• TOP
  • 検索結果

検索結果(全71件)

タグ “パート” を含むコンテンツを表示しています。

  • 【月刊プロパートナー9月号】特集解説動画「SNSで新規獲得を目指すために意識することとは?」

    SNSや動画サイトなどで、積極的に情報発信ができる今、「個」の発信力や影響力をどう高めていくかも大きな課題です。SNSを戦略的に活用して、自分自身をどうブランディングしていくか、仕事にどのように結びつけるか、株式会社アックスコンサルティングの籾山昇吾が動画で解説します。ぜひ、誌面と合わせてご覧ください。マスメディア・SNS…ビジネスチャンスを広げる!SNSで新規獲得を目指すために意識することとは?(約7分)※動画右下のアイコンを押すと動画が全画面表示になります全画面表示にしてご覧ください 今回ご紹介した『月刊プロパートナー』の試し読みは以下から可能です。  過去の特別付録動画2021年8月号「定期的な組織診断で部下のパフォーマンスとエンゲージメントを計測!部下のエンゲージメントを高めるリーダーのマネジメントスキル」 2021年7月号「リモートマネジメントで押さえておくポイントとデジタルツール活用法とはエンゲージメント+ツール活用で高める組織づくり」 2021年6月号「採用に強い事務所になるために必要なこととは?ミスマッチを防ぐ採用の極意」 2021年5月号「自社の強みと市場に合った提案が重要!成長体質をつくるビジネスモデルとは」 2021年4月号「TOP500の最新動向から見えた士業事務所の成長戦略2021」 2021年3月号「「業務の統一化」「社内ルール」「評価制度」がカギ!ニューノーマルな働き方を実現させるポイント」 2021年2月号「ポイントは時間の創出と使い方 高収益化実現のために所長がやるべきこと」 2021年1月号「これからの士業には、キャラクターが求められる!?2021年、士業の動向と取り組むべきこととは?」 2020年12月号「職員との目的共有と習慣化がカギ! 業務効率化成功のポイントとは?」 2020年11月号「全国アンケートで見えた給与・評価の現状と課題 士業事務所の給与・評価大解剖!」 2020年10月号「成功のカギは個のブランディングと関係性構築 Facebookを活用した営業・マーケティング実践法」 2020年9月号「サポート+フィードバックで職員が定着する!職員教育を成功させるための3つの施策」 2020年8月号「インターンを活用して優秀な人材を獲得!新卒採用の最新トレンド」 2020年4月特大号「TOP500事務所の最新動向から見えた!士業事務所の成功法則2020」 2020年1月号「士業が2020年に取り組むべきこととは?業界内外で注目度の高い3名の士業による座談会」 2019年11月号「”働き方改革”で本当に大切なこと」他、人気セミナー5本を限定公開! ▼最新号の詳細はこちら▼  NEW
  • 北海道から全国へ! 会計業界を改革せよ Vol.1

    2021年6月15日、元株式会社マネーフォワードビジネスカンパニー執行役員の平野龍一氏が、税理士法人マッチポイントと税理士法人フューチャークリエイト(旧税理士法人シマ会計)に参画したというニュースが飛び込んできました。急成長中の企業を飛び出し、地方のベンチャー事務所とタッグを組んだ理由とは?平野氏、税理士法人マッチポイントの小島匡彦氏、税理士法人フューチャークリエイトの植島悠介氏の3名が目指す「新たな会計業界」について聞きました。撮影:山本 晃与(HATch.img) 中小企業を救うには、いま動くしかない――平野さんがマネーフォワードの執行役員という立場を離れて会計業界に参画するというニュースを知り、驚きました。どのような経緯があったのでしょうか?平野 私はマネーフォワードに入社後、北海道支社長として会計事務所や中小企業にクラウド会計ソフトを導入してもらう活動をしていました。まずは札幌をメインに、ほとんどの会計事務所を回りました。次に、中小企業への認知を広げるため、いろいろな会に所属して、たくさんの経営者とつながりをつくっていったのです。そのなかで、中小企業の経営者から「マネーフォワードを入れたいけれど、顧問税理士が対応してくれない」という話を聞くことが多くありました。士業は、経営者からものすごく信頼されています。なのに、企業が変わろうとしているときに士業がボトルネックになっている。その結果、「30万円でも40万円でもいいから、平野さんに売上を伸ばしたり組織を強くしたりするコンサルティングをしてほしい」という相談をされることが増えてきました。ただ、これは本来、士業が担うことができる仕事です。多くの会計事務所が3万円、4万円で税務顧問を請け負っていますが、30万円、40万円でもコンサルティングを受けたいという会社がたくさんある。「それだけのポテンシャルがあるんですよ」ということを、税理士の先生方に言い続けていました。けれども、積極的に取り組んでいない事務所がほとんどです。さらに、こんなに魅力的な仕事なのに、優秀な人材がなかなか入ってこない。それは、業界のブランディングができていないからだと思います。情報がしっかり発信できていないんです。実際、「魅力的な業界だ」と言いながら、大手会計ソフトベンターなどから会計業界に入る人は少ないですよね。これは、マネーフォワードでもみんなで話をしていたことなのですが、人材が入ってこないというのは、大きな課題です。そこを解決できれば、会計業界はもっと良くなるし、顧問先である中小企業はもっと前に進むことができる。これから労働人口が減っていくと言われています。これは北海道にいると実感するのですが、地方の中小企業はすでに採用が厳しい状況です。さらに、コロナ禍で追い討ちがかかり、オリンピック後の経済も不透明。中小企業にとって重要なパートナーである会計事務所が、しっかり支えていかないといけません。もはや、待ったなしの状態です。しかも、税理士業界はただでさえ平均年齢が高いですから、5年、10年先なんて待っていられない。だったら、「誰かがやるのを待つのではなく、自分がやろう」と決めました。中小企業にとってもマネーフォワードにとっても大切なパートナーである会計業界を、さらに魅力的な業界にして、ブランド化する。これは、挑戦する価値があると感じました。(写真左から)税理士法人マッチポイント 代表税理士 小島匡彦氏税理士法人フューチャークリエイト 代表税理士 植島悠介氏平野龍一氏 中小企業を支えるのが、会計事務所の仕事――会計業界に入ると決意したときに、小島さん、植島さんと一緒に挑戦しようと思った決め手は何だったのでしょうか?平野 小島さん、植島さんに出会ったのは2016年頃ですが、出会った当初から「北海道のために一緒にやっていこう」という話をしていて、実際に積極的にアクションを起こしてくれていました。だから、「絶対に責任を持って支援する」と決めていました。小島 実は、マッチポイントは元々、「平野さんと一緒に仕事をしたい」「そのためにマネーフォワードを使いたい」という理由で、社内ベンチャーのような形で立ち上がった事務所なのです。先ほど、平野さんが札幌の事務所はほとんど回ったと話していましたが、当時私が所属していた事務所には来ていなかったんですね。ただ、平野さんのセミナーを聞く機会があって、ぜひ一緒にやりたいと感じました。北海道や中小企業を良くするためには、会計事務所がちゃんとサポートしなければいけないという考えが、私たちと共通していたのです。でも、当時の事務所はマネーフォワードを導入する予定がなかった。そこで、現在マッチポイント株式会社の代表を務めている鈴木(洋平氏)と、「マネーフォワードを導入することで事務所の顧問先も増やしますから、新しい会社をつくらせてください」と所長に事業計画を出し、できた会社がマッチポイント株式会社です。植島 うちの事務所は、平野さんが入る以前からマネーフォワードを使っていたので、入社したての平野さんが上司と一緒に来たのを覚えています。当時はまだ今みたいなアツい感じは出ていなくて(笑)、すごくメモをとっていた印象です。その後、セミナーに誘われて、マネーフォワードをどう活用していくか、中小企業をどう良くしていくかなどを学ぶなかで、「これはやるしかない!」と。私たちの事務所は、誰かに動かされないと動かないタイプですが、動き出したら「よし、やろう!」と一気に進むんです。それで、「全部マネーフォワードにします」と平野さんに伝えました。その本気度を感じてくれていたのかな、と思います。平野 マッチポイントとフューチャークリエイトには、「北海道の中小企業を良くしていこう。会計事務所を良くしていこう」というコミットメントをすごく感じていました。そのために「自分たちが変わっていこう」という気概を感じたんです。それが私にとっては一番大きかったですね。>>Vol.2に続く  NEW
  • 【月刊プロパートナー8月号】特集解説動画「部下のエンゲージメントを高める、リーダーのマネジメントスキル」

    実務スキルだけではなく、顧客の課題に寄り添うサポートが求められる昨今。付加価値業務など新たな利益を生み出すためには「 提案力」や「コミュニケーション力」が不可欠。これらのスキルを職員が身につけるよう育成するためには、リーダーのマネジメントスキルが必要です。この動画では、株式会社アックスコンサルティングの佃 雄太郎氏が、パフォーマンスとエンゲージメントとの関係について解説します。ぜひ、誌面と合わせてご覧ください。定期的な組織診断で部下のパフォーマンスとエンゲージメントを計測!部下のエンゲージメントを高めるリーダーのマネジメントスキル(約3分)※動画右下のアイコンを押すと動画が全画面表示になります全画面表示にしてご覧ください 今回ご紹介した『月刊プロパートナー』の試し読みは以下から可能です。  過去の特別付録動画2021年7月号「リモートマネジメントで押さえておくポイントとデジタルツール活用法とはエンゲージメント+ツール活用で高める組織づくり」 2021年6月号「採用に強い事務所になるために必要なこととは?ミスマッチを防ぐ採用の極意」 2021年5月号「自社の強みと市場に合った提案が重要!成長体質をつくるビジネスモデルとは」 2021年4月号「TOP500の最新動向から見えた士業事務所の成長戦略2021」 2021年3月号「「業務の統一化」「社内ルール」「評価制度」がカギ!ニューノーマルな働き方を実現させるポイント」 2021年2月号「ポイントは時間の創出と使い方 高収益化実現のために所長がやるべきこと」 2021年1月号「これからの士業には、キャラクターが求められる!?2021年、士業の動向と取り組むべきこととは?」 2020年12月号「職員との目的共有と習慣化がカギ! 業務効率化成功のポイントとは?」 2020年11月号「全国アンケートで見えた給与・評価の現状と課題 士業事務所の給与・評価大解剖!」 2020年10月号「成功のカギは個のブランディングと関係性構築 Facebookを活用した営業・マーケティング実践法」 2020年9月号「サポート+フィードバックで職員が定着する!職員教育を成功させるための3つの施策」 2020年8月号「インターンを活用して優秀な人材を獲得!新卒採用の最新トレンド」 2020年4月特大号「TOP500事務所の最新動向から見えた!士業事務所の成功法則2020」 2020年1月号「士業が2020年に取り組むべきこととは?業界内外で注目度の高い3名の士業による座談会」 2019年11月号「”働き方改革”で本当に大切なこと」他、人気セミナー5本を限定公開! ▼最新号の詳細はこちら▼  NEW
  • 【月刊プロパートナー7月号】特集解説動画「エンゲージメント+ツール活用で高める組織づくり」

    リモートワークやワーケーション、副業など、働き方が多様化する時代に、従業員との距離感・信頼関係をどのように築けば良いのでしょうか。この動画では、株式会社アックスコンサルティングの髙見史弥氏が、デジタルツールの効果的な活用方法とリモート下でのマネジメントで押さえておきたいポイントを解説します。ぜひ、誌面と合わせご覧ください。リモートマネジメントで押さえておくポイントとデジタルツール活用法とはエンゲージメント+ツール活用で高める組織づくり(約4分)※動画右下のアイコンを押すと動画が全画面表示になります全画面表示にしてご覧ください 今回ご紹介した『月刊プロパートナー』の試し読みは以下から可能です。  過去の特別付録動画2021年6月号「採用に強い事務所になるために必要なこととは?ミスマッチを防ぐ採用の極意」 2021年5月号「自社の強みと市場に合った提案が重要!成長体質をつくるビジネスモデルとは」 2021年4月号「TOP500の最新動向から見えた士業事務所の成長戦略2021」 2021年3月号「「業務の統一化」「社内ルール」「評価制度」がカギ!ニューノーマルな働き方を実現させるポイント」 2021年2月号「ポイントは時間の創出と使い方 高収益化実現のために所長がやるべきこと」 2021年1月号「これからの士業には、キャラクターが求められる!?2021年、士業の動向と取り組むべきこととは?」 2020年12月号「職員との目的共有と習慣化がカギ! 業務効率化成功のポイントとは?」 2020年11月号「全国アンケートで見えた給与・評価の現状と課題 士業事務所の給与・評価大解剖!」 2020年10月号「成功のカギは個のブランディングと関係性構築 Facebookを活用した営業・マーケティング実践法」 2020年9月号「サポート+フィードバックで職員が定着する!職員教育を成功させるための3つの施策」 2020年8月号「インターンを活用して優秀な人材を獲得!新卒採用の最新トレンド」 2020年4月特大号「TOP500事務所の最新動向から見えた!士業事務所の成功法則2020」 2020年1月号「士業が2020年に取り組むべきこととは?業界内外で注目度の高い3名の士業による座談会」 2019年11月号「”働き方改革”で本当に大切なこと」他、人気セミナー5本を限定公開! ▼最新号の詳細はこちら▼  NEW
  • 提案資料の標準化でアップセル&新規獲得を実現

    「フィット感」を重視し、人事労務にまつわるクライアントの課題解決のためにオーダーメイドのコンサルティング支援を強みとする人財さいだい戦略化.firm。標準化に取り組み、さらなる成長を目指す秘訣について、代表の壽谷将隆氏に聞きました。 脱属人化の実現で人材の定着も図る「経営者と一体となって人事面から経営に参画していく」ことを信条に開業したのが、2014年頃。創業当初は、異業種交流会などに参加して紹介を獲得することが主な営業活動だったのですが 、契約件数が増えるにつれて、顧問先をフォローする時間と新規獲得のための営業活動に割く時間のバランスがとりづらくなってきていました。また、職員を採用したこともあって、事務所を組織的に運営する必要があると考え、『社労士パートナーズ(以下、社P)』の導入を決意しました。まず、課題となっていたのが、属人化でした。例えば、サービスを提案するためのプレゼン資料のつくり込みが担当者によって異なる、資料作成に時間をかけすぎて業務を後回しにしている、顧問先へのコミュニケーションスキルに差があるなど、標準化ができていない部分が多数ありました。社Pのツールには、業務提案のためのパンフレットやチラシのベースが豊富に用意されているため、資料作成の時間を大幅に短縮することに成功。提案の際もツールに沿って説明することで一定のレベルを保つことも可能となりました。また、私たちは市場に合わせて、〝七福神メニュー〞と称した7つのサービスを取り揃えているのですが、これらのサービスから派生した新たな提案も、ツールを活用することでしやすくなりました。今後は同一労働同一賃金による人事労務監査や、リモートワークのためのクラウド導入支援を求めるお客様が増えてくると想定されます。人事労務面から経営者を柔軟に支援していくため、社Pを活用しながら社内標準化を推進していきたいと思っています。 ※月刊プロパートナー2021年3月号より抜粋いかがだったでしょうか?『プロパートナーONLINE』は、士業のための「明日役立つ」記事やセミナー動画などオンラインのコンテンツに加え毎月1冊、士業専門雑誌「月刊プロパートナー」をお届けするサービスです。月額3,000円のサービスを今なら14日間無料でお試しいただけます。▼14日間の無料体験はこちらから▼ NEW
  • 【月刊プロパートナー6月号】特集解説動画「採用の極意」

    コロナ禍により、人材流動が大きく変化している現在は、士業事務所が優秀な人材を採用するチャンスです!今回の特集では、数多くの求職者を集め、そのなかから事務所に合った人材の採用に成功している3事務所を取材。応募が増える求人の出し方や、ミスマッチを防ぐ選考フローなどについて紹介しています。この解説動画では、株式会社アックスコンサルティングの笹澤佳槻氏が、「採用に強い事務所」になるためのポイントについて解説します。ぜひ、誌面と合わせてご覧ください。採用に強い事務所になるために必要なこととは?ミスマッチを防ぐ採用の極意(約7分)※動画右下のアイコンを押すと動画が全画面表示になります全画面表示にしてご覧ください 今回ご紹介した『月刊プロパートナー』の試し読みは以下から可能です。  過去の特別付録動画2021年5月号「自社の強みと市場に合った提案が重要!成長体質をつくるビジネスモデルとは」 2021年4月号「TOP500の最新動向から見えた士業事務所の成長戦略2021」 2021年3月号「「業務の統一化」「社内ルール」「評価制度」がカギ!ニューノーマルな働き方を実現させるポイント」 2021年2月号「ポイントは時間の創出と使い方 高収益化実現のために所長がやるべきこと」 2021年1月号「これからの士業には、キャラクターが求められる!?2021年、士業の動向と取り組むべきこととは?」 2020年12月号「職員との目的共有と習慣化がカギ! 業務効率化成功のポイントとは?」 2020年11月号「全国アンケートで見えた給与・評価の現状と課題 士業事務所の給与・評価大解剖!」 2020年10月号「成功のカギは個のブランディングと関係性構築 Facebookを活用した営業・マーケティング実践法」 2020年9月号「サポート+フィードバックで職員が定着する!職員教育を成功させるための3つの施策」 2020年8月号「インターンを活用して優秀な人材を獲得!新卒採用の最新トレンド」 2020年4月特大号「TOP500事務所の最新動向から見えた!士業事務所の成功法則2020」 2020年1月号「士業が2020年に取り組むべきこととは?業界内外で注目度の高い3名の士業による座談会」 2019年11月号「”働き方改革”で本当に大切なこと」他、人気セミナー5本を限定公開! ▼最新号の詳細はこちら▼  NEW
  • 【月刊プロパートナー5月号】特集解説動画「成長体質をつくるビジネスモデルとは」

    今回の特集では、会計事務所従業員数上位500(TOP500)事務所のなかでも、一過性ではなく着実に規模を拡大し続ける注目事務所に、成長の秘訣を取材しました。そして、人が集まる&辞めない魅力を探るとともに、何が成長の原動力となったのかを解説しています。この解説動画では、株式会社アックスコンサルティング・公文貴士氏が、事務所のビジョンと市場のニーズをフィットさせ、ニューノーマル時代に「求められる」ために必要なビジネスモデルとは何かを解説します。ぜひ、誌面と合わせてご覧ください。自社の強みと市場に合った提案が重要!成長体質をつくるビジネスモデルとは(約4分)※動画右下のアイコンを押すと動画が全画面表示になります全画面表示にしてご覧ください 今回ご紹介した『月刊プロパートナー』の試し読みは以下から可能です。  過去の特別付録動画2021年4月号「TOP500の最新動向から見えた士業事務所の成長戦略2021」 2021年3月号「「業務の統一化」「社内ルール」「評価制度」がカギ!ニューノーマルな働き方を実現させるポイント」 2021年2月号「ポイントは時間の創出と使い方 高収益化実現のために所長がやるべきこと」 2021年1月号「これからの士業には、キャラクターが求められる!?2021年、士業の動向と取り組むべきこととは?」 2020年12月号「職員との目的共有と習慣化がカギ! 業務効率化成功のポイントとは?」 2020年11月号「全国アンケートで見えた給与・評価の現状と課題 士業事務所の給与・評価大解剖!」 2020年10月号「成功のカギは個のブランディングと関係性構築 Facebookを活用した営業・マーケティング実践法」 2020年9月号「サポート+フィードバックで職員が定着する!職員教育を成功させるための3つの施策」 2020年8月号「インターンを活用して優秀な人材を獲得!新卒採用の最新トレンド」 2020年4月特大号「TOP500事務所の最新動向から見えた!士業事務所の成功法則2020」 2020年1月号「士業が2020年に取り組むべきこととは?業界内外で注目度の高い3名の士業による座談会」 2019年11月号「”働き方改革”で本当に大切なこと」他、人気セミナー5本を限定公開! ▼最新号の詳細はこちら▼  NEW
  • 【月刊プロパートナー3月号】特集解説動画「ニューノーマル な働き方を実現させるポイント」

    新しい働き方としてリモートワークが浸透しつつあります。離れた状況で業務を進める環境でも、これまで以上に従業員の生産性やパフォーマンスレべルをUPさせたいところ。今回の特集では、 業務改善を常に意識して生産性向上に取り組む『業務改善のプロ 』たちに、業務の可視化・整理の仕方・振り分け方を取材。リモ ートワーク以外でも、業務の効率化や生産性向上に取り組む際に 役立つヒントを紹介します。解説動画では株式会社アックスコンサルティング・籾山昇吾氏が生産性を下げることなく新しい働き方を実現させるための3つのポイントを解説しています。ぜひ、誌面と合わせてご覧ください。「業務の統一化」「社内ルール」「評価制度」がカギ!ニューノーマルな働き方を実現させるポイント(約4分)※動画右下のアイコンを押すと動画が全画面表示になります全画面表示にしてご覧ください 今回ご紹介した『月刊プロパートナー』の試し読みは以下から可能です。  過去の特別付録動画2021年2月号「ポイントは時間の創出と使い方 高収益化実現のために所長がやるべきこと」 2021年1月号「これからの士業には、キャラクターが求められる!?2021年、士業の動向と取り組むべきこととは?」 2020年12月号「職員との目的共有と習慣化がカギ! 業務効率化成功のポイントとは?」 2020年11月号「全国アンケートで見えた給与・評価の現状と課題 士業事務所の給与・評価大解剖!」 2020年10月号「成功のカギは個のブランディングと関係性構築 Facebookを活用した営業・マーケティング実践法」 2020年9月号「サポート+フィードバックで職員が定着する!職員教育を成功させるための3つの施策」 2020年8月号「インターンを活用して優秀な人材を獲得!新卒採用の最新トレンド」 2020年4月特大号「TOP500事務所の最新動向から見えた!士業事務所の成功法則2020」 2020年1月号「士業が2020年に取り組むべきこととは?業界内外で注目度の高い3名の士業による座談会」 2019年11月号「”働き方改革”で本当に大切なこと」他、人気セミナー5本を限定公開! ▼最新号の詳細はこちら▼  NEW
  • 月刊プロパートナー4月特大号 付録動画「士業事務所の成長戦略2021」

    月刊プロパートナー2021年4月特大号をご購読いただいている方限定で、こちらのページで特別付録動画の視聴とアンケートレポートのダウンロードができます。※特別編【総論】以外の動画視聴、またアンケートレポートのダウンロードには、雑誌(P.70)に記載されているパスワードが必要です※動画右下のアイコンを押すと動画が全画面表示になります。全画面表示にしてご覧ください月刊プロパートナー2021年4月特大号では、4回目となる大型企画「士業業界ランキング500」を特集しています。この企画は、全国の士業事務所の従業員数ランキングを公開(会計事務所TOP500、司法書士事務所、社会保険労務士事務所、弁護士事務所TOP30)。さらに、会計業界を牽引するTOP500事務所に独自アンケート調査を実施し、そこから見えてきた最新動向を「売上・生産性」「営業・マーケティング」「組織づくり」の3カテゴリーに分けて分析・解説しています。さらに、この特別付録動画では、誌面に掲載しきれなかった情報を含め、株式会社アックスコンサルティングのコンサルタント3名がわかりやすく解説しています。また、TOP500に行ったアンケート調査の結果は、「士業業界実態調査アンケート プレミアムレポート2021」にまとめています。誌面だけではなく、動画とレポートも合わせてご覧いただくことで、業界の変化、動向をより把握していただけます。この企画が、士業事務所の成長、ひいては士業業界の発展に貢献できることを願っています。【特別編】総論株式会社アックスコンサルティングシニアコンサルタント 籾山 昇吾(約6分)※動画右下のアイコンを押すと動画が全画面表示になります全画面表示にしてご覧ください 【第一部】売上・生産性編株式会社アックスコンサルティングコンサルタント 横山 祐作(約11分)※動画右下のアイコンを押すと動画が全画面表示になります全画面表示にしてご覧ください 【第二部】営業・マーケティング編株式会社アックスコンサルティングシニアコンサルタント 籾山 昇吾(約16分)※動画右下のアイコンを押すと動画が全画面表示になります全画面表示にしてご覧ください 【第三部】組織づくり編株式会社アックスコンサルティングコンサルタント 佃 雄太郎(約13分)※動画右下のアイコンを押すと動画が全画面表示になります全画面表示にしてご覧ください ダウンロード用のアンケートレポートはこちら(※閲覧には雑誌(P.70)に記載されているパスワードが必要です)今回ご紹介した『月刊プロパートナー』の試し読みは以下から可能です。   過去の特別付録動画2021年3月号「「業務の統一化」「社内ルール」「評価制度」がカギ!ニューノーマルな働き方を実現させるポイント」 2021年2月号「ポイントは時間の創出と使い方 高収益化実現のために所長がやるべきこと」 2021年1月号「これからの士業には、キャラクターが求められる!?2021年、士業の動向と取り組むべきこととは?」 2020年12月号「職員との目的共有と習慣化がカギ! 業務効率化成功のポイントとは?」 2020年11月号「全国アンケートで見えた給与・評価の現状と課題 士業事務所の給与・評価大解剖!」 2020年10月号「成功のカギは個のブランディングと関係性構築 Facebookを活用した営業・マーケティング実践法」 2020年9月号「サポート+フィードバックで職員が定着する!職員教育を成功させるための3つの施策」 2020年8月号「インターンを活用して優秀な人材を獲得!新卒採用の最新トレンド」 2020年4月特大号「TOP500事務所の最新動向から見えた!士業事務所の成功法則2020」 2020年1月号「士業が2020年に取り組むべきこととは?業界内外で注目度の高い3名の士業による座談会」 2019年11月号「”働き方改革”で本当に大切なこと」他、人気セミナー5本を限定公開! ▼最新号の詳細はこちら▼  NEW
  • 【月刊プロパートナー2021年2月号】特集解説動画「高収益化実現のために所長がやるべきこと」

    相続案件や人事コンサルティング など、市場のニーズに合わせた高付加価値業務を重視することで売上アップを目指す先生も多いのではないでしょうか?しかし、その一方で確定申告や資料作成といった目の前の業務に追われてしまい、なかなか新たな活動に本格的に取り組めない……という声も多く耳にします。月刊プロパートナー2月号では、このようなジレンマをどうやって克服すればいいのか、利益率を高めるために所長自身が取り組むことについて、3つの士業事務所の事例をもとにご紹介しています。さらに、解説動画では株式会社アックスコンサルティング・福島 敦氏が「選ばれる」士業に共有する姿勢や高収益化実現のためのヒントを解説しています。ぜひ、誌面と合わせてご覧ください。ポイントは時間の創出と使い方高収益化実現のために所長がやるべきこと(約4分)※動画右下のアイコンを押すと動画が全画面表示になります全画面表示にしてご覧ください 今回ご紹介した『月刊プロパートナー』の試し読みは以下から可能です。   過去の特別付録動画2021年1月号「これからの士業には、キャラクターが求められる!?2021年、士業の動向と取り組むべきこととは?」 2020年12月号「職員との目的共有と習慣化がカギ! 業務効率化成功のポイントとは?」 2020年11月号「全国アンケートで見えた給与・評価の現状と課題 士業事務所の給与・評価大解剖!」 2020年10月号「成功のカギは個のブランディングと関係性構築 Facebookを活用した営業・マーケティング実践法」 2020年9月号「サポート+フィードバックで職員が定着する!職員教育を成功させるための3つの施策」 2020年8月号「インターンを活用して優秀な人材を獲得!新卒採用の最新トレンド」 2020年4月特大号「TOP500事務所の最新動向から見えた!士業事務所の成功法則2020」 2020年1月号「士業が2020年に取り組むべきこととは?業界内外で注目度の高い3名の士業による座談会」 2019年11月号「”働き方改革”で本当に大切なこと」他、人気セミナー5本を限定公開! ▼最新号の詳細はこちら▼  NEW
もっと見る