士業の『今』を知り、『未来』を見つめるWebマガジン

  • TOP
  • 動画コンテンツ

動画を含むコンテンツを表示しています。

  • 【動画】月刊プロパートナー11月号解説 「新事業承継税制の実務ポイント」

    「新事業承継税制」に関する世間の関心は高まってきていて、お客様からそのことについて質問を受けた先生もいらっしゃるかもしれません。しかし、「新事業承継税制」には10年間という期間のしばりがあり、「特定の要件」を満たさなければ、適用を受けられなくなることもあります。今回は、その「特定の要件」について勘違いが起きやすいポイントを2つに絞り、月刊プロパートナー編集部が詳しく解説します。 2018.10.31
  • 集客にお金をかけない!ブログ・メルマガを活用したWeb集客術

    職員10名未満のご事務所にオススメ!HP集客が上手くいかない所長先生のための『低コスト集客ノウハウ』を大公開!「Webでの効率的な集客方法を知りたい」「大手事務所のような広告戦略は難しい…」など、Webでの集客が上手くいっていない、あるいは費用対効果を上げていきたいとお考えの所長先生に、ブログやメールマガジン(=メルマガ)を活用した、事務所のための集客術を特別にお教えします! 主な内容1 立派なホームページを制作しても問い合わせが来ない理由とは2 集客できるサイトとできないサイトの違いを比較3 問い合わせ時と契約時では顧客の判断材料が変わる?4 Googleの検索順位決定要因を知り、味方に変える5 小規模事務所の効果的なSEO戦略6 検索エンジンに有効なブログの書き方7 Web技術を活用した顧客獲得自動化の仕組み  2018.10.03
  • 【最新号のご案内】米国CPAの経営計画で築く顧問先との新しい関係

    雑誌『月刊プロパートナー』1月号では、米国CPAの大御所ゲイリー・ブーマー氏の経営計画策定方法を独占公開しています。ブーマー氏は、この経営計画を指導することで多くの会計事務所を成長させてきました。その特徴は、たった8ステップ&10枚のワークシートで完成するシンプルさにあります。シンプルでありながら、ワークシートを記入することで目指すべきビジョンと必要な利益が見え、さらに「何をすべきか」という行動プランも明確になります。しかし、「経営計画を立てても続かなかった……」「顧問先に提案したけれど断られた……」という経験を持つ先生も多いのではないでしょうか?そこで、「なぜ今、経営計画が必要なのか?」「なぜ、ブーマー氏の経営計画を多くの会計事務所が取り入れてきたのか?」「経営計画を提案することで、顧問先との関係がどう変わるのか?」株式会社アックスコンサルティングでブーマー氏の90日ゲームプラン策定講義の企画責任者を務める景山健市が解説します。1月号の詳細はこちらブーマー式経営計画ワークシートの無料ダウンロードはこちら プロフィール株式会社アックスコンサルティングゲイリー・ブーマー氏考案90日ゲームプラン策定講義 企画責任者景山 健市 (かげやまけんいち)アックスコンサルティング入社以来、年間平均300件以上の会計事務所に訪問し、売上アップの仕組み作り支援に携わる。現在は、全国230店舗におよぶQ-TAX加盟店スーパーバイザーとして、マーケティングサポートツールを提供している。  2017.12.28
  • 第6回会計事務所のビジョナリーサミット 速報レポート

    〝会計事務所の3年後の未来を描く〟をテーマに、今年で6 回目を迎えた『会計事務所のビジョナリーサミット』(主催/ 株式会社アックスコンサルティング)。会計業界の次世代を牽引する事務所が集結した注目のイベントを速報レポート!  アメリカの現状とブロックチェーン、アドバイザリーサービスについて簿記や会計、監査事務員の仕事がAIに取って代わられるとされる時代、会計事務所が生き残るためには何をしていくべきか。その答えが、今年のテーマに掲げられた〝つながり〞そして〝アドバイザリーサービスの構築〞だ。今回のサミットでは、アメリカのCPAゲイリー・ブーマー氏が特別来日。5億円規模の会計事務所にコンサルティングを行っているブーマー氏が、ブロックチェーンの普及に伴う世界の変化を解説。売掛金管理や給与計算業務の自動化に備え、会計事務所はアドバイザリーサービスに取り組み、顧客の信頼を勝ち得ていくことが必要だと説いた。  時代を牽引するビッグファームの拡大戦略を大公開!税理士法人SS総合会計の鈴木宏典氏は『主婦パートの能力を引き出す教育法』について、税理士法人Bricks&UKの梶浦潮氏は、生産性を〝見える化〞する『Bricks&UK式 生産管理システム』について、両事務所の拡大戦略の根幹を余すところなく語って頂いた。『すごい主婦パートを育てる仕組みの作り方』税理士法人SS総合会計税理士 鈴木宏典氏 『Bricks&UK式生産管理システムによる成長戦略』税理士法人Bricks&UK 代表社員 梶浦潮氏関連記事: 10年で100名体制を確立 初心者でも活躍できる梶浦式生産管理術とは両氏によるパネルディスカッションでは、職員を教育する上で課題となったこと、伸びる事務所の社風などが語られた。 職員による事例発表も大盛況!FUN税理士法人の渡辺豊氏、社会保険労務士法人渡辺事務所の渡辺俊一氏、税理士法人コスモスの玉井邦人氏などによる事例発表。現場のリアルな情報が飛び交った。『地域No.1になるための製販分離・業種特化マーケティング』FUN税理士法人執行役員 渡辺豊氏『職員1名あたり売上1,400万円超!社会保険労務士事務所の秘密公開』社会保険労務士法人渡辺事務所特定社会保険労務士 渡辺俊一氏『1名あたり売上2,000万円の事務所の制度と仕組み』税理士法人コスモス税務コンサルタント 玉井邦人氏  優れたリーダーは「Why?」を伝える!アックスコンサルティング代表の広瀬による講演では、人は「何を」ではなく「なぜ」に動かされること、ミッションの大切さを語った。株式会社アックスコンサルティング代表取締役 広瀬元義 ブースセミナーでは、開業3年で1億円事務所を作った、税理士法人小山・ミカタパートナズの小山晃弘氏によるノウハウが語られた。関連記事:20代の若手税理士2人で設立した税理士法人 「営業」「実務」の役割分担を明確化して開業1年で100件の新規顧客を獲得! 12月20日(水)発行予定の『月刊プロパートナー1月号』では、今回のサミットの様子を含め、ゲイリー・ブーマー氏が解説するアメリカ式経営計画を特集、11日9日(木)に開催された1日集中講義でブーマー氏が解説した経営計画策定手法を大公開します。さらに、特別付録として今回のビジョナリーサミットの全講演を収録したDVDをプレゼントします。詳しくはこちら  2017.11.22
  • 若手税理士さん必見!【開業・運営のポイント】第6回「経営計画」

    株式会社アックスコンサルティングの景山健市です。今回は、会計事務所の経営計画について、お話をします。これには“個人としてお客様にどのようなサービスを提供するか”といったこともありますが、なにより大事なのは、事務所としての『経営計画』です。「作ってもその通りにいくわけがないから……」と思って、経営計画を作らずにいると、きっとなにもせず、無為な日々を送ってしまうことでしょう。経営計画とは、数値計画だけではありません。目指すのは実務家なのかオーナーなのか、つまり“どういう税理士になりたいのか?”を決め、自分の『行動計画』へ落とし込んでいく、そのための心構えをこちらの動画で語っています。 プロフィール景山健市(かげやまけんいち)株式会社アックスコンサルティングQ-TAX本部統括責任主任コンサルタント過去500名以上の税理士をはじめとする士業の先生と面談、業績アップ支援に携わる。現在は、全国230店舗が加盟する税理士のフランチャイズチェーン「Q-TAX」の統括責任者。各加盟店の経営状況を把握し、必要なマーケティングサポートツールを提供している。過去の講演実績:株式会社日本M&Aセンター/税理士会王子支部青年部など 2017.11.07
  • 若手税理士さん必見!【開業・運営のポイント】第5回「差別化」

    株式会社アックスコンサルティングの景山健市です。今回は、他の会計事務所との『差別化』について、お話をします。会計事務所は日本に約30,000事務所あるといわれていますが、その中で自分の事務所を、どのような特色のある事務所にしていくか、ということです。私がオススメしたいのは、“業種特化”もしくは、“業務特化”です。たとえば、九州に、業種を絞って飲食店と美容室のみに特化したサービス提供を行い、成功を収めている会計事務所があります。サービス提供する業種を絞ると、お客様から“同業仲間”の紹介を得られやすくなるといった面があるようです。紹介を得やすくなるための業種・業務特化の施策、この動画を見ていっしょに考えてみましょう。今回のポイント! 事務所の特色 特化による紹介案件獲得  飲食特化 レストラン、料亭、居酒屋、ラーメン屋、定食屋などの飲食店に特化して顧問契約をする 美容特化 美容院、理髪店、エステサロン、ネイルサロン、整体・カイロプラクティックなどに特化して顧問契約をする 特化による紹介案件獲得  特化することによって、対象外の見込み企業を他事務所に紹介し、代わりに対象の職種の顧問先を紹介してもらう。  プロフィール景山健市(かげやまけんいち)株式会社アックスコンサルティングQ-TAX本部統括責任主任コンサルタント過去500名以上の税理士をはじめとする士業の先生と面談、業績アップ支援に携わる。現在は、全国230店舗が加盟する税理士のフランチャイズチェーン「Q-TAX」の統括責任者。各加盟店の経営状況を把握し、必要なマーケティングサポートツールを提供している。過去の講演実績:株式会社日本M&Aセンター/税理士会王子支部青年部など 2017.10.31
  • 【動画】次世代の会計事務所の成功法則『AAMレポート2017』

    Connect(つながり)、Engage( 取り組み)、Grow( 成長)をテーマに開催されたAAM2017。今回は、エンターテインメントの聖地ラスベガスに4,000人ものCPAが集まりました。数年後の日本の、さらに10年先を行く米国会計業界から、株式会社アックスコンサルティング代表・広瀬元義が会計事務所ビジネスを先取りするレポートを動画で解説いたします。 AAM2017のテーマは『つながり』『取り組み』『成長』会場には、シルク・ドゥ・ソレイユのパフォーマーたちが登場。3日間にわたり開催されたAAM2017の初日、ラスベガスに集結した4,000人のCPAたちを盛り上げます。今回のAAMは、『つながり』『取り組み』『成長』をテーマに開催。世代の分け方と各世代の特徴と対応の仕方、CPAに求められる創造性、テクノロジーの進化が会計業界のビジネスに与える影響と『チャレンジ』する必要性、などについての講演がありました。安穏としてはいられない驚異的な”革命”のスピード現在進行形のテクノロジーの進化~第四次産業革命~により、ライフスタイル、物事の価値は、世界同時的に、かつてない加速力で変化し続けています。2017年現在、すでに「テクノロジーの進化は我々、人間が理解できる範囲を超越してしまった」(Google2 Inc.社長 スンダー・ビチャイ氏)。以前の産業革命とは、この点が大きく異なります。ただし、「過程」や「理由」を理解できなくても、テクノロジーが提供する「結果」によってさまざまな恩恵に与ることができます。まだ、日本語対応はしていない(2017年9月現在)が、Amazonの『Alexa』のようなAIが、音声アシスタントとして市民権を得る日は、そう遠くないでしょう。もはや単純作業のほとんどが自動化される未来が訪れることは想像に難くありません。もちろん、会計事務所の作業である記帳や仕訳などが自動化の対象であることは言うまでもありません。 ”サービス業としての”会計事務所モデルを構築AAM3日目、キンバリー・エリソン・テイラー女史(AICPA議長)とバリー・メランコン氏(同会長)との対談形式の同時講演は、テクノロジーの進化が会計業界にどう影響を与えるか、示唆に満ちていました。トラックの運転手の仕事と同様、”会計士の仕事もこの10年でなくなる仕事である”という研究結果を提示し、警鐘を鳴らしています。「あなたの会社は変化に対応していますか?」という質問に対して「何もしていない」という回答が16%もありました。また、今、人間の仕事でロボットが取って代われる仕事は、もはや60%に及ぶという見解です。第四次産業革命による変化のスピードに対応するためには、”分析的なロジカルな考え方”が必須であり、”仕事というものの考え方が変わってきている”といいます。会計事務所に求められるのは、専門知識がデジタル・テクノロジーになっていく流れにおいて、『サービス業としての会計事務所モデル』(バリー・メランコン氏)です。 経営者に信頼される強みをサービス業に活かせる『サービス業としての会計事務所モデル』を実現するには、記帳や申告といった”作業”の請け負いに留まってはいけません。会計監査や経理代行、さらには財務代行、経営戦略のコンサルティングといった高付加価値なサービス提供が必要です。とりわけ、会計監査や経営戦略のコンサルティングといった、経営者に対する『アドバイザリーサービス』は、会計事務所のサービス業としてなじみやすいです。このようなサービスを実現しようとするとき、考えなければならないのは、  どのようなマーケティング活動を行い サービスをどのようにメニュー化し どのように事務所の体制を構築するかということです。このうち「3 どのように事務所の体制を構築するか」については、先生1人でどうにかなるものではなく、職員の採用、教育、評価のシステムなどを整えなければなりません。これからは、物心ついたころからITデバイスに慣れ親しんだ「ミレニアム世代」がコアな労働力となっていきます。彼らへの対応の仕方について理解をしたうえで職員を採用・教育していく必要があるでしょう。 「アドバイザリーサービス」を再構築するために、今すべきことAAMでの3日間にわたる取材を終えた後、ラスベガスでCPAの大御所、ゲイリー・ブーマー氏と2日間にわたり対談を行いました。ブーマー氏はアメリカ会計業界で『最も影響力のある100人』に何度も選出されている、AICPAのオピニオンリーダー的な存在で、アドバイザリーサービスの再構築を提唱されています。ブーマー氏の詳細はこちら。AI、ブロックチェーン、採用・評価制度などさまざまなテーマで話し合っていく中で、会計事務所は今後どういったサービスを提供していくべきか、変化に対応し、チャンスをものにしていくために何が必要なのかが見えました。『アドバイザリーサービス』を再構築する必要性と、クライアントとの関係構築の重要性をお伝えしてまいります。  2017.10.26
  • 若手税理士さん必見!【開業・運営のポイント】第4回「開業資金」

    株式会社アックスコンサルティングの景山健市です。今回は、会計事務所の開業資金についてお話をします。大きなポイントとしては、『いくら用意すればよいか?』と、『どこから調達するか?』です。税理士の開業資金は、用途を細かく見ていくと、一般的に300万円~400万円とされています。問題は、その資金をどこから調達するか、なのですが、私は皆様に、“日本政策金融公庫(公庫)”をオススメしています。これには、税理士であれば借りやすいというメリットのほかに、公庫の担当者と良いパートナー関係を築くことによって、事務所のブランド力を強化できるという理由もあります。それはいったいどういうことなのか、動画をご覧ください。 プロフィール景山健市(かげやまけんいち)株式会社アックスコンサルティングQ-TAX本部統括責任主任コンサルタント過去500名以上の税理士をはじめとする士業の先生と面談、業績アップ支援に携わる。現在は、全国230店舗が加盟する税理士のフランチャイズチェーン「Q-TAX」の統括責任者。各加盟店の経営状況を把握し、必要なマーケティングサポートツールを提供している。過去の講演実績:株式会社日本M&Aセンター/税理士会王子支部青年部など 2017.10.24
  • 若手税理士さん必見!【開業・運営のポイント】第3回「備品・会計ソフト」

    株式会社アックスコンサルティングの景山健市です。今回は、税理士事務所運営に欠かせない備品の1つ、『会計ソフト』について、お話をします。会計ソフトの選び方において重要なポイントは、なんといっても、お金をかけ過ぎないこと。これに尽きます。なぜお金をかけ過ぎてはいけないか、それはお客様を呼び込むための営業コストには、どうしても大きなお金がかかってくるからです。独立の際、最初に会計ソフトで節約すればどんなことができるか、お金をかけるなら、どのようなことにかけるべきか、ご説明していますのでご覧ください。 プロフィール景山健市(かげやまけんいち)株式会社アックスコンサルティングQ-TAX本部統括責任主任コンサルタント過去500名以上の税理士をはじめとする士業の先生と面談、業績アップ支援に携わる。現在は、全国230店舗が加盟する税理士のフランチャイズチェーン「Q-TAX」の統括責任者。各加盟店の経営状況を把握し、必要なマーケティングサポートツールを提供している。過去の講演実績:株式会社日本M&Aセンター/税理士会王子支部青年部など 2017.10.17
  • 【動画】若手税理士さん必見!【開業・運営のポイント】第2回「自宅開業」

    株式会社アックスコンサルティングの景山健市です。今回は、開業資金の関係でどうしても自宅開業を選ばなくてはならない。そんな税理士の先生方のために、自宅開業の際に、気をつけるべきことをご紹介させていただきます。その一つ目はやはり、事務所専用の電話を設置することです。これだけでお客様に、事務所としてきちんとしている印象を持っていただくことができます。他にも、いつでも電話に出られるようリダイヤル設定をしておく、表札に事務所名を刻んでおく、部屋のインテリアを工夫するなどがありますが、全ての根底にあるのは、『お客様が信頼できる印象づくりをする』ということです。具体例なども挙げながらご説明していますので、ぜひご参考になさってください。 プロフィール景山 健市(かげやま けんいち)株式会社アックスコンサルティングQ-TAX本部統括責任主任コンサルタント過去500名以上の税理士をはじめとする士業の先生と面談、業績アップ支援に携わる。現在は、全国230店舗が加盟する税理士のフランチャイズチェーン「Q-TAX」の統括責任者。各加盟店の経営状況を把握し、必要なマーケティングサポートツールを提供している。過去の講演実績:株式会社日本M&Aセンター/税理士会王子支部青年部など 2017.10.10
もっと見る