• TOP
  • 検索結果

検索結果(全95件)

タグ “士業事務所” を含むコンテンツを表示しています。

  • 士業連携 虎の巻 【後編】

     法人化してから順調に連携先の会計事務所を増やしてきた石川和司事務所。どのような方法で営業活動を行い、何に気をつけて関係を維持してきたのか。そのノウハウを公開する。   2019.01.25
  • 士業連携 虎の巻 【前編】

    2001年に独立開業し、2011年に司法書士法人石川和司事務所として法人化。会計事務所の顧客満足度向上に資する『会計事務所サポートサービス』を開発し、多くの会計事務所と連携を進めています。また、相続や事業承継についてもコンサルタントとして活動しています。司法書士事務所が安定的な売上を確保するためには、どのように他士業と関係を築いていくべきでしょうか?今回は、会計事務所をサポートする5つの司法書士業務をパッケージ化した『会計事務所サポートサービス』を通じて、関係を強化するためのポイントをひも解いていきます。 税理士のニーズに応えた新サービスで差別化「お客様からの信頼が厚い会計事務所ほど、一手に相談を受ける傾向にあります。税務と法務がセットになった相談も多いため、アライアンスを組んで都度対応するサービスにニーズがあると思ったんです」と話す石川氏。開業時に連携していた会計事務所と関わる中で、〝パートナーとしての司法書士〞にニーズがあることに気が付いたといいます。この気付きから石川氏は、今まで会計事務所に提供していたサービスをパッケージ化して案内することを決意。税理士と密に連携し、税理士の顧問先の満足度向上にも資するという視点で、他事務所との差別化を図りました。『会計事務所サポートサービス』で提供する5つのサービスを明確化。パンフレットやホームページで紹介し、連携につなげている。その内容とメリットを紹介。 2019.01.24
  • 【セミナーレポート】第204回アックス財産コンサルタンツ協会情報交流会

     第一部:現状把握今こそ、会計事務所が事業承継を支援するべき政府の調査によると、2015年時点での中小企業経営者の平均年齢は66歳。このまま高齢化が進むと、全国245万社の中小企業のうち、40万社が健全経営のまま廃業すると言われています。この状況に活路を見出すべく、今年の春には新事業承継税制も施行されました。今こそ、会計事務所が中小企業のパートナーとして事業承継を手助けするべきだと思います。事業承継で一番大切なことは、経営者の〝想い〞を後継者に伝えること。そのために、まずは〝現状把握〞から始めます(下図参照)。 最初に行うべきは、経営分析です。独立行政法人中小企業基盤整備機構が提供している『経営自己診断システム』などを用いて、会計数値から企業を分析します。その次は、数値以外の側面からの分析です。コア・コンピタンス(企業の強み)を把握するため、経営者と後継者と共に、SWOT分析などのワークを行っていきます。行ったワークの結果は、経営者と後継者とのディスカッションの材料となります。自社の強みや弱みを互いが同じように理解できるかが、事業承継を成功させるための最初のポイントになるでしょう。 当日の講演の様子  2018.11.07
  • 開業1年半で131件獲得! 古殿流営業戦略とは?

    開業1年半で顧問先131件を獲得、所員数10名を抱えるまでに成長したスタートパートナーズ総合会計事務所。今回のセミナーでは、その要となる他士業連携でどのように顧客を増やしいくのかを代表税理士の古殿哲士氏にお話いただいています。 講演内容1.自己紹介2.開業前後の試み・目標3.基本戦略4.関係構築のポイント5.成功事例・失敗事例6.まとめ 2018.11.01
  • 顧問先の資金繰り相談・スピード対応ドリル 2/2

    「今は不況だけど、今度、社員を1人増やすことにしました。そうすると、いくら売上を増やせばいいの?」「経常利益をあと500万円増やしたいんだけど、それにはどれだけの売上が必要なの?」顧問先の経営者からこんなことを聞かれたことがあるはず。しかし、そんなとき即座に答えられずに「調べて後日連絡します」となっていませんでしょうか?「わかったつもり」の損益分岐点を勉強し直すだけで、頼れる会計事務所になれる!損益分岐点について知らないという税理士、会計事務所職員は当然いません。しかし、「なんとなくわかっている」というレベルで、顧問先からの質問に的確に答えられる人はどれだけいるのでしょう?損益分岐点売上高を計算する際にボトルネックとなるのは、固定費と変動費の区分。ここを厳密に分けようとすると手間がかかってしまいます。例えば、卸・小売業の場合、変動費を売上原価のみ、固定費を販売費及び一般管理費、営業外収益、営業外費用のすべてと、とりあえず割り切って計算すると比較的簡単に損益分岐点売上高が計算できます。顧問先が知りたいのは概算の数字。きっちりした数字を求めているわけではありません。会計事務所の場合、どうしても正確な数字を出したくなりますが、顧問先企業の未来のシミュレーションに関してはアバウトな数字で十分なのです。 「年収400万円の社員さんを1人採用するならば、御社の場合、900万円の売上増加が必要です。1ヵ月平均で75万円、営業日数を1ヵ月25日とすると1日当たり3万円の売上を増やすことが求められます」例えば、こんな風にすぐに計算して回答すれば、顧問先は必ず「頼りになる会計事務所だ」と思うようになります。損益分岐点について少々勉強し直すだけで、大きなコストを要さずに「頼れる会計事務所」になり、顧問先満足度が確実にアップすることでしょう!こんな方にお勧めです●月次監査のクオリティーと顧客満足度を高めたい会計事務所●顧問先から資金繰りに関する相談が多い会計事務所●新設法人の顧問先が多い会計事務所●経営不振の顧問先を多く抱える会計事務所●新規出店、新規事業、設備投資などが活発で、上り調子の顧問先が多い会計事務所●損益分岐点と資金繰りについての知識を深めたい会計事務所職員資金繰り相談にわずか3分で答えられる実践想定型教材!深刻な不況が続く現代、中小企業経営者の最大の悩みは『資金繰り』です。本動画では、多くの中小企業経営者から寄せられるであろう『カネ』に関する相談事を集め、それをその場でどう答えるか、どのように説明するかをドリルによる演習形式で解説します。損益分岐点と資金繰りをわかりやすく説明して『頼もしい会計事務所』へとランクアップできるノウハウが満載です。「考え方は理解できたけど、もっと実践的なノウハウを身につけたい」2008年の大ヒットDVD教材「損益分岐点と資金繰りをわかりやすく説明する方法」をご購入された方から、こんな声をいただきました。それにおこたえして企画した本動画が『顧問先の資金繰り相談・スピード対応ドリル』。動画を観ながら実際に問題を解くことで、顧問先から資金繰りの相談を受けたときに、適切な対応がとれるようになる実践型教材です!こんな効果が期待できます!●資金繰りに対する経営者の疑問に迅速かつ的確に答えることで、事務所の信頼感が高まる●会計ソフトを使わなくても、電卓と筆記用具だけで簡単に顧問先への経営アドバイスができるようになる●顧問先がキャッシュフロー経営を実践でき、業績が上向くことで永続的な関係が構築できるなどの効果が期待できます! 主な内容損益分岐点編●損益分岐点の考え方のおさらい●損益分岐点売上高の計算●実際の試算表から損益分岐点売上高を計算●目標利益達成の損益分岐点売上高を計算●社員を1人採用したときの損益分岐点売上高を計算●赤字会社に損益分岐点売上高を使って改善策を指導●新設法人に損益分岐点売上高を使ってアドバイス資金繰り編 ●借入金の返済原資のおさらい●借入金の返済原資を計算●「うちの会社は利益が出ているのに、どうしてお金がないの?」にその場で回答●新規取引先との取引による資金ショートをシミュレーション この動画はオンラインショップBiscoにて販売しております。 『顧問先の資金繰り相談・ スピード対応ドリル』概要商品名: 顧問先の資金繰り相談・ スピード対応ドリル製作年月: 2009年09月仕様: DVD2枚(約110分)+添付資料+データCD-ROM通常価格:32,400 円 (税込) 2018.11.01
  • 2015年の法改正を踏まえた介護特化の勘所 2/2

    2015年の介護保険法改正を見据え、介護特化のブランディングを図ろう!!今後も拡大を続ける介護マーケット。介護業界に特化するためには、細かい業界知識をマスターすることも大事ですが、それだけでは不十分です。介護業界を俯瞰的にとらえて“潮目”を読むことで、本質的な理解が可能になるのです。当動画教材は、介護業界に特化した講師が、介護業界の現状・歴史・展望についてマクロの視点で解説。今後の成長戦略を立てる上でのヒントが満載です!講義を聴いて介護業界の大きな“潮目”を読み、添付資料を読んで詳細を学ぶことができます。 主な内容1.介護業界の現状・介護サービス毎の収支差率・介護事業は給与が低い??業界別年収比較?・介護事業は離職率が高い? ?離職率調査?・平成25年介護労働実態調査結果より・介護業界の大きな課題・特別養護老人ホーム待機者は全国で523,584人・2025年には団塊のマーケットが75歳以上に・居宅・施設・地域密着 各々の保険支出額比較・何があれば在宅が可能か?2.介護業界の歴史(?2007年)介護保険法施行までの流れ介護保険制度施行?現在までの流れ2006年の介護保険法改正療養病床の廃止問題財政面から考える療養病床廃止問題コムスン問題を考える3.介護業界の歴史(2008年?2012年)2009年の介護保険法改正介護従事者の処遇改善は進んでいるか?介護職員の処遇改善を目指して処遇改善交付金とキャリアパス要件サービス毎の交付率キャリアパス要件等の適合状況と交付金交付率の関係当時の介護事業者の選択肢介護拠点整備にまつわる補助金例4.介護業界の歴史(2012年?)財務省の介護給付費削減試案(20年9月)介護給付の縮減効果検討2012年4月 介護保険法改正の論点整理論点(1):地域包括ケアシステム医療連携策1:定期巡回・随時対応型訪問介護看護医療連携策2:複合型サービス医療連携策3:介護職員によるたんの吸引等の実施予防・生活支援充実策 介護予防・日常生活支援総合事業介護予防・日常生活支援総合事業の範囲住まいの整備策:サービス付高齢者向け住宅の新設介護サービス充実策論点(2):サービスの質の確保・向上論点(3):介護職員の人材確保と処遇改善処遇改善加算(2011年10月案資料より抜粋)労働法違反事業者への対応強化論点(4):給付と負担のバランス論点(5):財源配分の最適化地方分権一括法の動き5.2015年法改正次回法改正の位置づけ2015年法改正の重要テーマ(1)地域支援事業のイノベーション(革新)地域支援事業とは(現行)介護予防事業の枠組み変更要支援者の受け皿市町村介護予防強化推進事業(予防モデル事業)予防モデル事業の実施市区町村(参考)介護予防の取り組み介護予防・日常生活支援総合事業事例(参考)予防モデル事業における利用者の変化予防モデル事業から見えてきたリハ職の役割予防給付→地域支援事業移行の枠組み介護予防・日常生活支援総合事業 概要効率的な事業の実施について(参考)市町村の事務負担軽減等について包括的支援事業の機能強化2015年法改正の重要テーマ(2)デイサービスに走る“激震”通所介護の費用額デイサービス費の推移(他サービス比較)デイサービスの事業所数推移2015年法改正に向けたデイサービスの論点整理論点(1):事業所の類型化(仮説)論点(2):デイサービス報酬変更の可能性論点(3)(4):小規模型デイの移行案論点(5)小規模デイの移行スケジュール案論点(6)宿泊デイの動き2015年法改正の重要テーマ(3)費用負担の公平化(≒ご利用者負担の増加?)論点(1):2割負担の「一定以上所得者」基準案(参考)医療保険制度 利用者負担の経緯論点(2):高額介護サービス費の見直し(参考)医療保険制度 負担限度額の経緯論点(3):補足給付の見直し論点(4):第1号保険料の段階見直し(参考)第1号被保険者の保険料予測(参考)年金の今後 インターネットより抜粋2015年法改正の重要テーマ(4) 高齢者の“住まい”特養の現状・課題特養の今後に関する論点サ高住の“住所地域例の壁”解消へ地域密着サービスと地域支援事業利用の見直し2015年法改正の重要テーマ(5)医療法人制度・社会福祉法人制度の見直し医療と介護の“連携”の進化?産業競争力会議?パラダイムシフト確認:事業者に訪れる未来6.介護業界の展望?2015年の改正・改定を踏まえて?展望その1:今後の介護経営のキーワード展望その2:これからの介護事業経営戦略この動画はオンラインショップBiscoにて販売しております。 『2015年の法改正を踏まえた介護特化の勘所』詳細商品名:2015年の法改正を踏まえた介護特化の勘所製作年月:2015年01月仕様:DVD1巻(約130分)+添付資料価格:17,280 円 (税込) 2018.11.01
  • 新・会計事務所の給与・報酬システム(第2版)2/2

    優秀な人材を採用・定着・成長させる給与の仕組みがわかる!採用力をつけると同時に考えたいのが、優秀な人材を採用・定着・成長させる給与システム。優秀な人材が入っても、その能力に報いる仕組みがないと、 すぐに退職してしまいます。これからの時代、会計事務所が成長するにあたっては人材を定着・成長させるための給与・報酬システムが不可欠なのです。●優秀な職員を採用したい●優秀な職員にいつまでも定着してもらいたい●職員の入れ替わりが激しく、定着率を向上させたい●職員のモチベーションが落ちている●職員に営業のインセンティブを払って、新規拡大を図りたい●職員に担当件数や業務量に応じた給料を支払いたいこのような会計事務所所長先生の声に応じたのが動画教材「新・会計事務所の給与・報酬システム」です。全国の会計事務所の特徴的な給与・報酬システムを公開。実際に給与規程を作成するにあたってのポイントを指南します。 新・会計事務所の給与・報酬システム」の特徴●独自の給与システムを構築している15会計事務所の事例を紹介職員の給与制度に高い関心を持ち、独自の仕組みを構築・運用している会計事務所に取材し、事例を盛り込みました。●事例紹介会計事務所の「給与システムツール」が手に入る!取材に協力し、事例を公開いただいた一部の会計事務所からは、実際の給与規定等のツールをご提供。●給与システムに関する書式データも収録「給与規程」「時間外・休日勤務申請承認書」「執務基準書作成資料」「賃金の預金口座振込に関する協定書」「賃金控除に関する協定書」「誓約書」「未払い残業代請求チェックシート」など、給与システムに関するあらゆる書式データをCD-ROMに収録。データを加工するだけで、オリジナルの規程がつくれます。●「賃金の専門家」による解説講義も収録「会計事務所のための優秀な人材を採用する方法」と題し、賃金に強い社会保険労務士による解説講義も収録。採用ノウハウを体系立てて学べます。●動画なので反復学習が可能「この日だけ」「この場所だけ」「1回限り」のセミナーと違い、「いつでも」「どこでも」「何度でも」学べます。 「税理士業界ニュース」編集部より税理士業界ニュース」編集部として全国の会計事務所に取材に行くと、このようなことをよく聞かれます。「他の会計事務所は職員にどれくらい、どんな仕組みで給与を支払っているの?」「職員が新規のお客さんを獲得したときや、担当件数が増えたときは、どうやって報酬を払っているの?」多くの所長税理士は他の事務所の賃金規程に興味津々です。当社にこういった問い合わせが数多く寄せられます。多くの会計事務所が賃金規程を整備して職員のモチベーションを高めたいと願っていることを裏付けています。会計事務所にはどのような給与・報酬システムがあるのか?成功している会計事務所は、どのような給与制度を運用しているのか?「税理士業界ニュース」編集部が全国の会計事務所にアンケート調査と取材を行い、現時点での給与・報酬システムのあり方をまとめてみました。当教材が、所長先生の会計事務所の給与・報酬システムの整備、ひいては事務所経営に少しでもお役に立てれば幸いです。 主な内容■事例編.クローズアップ給与・報酬システムあなたの事務所に合った給与・報酬システムを見つけよう!●「担当件数と新規獲得件数、やればやるだけ給与が上がる!」税理士法人コスモス(愛知県名古屋市)●「手厚いインセンティブを払って新規獲得に力を入れたい!」税理士法人スバル合同会計(東京都千代田区)●「事務所の成長に貢献した社員を評価し、給与に反映」辻・本郷税理士法人(東京都新宿区)●「シンプルな仕組みで担当業務と給与をリンクさせたい!」税理士法人トップ会計事務所(神奈川県川崎市)●「能力・スキルを給与に反映し、顧客満足度を上げたい!」渡辺会計事務所(東京都品川区)●各事務所の給与・報酬システムのポイント●各事務所の給与・報酬システムの効果●各事務所のショートインタビュー.会計事務所給与制度最前線●今、会計事務所は「給与」とどう向き合っているのか?●10の会計事務所に取材●各会計事務所の給与・報酬システムの概要●各事務所のショートインタビュー■テキスト編「会計事務所の給与白書」1.事務所の未来は優秀な人材が作る?人材獲得競争に勝利するカギは給与規程2.今こそ会計事務所は「給与革命」が必要!3.会計事務所給与システム実態アンケート4.大手専門学校学生アンケート「どんな事務所に行きたいか?」5.職員のやる気を引き出す! 会計事務所のユニーク手当6.ほかの事務所はどうしている? 会計事務所残業代支払いの実態■講義編動画 1/21.賃金の基礎的知識・そもそも「給与」とは何か?・労働基準法上「賃金」とは何か?・賃金の支払いには5つの原則がある・就業規則・給与規程は確認しておこう・「基本給」とは何か?・定期昇給とベースアップ・諸手当にどのようなものがあるのか?・ノーワーク・ノーペイの原則・法定労働時間と所定労働時間・法定休日と所定休日の違い・割増賃金の計算方法・端数処理の考え方2.賃金の支払い方法・賃金の支払形態・人事制度別賃金制度の特徴DVD 2/23.未払い残業代への対策・終息する過払い金返還請求・なぜ今、未払い残業代請求なのか?・どのように請求してくるか?・遅延損害金と付加金・労働時間管理は事業主の責務・変形労働時間制・みなし労働時間制・年俸制の割増賃金・歩合給も残業手当の算定基礎に含める必要あり・名ばかり管理職問題・定額残業手当の活用・残業代込みで賃金を支払う方法・年収ベースで総額人件費を月給と賞与で調整する・グルーピングで残業を禁止する4.職員のやる気に火をつける工夫・動機づけ要因と衛生要因・経営理念を明確化し、行動指針を共有する・各社の経営理念・経営理念をみつけ、社員への期待と役割を明確化・読みやすく日頃から使える職場のルールブック・自立型人材の創造をめざして・給与規程サンプルの使い方■付属CD-ROM「給与にまつわるトラブルを防ぐ各種書類データ集」・給与規程・賃金の預金口座振込に関する協定書・賃金控除に関する協定書・時間外労働事前申請書・執務基準書作成資料・誓約書(退職時)・未払い残業代チェックシート・未払い残業代請求和解合意書DVDの購入はオンラインショップBiscoより可能です。 『新・会計事務所の給与・報酬システム(第2版)』詳細商品名:新・会計事務所の給与・報酬システム製作年月:2012年12月仕様:資料(バインダー)+DVD2枚(約100分)+CD-ROM1枚価格:48,600 円 (税込)  2018.11.01
  • 今すぐできる!医業経営指導の成功手法 ~今から参入しても絶対に医業顧問を増やせる"超"極秘ノウハウ 2/2

    この動画はオンラインショップBiscoにて販売しております。 『今すぐできる!医業経営指導の成功手法』詳細商品名:今すぐできる!医業経営指導の成功手法製作年月:2010年12月仕様:DVD2枚(120分)+レジュメ価格:16,200 円 (税込)  2018.11.01
  • 介護施設開業指導のポイント 1/2

    介護施設の開業ノウハウを体験談を交えて解説2025年には高齢者人口が約3500万人に達するともいわれ、まだまだ拡大する介護マーケット。会計事務所は、実はいつでも介護業界と接点を持つ可能性を持っています。単純に介護業の会社とビジネスをするだけではなく、相続対策の一環として所有する土地に高齢者住宅を建てたり、従来の顧問先が介護業界に新規参入する場合もあります。そんなときに「介護はわからないから」と話を避けていては、お客様にも会計事務所にも損失を与えてしまいます。また、介護施設の立ち上げで長期事業収支を作成する際、会計事務所の力が期待されているのです。当動画教材は、これまで介護関連事業の立ち上げを500件以上手掛けてきた講師が、豊富な体験を踏まえた介護施設開業のポイントを解説。「介護に強い会計事務所」になるためのベースを築くことができます。介護業界に密接な、医業、相続に力を入れている会計事務所にもおすすめです。 主な内容●介護保険制度の概要●在宅サービスと高齢者住宅●地域包括ケアシステム●通所サービスの種類と事業選択●介護起業するための心構え●標準スケジュール●新規開業までの流れ●法人設立‐あなたにとって適切な法人とは‐●物件選定・法令チェック‐最適なコストにするために・自治体・消防によって温度差‐●資金調達と補助金・助成金活用‐資金繰りへの第一歩・もらえるお金と返済が必要なお金‐●人材採用‐理想とのギャップ‐●許認可申請‐厳しくなりつつある建築・消防チェックおよび違反の多い労基法‐●コンセプトの構築と運営準備・営業‐まずはコンセプトから●営業まで手が回らないを避けるために‐●実地指導・監査・介護サービス情報の公表DVDの購入はオンラインショップBiscoより可能です。 DVD詳細 『介護施設開業指導のポイント』商品名:介護施設開業指導のポイント製作年月:2013年12月仕様:DVD2枚(約150分)+添付資料通常価格:21,600 円 (税込)販売価格:21,600 円 (税込)  2018.11.01
  • ゼロベースからの医業特化ノウハウ 2/2

    医業特化は大きなビジネスチャンス医業の顧問先は、「医療法人化」「経営コンサルティング」「相続対策」など、やり方次第で大きなビジネスチャンスになりえます。しかし、医師や医療機関の特性をあまり理解できず、医業特化に二の足を踏んでしまう会計事務所は少なくないでしょう。そのため、医業に特化した会計事務所は、それほど多くありません。一方、大半の会計事務所は1件以上は医業の顧問先を持っています。その数件程度の関与のために、特殊かつ多様な知識・ノウハウを詰め込むのなら、医業に特化したほうが効率的でしょう。当動画コンテンツでは、「医業特化したいけれど、現実は難しい」とお悩みの会計事務所に、医業特化の”はじめの一歩”を踏み出せるお手伝いをできるような、さまざまな知識・ノウハウを講義します。(製作年月:2009年5月)この動画はオンラインショップBiscoにて販売しております。 『ゼロベースからの医業特化ノウハウ』詳細商品名:ゼロベースからの医業特化ノウハウ製作年月:2009年5月仕様 :DVD2巻(約120分)、レジュメ価格:27,000 円 (税込) 2018.11.01
もっと見る