとなにもせず、無為な日々を送ってしまうことでしょう。経営計画とは、数値計画だけではありません。目指すのは実務家なのかオーナーなのか、つまり“どういう税理士になりたいのか?”を決め、自分の『行動計画』へ落とし込んでいく、そのための心構えをこちらの動画で語っています。 プロフィール景山健市(かげやまけんいち)株式会社アックスコンサルティングQ-TAX本部統括責任主任コンサルタント過去500名以上の税理士をはじめとする士業の先生と面談、業績アップ支援に携わる。現在は、全国230店舗が加盟する税理士のフランチャイズチェーン「Q-TAX」の統括責任者。各加盟店の経営状況を把握し、必要なマーケティングサポートツールを提供している。過去の講演実績:株式会社日本M&Aセンター/税理士会王子支部青年部など 2017.11.07
  • 医科・歯科の経営指導は経営計画が大事

    医科・歯科・福祉関係の顧問先を110件持つ、株式会社みどり合同経営(岡山県岡山市)。医科・歯科の顧問先には、どのような経営計画を指導するのが適切か、会計業界で50年以上の実績を持つ代表の山口明男氏に医科・歯科向けの経営指導のノウハウの一部を語っていただきました。 ─会計業界での実績が55年とはすごいですね。ここまでやってこられた要因はどこにありますか?山口氏大きな要因は、昭和56年に経営計画を始めたことです。これが原点になっています。─どのような背景から経営計画をやろうと思ったのですか?山口氏経営計画に出会う前の仕事は、20年間ひたすら帳簿だけをつけていました。しかし、昭和56年にこれから厳しい経営になることを見越し、過去会計でなく、将来を見られる経営計画を考えないといけないと思い、取り組みました。─経営計画で大事なこととは何ですか?山口氏現在も、約60件のお客様に私が直接経営計画をさせていただいております。経営計画を始めるとき、人前で話ができないと、経営計画のビジネスは成功しないのでは、と気づきました。そのため、話し方教室にも行きました。これが人生の大きな転機でしたね。経営計画をつくるのも、もちろん大事ですが、それ以上に毎月の計画と実績をチェックするほうが重要です。これを年12回繰り返すのです。─なるほど。毎月のチェックが大事なのですね。山口氏そうです。「経営計画が長続きしない。翌年に結びつかない」なんて声を聞きますが、それは毎月のチェックがしっかりできていないからだと思います。  2017.08.09
  • 「クラウド」×「経営計画書」はブルーオーシャン

    岩手県花巻市にある税理士事務所ランニングパートナーズは、開業当初からクラウド会計を導入し、クラウド会計ソフト導入支援で岩手県ナンバーワンの実績があります。今回はクラウド会計ソフトを導入したきっかけについて、所長税理士の鈴木陽介氏にお話をおうかがいしました。 クラウド会計を導入した3つの理由私は2016年7月に独立開業しましたが、当初からクラウド会計を主体に進めていこうと考えていました。その理由は3つあります。 1つ目の理由:業務効率化私は経営計画書などの高付加価値サービスを展開していく方針を掲げました。それには業務効率化が不可欠でしたので、迷いなくクラウド会計の導入を決め、最初のお客様にはCrewを導入していただきました。 2つ目の理由:チャレンジする姿勢会計事務所もお客様と同じ中小企業です。私たちがチャレンジし、変化に対応していくことがお客様の未来につながります。その点、クラウド会計業界はどんどんチャレンジしています。 3つ目の理由:岩手はクラウド会計対応事務所が少ないお客様のニーズは高いのに、岩手ではクラウド会計に対応している会計事務所が少ないのです。現時点ではクラウド会計を使っていることで、大きな差別化ができています。今ではクラウド会計ソフト導入支援実績で岩手県ナンバーワンです。 クラウド会計は3社を導入し、お客様の状況に対応できるようにしています。ちなみに導入しているクラウド会計ソフトは、freeeMFクラウドCrewの3つです。まったくの新規開業で、どの会計ソフトにすればいいか検討しているお客様には、ヒアリングした上で最適なものを推奨しています。 2017.06.16