士業の『今』を知り、『未来』を見つめるWebマガジン

  • TOP
  • 検索結果

検索結果(全4件)

タグ “投資” を含むコンテンツを表示しています。

  • 【若手社長の開業日記】知人が抱えていた会社設立の悩みを解決できず悔しさをバネに突き進む

    「会社設立について知人から相談を受けたとき、すぐにアドバイスできなかったのが未だに心に残っています」と語るのは、野末和宏公認会計士・税理士。当時習っていた英会話の先生から「独立して自分の英会話スクールを設立したい」との相談がありましたが、税務や届出など具体的な実務がわからず、野末氏はアドバイスを言えませんでした。この経験を悔しく感じた野末氏は、会計のプロである“公認会計士”を基盤としながら包括的な経営のサポートができる“税理士”への道を歩み始めました。 責任者としての成長を目指し独立開業の道へ大手税理士法人に入社し、約20社の法人をサポートしていた野末氏。覚悟を決めて前向きに働いている経営者の影響を受け、自身も急速に成長しているように感じたといいます。独立開業に至ったのも、自身をより高めるためだったと野末氏は話します。「税理士法人に勤務していたときも、お客様から感謝の言葉を多くいただき、充実した日々を過ごしていました。ただ、一担当者としてではなく責任者となって、お客様が満足するサポートをしたいという思いが強くなり、独立を選んだのです」2016年に開業した野末公認会計士・税理士事務所は、若手経営者や不動産投資家へのサポートが売り。今後の目標を聞かれた野末氏は、「英会話教室の先生の相談を解決できなかった悔しさがあるので、これから当事務所に来てくださる方々には、満足のいくサポートを提供していきます」と力強く語ってくれました。 プロフィール野末 和宏(のずえ かずひろ)氏 1982年 埼玉県志木市で生まれる2008年 公認会計士試験に合格。有限責任あずさ監査法人に入社2013年 税理士登録2016年 野末公認会計士・税理士事務所を開業野末公認会計士・税理士事務所(東京都中央区)クラウド会計ソフトを積極的に導入するなど、ITに強い税理士事務所。開業支援や節税対策など、若手経営者や不動産投資家をサポートするサービスが充実している。 2018.03.12
  • 投資の成果を数値でしっかりと把握!ROIとは?

    事務所を計画的に成長させるためには実績を数値で把握することが必須。今回は成長スピードを戦略的にコントロールするための投資と成果の指標を紹介します。 計画的に成長させるための必須数値顧客を獲得するのにどれだけ投資したか、数値で算出したことはあるでしょうか。莫大なコストをかけても、利益がコストを上回らないと意味をなくしてしまいます。この投資した費用がどれだけの利益を生んでいるのかを計る指標を指す用語をROI(Return On Investment/投資利益率)と言います。算出方法はいたってシンプル。常利益を投資資本(サイト制作、DM制作など)で割ったものをいいます。例えば10万円でDMやパンフレットを制作し、1件成約して20万円の売上をあげた。この場合20万円を10万円で割り、100%をかけるとROIは200%となります。業種別にあげると、製造業や小売業はROIが低く、投資コストが少ないサービス業は高い数値となるのが一般的です。士業業界は専門サービス業のため、このROIは非常に高く、顧客を獲得するために投資した費用を回収する期間も、他の業種と比較して早いのです。さらに、この回収した利益を元手に、新規獲得の投資をして、売上を創出することが可能です。投資、顧客獲得、利益計上、さらなる投資……。この回転の速度が、事務所経営の成長スピードを左右します。利益率が低いようであれば回転を多くし、回転が少ないようであれば利益率を上げなければいけません。投資と成果を数値で把握しておくことで、戦略的な事務所経営が可能となるのです。さらに言うと、このサイクル速度を決定づけるのが、効率的な業務の運営、すなわち売上を上げやすい組織体制といえます。事務所を計画的に成長させたいと願うなら、一度ROIを出してみることをおすすめします。そこから見えてくる課題と取り組むべき問題が見えてくるでしょう。  2018.03.07
  • 日本と海外の架け橋、その橋を渡る第一歩を海外投資家との不動産取引で応援したい!

    2020年のオリンピックまであと2年。世界的な高利回りと高い都市力……世界的なビジネスチャンスにあふれる大都市・東京の不動産!海外投資家との不動産取引のプロ、株式会社フロンティアグループ代表取締役・金子嘉德氏と監修者の司法書士・平野克典氏に、2016年末に上梓した書籍とその裏側を伺いました! 書籍を書こうと思ったきっかけは?金子「当社は、メインが不動産事業なのですが、海外の顧客、特に中国の顧客が以前にも増して、ここ2~3年で非常に増えてきています。ただ、個人の大切な資産である不動産を売ることを考えたとき、いきなり言葉の通じない外国人と売買を行うのは、ハードルが高い……というか抵抗を感じる方が多いのも事実です。そんな皆さまに安心して売買をして頂きたく、海外の投資家、特に中国の投資家と不動産取引をするときの流れや注意点、投資家の背景などを詳しく解説しています」。書籍という形を選んだ理由はなんですか?金子「販売収入はあまり考えていなくて、海外投資家との不動産取引の認知や、当社の不動産事業の販促として考えました。お客様はご年配の方も非常に多く、ネットよりもまずは紙だろうと思って、書籍を出すことにしました。あと、私は元々出版社にいたので、『書籍を出す』ということに対して心理的な抵抗感も少なかったのかもしれませんね」。以前と比べて、海外投資家の方たちとの取引に変化などありましたか?金子「当社でも直近だとコンスタントに月1~2件の取引をしていますが、最近はトラブルも全くないですね。正直5年、10年前は色々と心配な部分もあったし、抵抗感もありました。実際に当社の取引でも、きちんとした手順を踏んで、何度も話し合いを重ね、取引もいよいよ最終段階、製本された契約書を交わすその場で、いきなり価格の再交渉を始められてしまう……ということも、昔はありましたね(笑)。その頃と比べると、今は、本当にスムーズに取引が進みます」。本業と並行しての書籍の制作はいかがでしたか?  2018.01.19
  • 【若手所長の開業日記】監査法人、外資系銀行の経験を活かし競合無縁のポジションで開業

     独立前に「面倒を見てほしい」と2件のお客様が来る谷口郁夫氏(公認会計士・税理士)は1994年、公認会計士試験に合格し、外資系監査法人の日本事務所に入所。国内外の国際企業の法定監査、国際M&A等に関与しました。後に米国コーネル大学に留学し、MBAを取得。帰国後は外資系投資銀行に転職し、日本企業の企業オーナー、富裕層に対する投資アドバイザリー業務に携わりました。しかし、リーマンショックの影響で勤務先の銀行は社員の7割強を解雇するという大規模リストラを実施。残された谷口氏は業務が縮小した状況下でしばらく勤務を続けましたが、「新たな自分の成長分野を求めたい」と、公認会計士・税理士としての独立を決意しました。幸運なことに銀行退職直前に、2つの法人から「うちの会社の面倒を見てほしい」と、顧問のオファーが来ました。その2社は現在でも引き続き重要なクライアントです。 公認会計士・税理士でただ一人投資助言業を登録独立後は谷口氏の実務経験とビジネス英語にとどまらない語学力を活かし、外国企業の日本での、日本企業の海外での事業展開サポートに尽力。一方、「日本でただ一人、投資助言業登録している公認会計士・税理士」として競合と無縁のポジションを築いています。また、「究極経理.com」という独自の記帳代行システムを立ち上げ、ビジネスの幅を広げています。 プロフィール谷口 郁夫(たにぐち いくお)氏1971年生まれ1994年外資系監査法人の日本事務所入所1997年公認会計士登録2004年米国コーネル大学MBA取得2005年外資系銀行に転職2012年10月独立開業谷口パートナーズ国際会計・税務事務所(東京都港区)2012年10月開業。外国企業の日本での事業展開サポートをベースに、富裕層に投資助言業務を展開中。 2017.11.24