• 【動画】6/23(水)士業事務所の事業再構築補助金への向き合い方

    コロナ禍で最も注目度が高い補助金の1つである『事業再構築補助金』。補助金申請の採択率を上げるポイントは大きく3つ。1.事業再構築のビジョン2.実現可能な数値計画3.申請書の書き方ここを押さえておけば、初めて補助金申請を行う場合でもスムーズな申請が可能になります。講師は、補助金サポートで多数の実績を持つ五味田 匡功氏(キャンバス社会保険労務士法人 創業者兼顧問)。この動画をご覧いただくことで、どのようなことに気を付けて補助金申請を行えばよいか、ポイントが学べます。新たに補助金申請にチャレンジしてみたい方はぜひこの機会をご活用ください。▼このような課題をお持ちの先生におすすめです・事業再構築補助金申請業務に取り組みたい・既存顧客の満足度を高め、解約防止につなげたい・新規顧客向けのサービスや新しい収益の柱を作りたい・時流にあったニーズの高い業務で中小企業を救いたい  講演内容 ほとんどが申請できない、申請出来ても採択されないという現実 銀行、提携先からの紹介を顧問契約にする方法 不採択になってもクレームにならない申請手順 公募要領の読み方、説明の仕方 講師プロフィール五味田 匡功氏キャンバス社会保険労務士法人創業者兼顧問社会保険労務士・中小企業診断士。社会保険労務士事務所を立ち上げ、人事・労務設計の改善サポートに取り組む。わずか4年で顧問先300社以上、売上2億円超。最近では有名企業と提携し企業の働き方改革のサポートも行う。 ▼さらに詳しく知りたい方はこちら▼ 2021.07.20
  • 【動画】4/21(水)未経験でも参入できる!平均単価39万円の債務整理ビジネス 未経験でも大丈夫!自己破産・個人再生への取り組み方!【後編】

    経験ゼロでもわかる!債務整理ビジネスの成功法則を徹底解説(※平均単価39万円=ひまわり司法書士法人令和2年1月~10月の破産・再生案件の実績に基づく) 先生は、「債務整理」に対してどのようなイメージをお持ちですか?「債務整理=過払い請求の対応」だとお考えの先生も多いのではないでしょうか。確かに、過払い金請求は債務整理業務の一環ではありますが、もちろんそれだけではありません。実はいま、意外と弁護士・司法書士事務所の競合が少ない【自己破産】【個人再生】案件が、新たな収益の柱として注目されています。昔から普遍的に続く業務である債務整理。流行に左右されることなく、一定のニーズがあります。そして、そこに関連する債務整理業務も同じようにニーズがあります。さらにここ数年は、特にコロナウイルスの影響により案件数が増加傾向にあるのです。しかし、積極的に破産・再生の集客をしているご事務所はそう多くはありません。弁護士・司法書士事務所の先生方にとっては、まさに今が大きなビジネスチャンスといえるでしょう。そこで、今回の動画ではひまわり司法書士法人 代表司法書士 本松 紳司先生をお招きし、「ゼロから学ぶ債務整理」についてご解説いただきます。  講演内容■4/21(水)未経験でも大丈夫!自己破産・個人再生への取り組み方!【自己破産】 総論 自己破産申立手続きの流れ 実際にあった事例【個人再生】 総論 個人再生手続きの流れ 実際にあった事例【マーケティング編】(※多数のご要望にお応えして急遽講演内容追加!) 大手に負けないためには〇〇が必要 受注率を上げるための債務者への対応の方法  2021.07.20
  • 【動画】3/10(水)未経験でも参入できる!平均単価39万円の債務整理ビジネス 「債務整理=過払い金請求」ではない!債務整理のこれからについて【前編】

    経験ゼロでもわかる!債務整理ビジネスの成功法則を徹底解説  (※平均単価39万円=ひまわり司法書士法人令和2年1月~10月の破産・再生案件の実績に基づく) 先生は、「債務整理」に対してどのようなイメージをお持ちですか?「債務整理=過払い請求の対応」だとお考えの先生も多いのではないでしょうか。確かに、過払い金請求は債務整理業務の一環ではありますが、もちろんそれだけではありません。実はいま、意外と弁護士・司法書士事務所の競合が少ない【自己破産】【個人再生】案件が、新たな収益の柱として注目されています。さらにここ数年は、特にコロナウイルスの影響により案件数が増加傾向にあるのです。しかし、積極的に破産・再生の集客をしているご事務所はそう多くはありません。弁護士・司法書士事務所の先生方にとっては、まさに今が大きなビジネスチャンスといえるでしょう。そこで、今回の動画ではひまわり司法書士法人 代表司法書士 本松 紳司先生をお招きし、「ゼロから学ぶ債務整理」についてご解説いただきます。  講演内容■3/10(水)「債務整理=過払い金請求」ではない!債務整理のこれからについて 司法書士事務所の現状 債務整理業務の現状 これからの展望 司法書士のマインド分析「なぜ司法書士は債務整理をやらないのか?」 債務整理業務参入により司法書士事務所に及ぶ影響  「債務整理」を通して、地域社会貢献と収益アップを目指す! ▼.grid { display: grid; gap: 20px; grid-template-columns: repeat(auto-fit, minmax(150px, 1fr));} .grid a { text-decoration: none; }.item { border-radius: 10px; padding: 10px; text-align: center; margin: 30px 5px;}.item img { max-width: 100%; height: auto; filter: drop-shadow(rgb(26, 26, 26) 0px 0.1rem 0.1rem); width: 100%;}p { text-align: left; font-weight: 700;} @media screen and (max-width: 767px) { div { width: auto; } .te_flexbox { display: block; } .te_flexbox .te_box1 { width: 100%; margin: 0 auto; } .te_flexbox .te_box2 { width: 100%; margin: 0 auto; } } 2021.07.20
  • 【月刊プロパートナー8月号】特集解説動画「部下のエンゲージメントを高める、リーダーのマネジメントスキル」

    実務スキルだけではなく、顧客の課題に寄り添うサポートが求められる昨今。付加価値業務など新たな利益を生み出すためには「 提案力」や「コミュニケーション力」が不可欠。これらのスキルを職員が身につけるよう育成するためには、リーダーのマネジメントスキルが必要です。この動画では、株式会社アックスコンサルティングの佃 雄太郎氏が、パフォーマンスとエンゲージメントとの関係について解説します。ぜひ、誌面と合わせてご覧ください。定期的な組織診断で部下のパフォーマンスとエンゲージメントを計測!部下のエンゲージメントを高めるリーダーのマネジメントスキル(約3分)※動画右下のアイコンを押すと動画が全画面表示になります全画面表示にしてご覧ください 今回ご紹介した『月刊プロパートナー』の試し読みは以下から可能です。  過去の特別付録動画2021年7月号「リモートマネジメントで押さえておくポイントとデジタルツール活用法とはエンゲージメント+ツール活用で高める組織づくり」 2021年6月号「採用に強い事務所になるために必要なこととは?ミスマッチを防ぐ採用の極意」 2021年5月号「自社の強みと市場に合った提案が重要!成長体質をつくるビジネスモデルとは」 2021年4月号「TOP500の最新動向から見えた士業事務所の成長戦略2021」 2021年3月号「「業務の統一化」「社内ルール」「評価制度」がカギ!ニューノーマルな働き方を実現させるポイント」 2021年2月号「ポイントは時間の創出と使い方 高収益化実現のために所長がやるべきこと」 2021年1月号「これからの士業には、キャラクターが求められる!?2021年、士業の動向と取り組むべきこととは?」 2020年12月号「職員との目的共有と習慣化がカギ! 業務効率化成功のポイントとは?」 2020年11月号「全国アンケートで見えた給与・評価の現状と課題 士業事務所の給与・評価大解剖!」 2020年10月号「成功のカギは個のブランディングと関係性構築 Facebookを活用した営業・マーケティング実践法」 2020年9月号「サポート+フィードバックで職員が定着する!職員教育を成功させるための3つの施策」 2020年8月号「インターンを活用して優秀な人材を獲得!新卒採用の最新トレンド」 2020年4月特大号「TOP500事務所の最新動向から見えた!士業事務所の成功法則2020」 2020年1月号「士業が2020年に取り組むべきこととは?業界内外で注目度の高い3名の士業による座談会」 2019年11月号「”働き方改革”で本当に大切なこと」他、人気セミナー5本を限定公開! ▼最新号の詳細はこちら▼  2021.07.19
  • 【月刊プロパートナー7月号】特集解説動画「エンゲージメント+ツール活用で高める組織づくり」

    リモートワークやワーケーション、副業など、働き方が多様化する時代に、従業員との距離感・信頼関係をどのように築けば良いのでしょうか。この動画では、株式会社アックスコンサルティングの髙見史弥氏が、デジタルツールの効果的な活用方法とリモート下でのマネジメントで押さえておきたいポイントを解説します。ぜひ、誌面と合わせご覧ください。リモートマネジメントで押さえておくポイントとデジタルツール活用法とはエンゲージメント+ツール活用で高める組織づくり(約4分)※動画右下のアイコンを押すと動画が全画面表示になります全画面表示にしてご覧ください 今回ご紹介した『月刊プロパートナー』の試し読みは以下から可能です。  過去の特別付録動画2021年6月号「採用に強い事務所になるために必要なこととは?ミスマッチを防ぐ採用の極意」 2021年5月号「自社の強みと市場に合った提案が重要!成長体質をつくるビジネスモデルとは」 2021年4月号「TOP500の最新動向から見えた士業事務所の成長戦略2021」 2021年3月号「「業務の統一化」「社内ルール」「評価制度」がカギ!ニューノーマルな働き方を実現させるポイント」 2021年2月号「ポイントは時間の創出と使い方 高収益化実現のために所長がやるべきこと」 2021年1月号「これからの士業には、キャラクターが求められる!?2021年、士業の動向と取り組むべきこととは?」 2020年12月号「職員との目的共有と習慣化がカギ! 業務効率化成功のポイントとは?」 2020年11月号「全国アンケートで見えた給与・評価の現状と課題 士業事務所の給与・評価大解剖!」 2020年10月号「成功のカギは個のブランディングと関係性構築 Facebookを活用した営業・マーケティング実践法」 2020年9月号「サポート+フィードバックで職員が定着する!職員教育を成功させるための3つの施策」 2020年8月号「インターンを活用して優秀な人材を獲得!新卒採用の最新トレンド」 2020年4月特大号「TOP500事務所の最新動向から見えた!士業事務所の成功法則2020」 2020年1月号「士業が2020年に取り組むべきこととは?業界内外で注目度の高い3名の士業による座談会」 2019年11月号「”働き方改革”で本当に大切なこと」他、人気セミナー5本を限定公開! ▼最新号の詳細はこちら▼  2021.07.19
  • 【動画】6/21「未経験のパートでも時間単価1万円以上を実現!営業マンいらずで誰でもできる新しい記帳・経理代行モデル」

    営業マン不要で受注可能!人も場所も選ばない、新しい記帳・経理代行モデルを紹介します近年、バックオフィスのコストカットを検討する企業が増えており、その点で記帳・経理業務のアウトソーシング需要は右肩上がりになっています。しかし、記帳・経理代行は、事務所によって「やる」「やらない」のスタンスがはっきり別れる業務でもあります。例えば、 「そもそも具体的な集客方法が分からない」「結局職員の負担ばかりが増えそうで、始めるのを敬遠している」「正直なところ、採算が合うのか分からない」などの理由で取り組みにためらいがある事務所も多いようです。そこで重要なのは「ターゲット」の選定です。もしも未経験者でも時間単価1万円以上の業務フローを確立でき、集客も営業マンいらずのターゲットがあるとしたらいかがでしょうか。きっと、上記のような課題は解決できるうえに、事務所の収益向上にもつながるはずです。今回のセミナーでは、 ・記帳・経理代行業務を新しいサービスとしてはじめたい・記帳・経理代行業務の効率化に課題がある・属人化しない、安定的な収益をあげられる事務所体制を築きたいとお考えの先生向けに、おすすめのターゲットの紹介と経理代行業務の契約から具体的な業務フローまで解説いたします。   講師プロフィール佃 雄太郎株式会社アックスコンサルティング BPO事業部 兼 HRコンサルティング事業部 部長2012年アックスコンサルティングに入社。2016年からは、経理や給与のアウトソーシング事業の全体責任者として約350社のバックオフィス業務をサポート。バックオフィス業務の一環で人材育成の情報収集のために、ATD(Association for Talent Development)をはじめとした人材開発の海外視察にも数多く参加。現在は人材開発プラットフォーム「MotifyHR」のプロジェクトマネージャーを務めながら、企業のバックオフィス全般をサポートするビジネスに注力。  会計事務所の新規案件獲得を営業、実務の両面からサポート▼ 2021.07.12
  • 【動画】6/25(金)第1回 社労士「成功」研究会

    現状から脱却したい社労士事務所の所長先生、必見!成長事務所の実例から、今後とるべき戦略が学べる士業事務所の経営コンサルティング30年以上の実績を持つ広瀬元義(株式会社アックスコンサルティング 代表取締役)が、「社労士業界で活躍されている所長先生」をお招きして、「経営者」ならではの視点で、事務所の経営戦略に密着インタビュー。経営者は時に孤独なもの。普段、職員や家族に相談できないような事務所の経営に携わるお悩み、課題も多々あることでしょう。本イベントは、単なるハウツーや事例紹介の講演だけでなく所長先生同士がお悩み、課題をお互いに共有、相談し合える場として新たに企画いたしました。 記念すべき第一回目のゲストは、顧問先300社以上、売上2億円という実績を誇る五味田匡功氏(キャンバス社会保険労務士法人 創業者兼顧問)です!この素晴らしい実績だけ見ると、五味田氏がすごい方だから達成できたのでは…と思われがちですが、実は五味田氏もこの実績を出すまでにさまざまな紆余曲折を経て、トライ&エラーを繰り返されてきました。・単なるハウツーではない、社労士事務所の「経営の本質」にフォーカス・ゲスト講師の「モチベーションマップ」と共に、事務所経営におけるターニングポイントを公開・集客、事務所づくりに関する情報を網羅し実際に何をしたらよいか具体策を解説イベント当日には五味田氏への質疑応答も含めた参加者同士の交流も予定しております。また、今後もゲスト講師をお呼びして、継続的に開催していく予定です。経営者ならではのお悩み、課題を共に解決できる場として本イベントをご活用いただければ幸いです。◆このような方におすすめです◆ 目の前の業務に追われ、事務所の改善が後回しになってしまっている方 事務所の理想像と現状にギャップを感じている方 所長として同じ経営者目線の情報を求めている方 現状から脱却し、よりよい事務所経営を目指している方 ご自身の事務所にとっての「成功」が何か、明確にしたい方第一部 第二部 第三部 講演内容 【イントロダクション】はじめに なぜ『社労士「成功」研究会』を始めるに至ったか 【第1部】最新の動向がわかる!社労士業界情報 【第2部】成功事務所のDNAを探る:五味田匡功氏×広瀬元義の対談 ・「成功」の定義とは? ・成功事務所になるまでの紆余曲折を大公開!  五味田匡功氏のモチベーションマップ ・事務所の継続的な成長を支える5つのポイント  1.ビジョン策定・共有  2.セールス・マーケティング  3.事務所体制・業務フロー  4.採用・定着  5.自己研鑽 【第3部】活動・取り組み事例紹介 プロフィール五味田 匡功氏キャンバス社会保険労務士法人創業者兼顧問社会保険労務士・中小企業診断士。社会保険労務士事務所を立ち上げ、人事・労務設計の改善サポートに取り組む。わずか4年で顧問先300社以上、売上2億円超。最近では有名企業と提携し企業の働き方改革のサポートも行う。 広瀬 元義株式会社アックスコンサルティング代表取締役30年以上にわたり士業のコンサルティングを中心に事業を展開し、1万件以上の士業事務所をサポート。2017年より『月刊プロパートナー』を発行。編集長として士業業界の最新情報を提供し続けている。他、これまで出版した経営者向け著書は45冊以上、累計発行部数は48万部を超える。  新規獲得・チャネル構築に取り組む社会保険労務士事務所のための全国ネットワーク▼ 2021.07.12
  • 【動画】士業事務所の事業再構築補助金への向き合い方

    コロナ禍で最も注目度が高い補助金の1つである『事業再構築補助金』。補助金申請の採択率を上げるポイントは大きく3つ。1.事業再構築のビジョン2.実現可能な数値計画3.申請書の書き方ここを押さえておけば、初めて補助金申請を行う場合でもスムーズな申請が可能になります。講師は、補助金サポートで多数の実績を持つ五味田 匡功氏(キャンバス社会保険労務士法人 創業者兼顧問)。この動画をご覧いただくことで、どのようなことに気を付けて補助金申請を行えばよいか、ポイントが学べます。新たに補助金申請にチャレンジしてみたい方はぜひこの機会をご活用ください。▼このような課題をお持ちの先生におすすめです・事業再構築補助金申請業務に取り組みたい・既存顧客の満足度を高め、解約防止につなげたい・新規顧客向けのサービスや新しい収益の柱を作りたい・時流にあったニーズの高い業務で中小企業を救いたい  講演内容 ほとんどが申請できない、申請出来ても採択されないという現実 銀行、提携先からの紹介を顧問契約にする方法 不採択になってもクレームにならない申請手順 公募要領の読み方、説明の仕方 講師プロフィール五味田 匡功氏キャンバス社会保険労務士法人創業者兼顧問社会保険労務士・中小企業診断士。社会保険労務士事務所を立ち上げ、人事・労務設計の改善サポートに取り組む。わずか4年で顧問先300社以上、売上2億円超。最近では有名企業と提携し企業の働き方改革のサポートも行う。 ▼さらに詳しく知りたい方はこちら▼ 2021.07.02
  • 【動画】年間売上5,000万円を達成した相続ビジネス構築ノウハウ!

    年間2~3件が平均と言われる相続申告作成業務は反復性が弱く、業務として習得するには時間がかかります。そのため、経験のある担当者や税理士が中心になって対応することが多いのではないでしょうか?とはいえ、業務効率化・生産性向上のためには、職員への権限移譲が必須になります。それができないまま案件が増えた場合、経験者だけに業務が集中し、疲弊してしまうという状況になりかねません。今回のセミナーでは、年間60件以上の相続申告業務対応を残業ゼロで、かつ未経験者でも対応できる業務として標準化し、5,000万円以上の売上を達成している島根税理士事務所のノウハウを公開!弊社初の試みとなる、オンライン事務所見学会セミナーを開催いたします!残業ゼロの最適な事務所経営で売上アップ!年間売上5,000万円を達成した相続ビジネス構築ノウハウ!※2020/10/15(木)第9回士業事務所のビジョナリーサミット2020より抜粋  講演内容 職員3名で相続申告60件を達成した超効率型事務所とは! 相続ビジネスモデルの構築で売上5,000万円を達成する秘訣 残業ゼロでも確実に案件がとれる士業事務所の営業術講師プロフィール島根 猛氏島根税理士事務所代表税理士埼玉県生まれ。大学卒業後、専門学校にて税理士講座の講師、某保険会社の営業職を経験したのち、税理士法人にて税理士業務の基礎を学び、税理士登録。実務経験に加え、専門学校の税理士講座で教鞭を執るほか、生命保険の営業も経験。相続税を究めた税理士として、顧客のニーズに沿った親身なオーダーメイドの相続対策を提案。 年間150件以上の相続案件に携わる。税理士登録後は、資産税に特化した税理士として、平均して年間60件を超える相続税申告案件を受託。 主な顧問先は資産家の個人のお客様。「ひとりでも多くの方の幸せや豊かな人生の実現をお手伝いする」をモットーに、お客様に寄り添ったきめ細やかなサービスを提供している。  ▼さらに詳しく知りたい方はこちら▼相続申告業務にかかるコストと事務所の成長に貢献! 2021.07.02
  • 【月刊プロパートナー6月号】特集解説動画「採用の極意」

    コロナ禍により、人材流動が大きく変化している現在は、士業事務所が優秀な人材を採用するチャンスです!今回の特集では、数多くの求職者を集め、そのなかから事務所に合った人材の採用に成功している3事務所を取材。応募が増える求人の出し方や、ミスマッチを防ぐ選考フローなどについて紹介しています。この解説動画では、株式会社アックスコンサルティングの笹澤佳槻氏が、「採用に強い事務所」になるためのポイントについて解説します。ぜひ、誌面と合わせてご覧ください。採用に強い事務所になるために必要なこととは?ミスマッチを防ぐ採用の極意(約7分)※動画右下のアイコンを押すと動画が全画面表示になります全画面表示にしてご覧ください 今回ご紹介した『月刊プロパートナー』の試し読みは以下から可能です。  過去の特別付録動画2021年5月号「自社の強みと市場に合った提案が重要!成長体質をつくるビジネスモデルとは」 2021年4月号「TOP500の最新動向から見えた士業事務所の成長戦略2021」 2021年3月号「「業務の統一化」「社内ルール」「評価制度」がカギ!ニューノーマルな働き方を実現させるポイント」 2021年2月号「ポイントは時間の創出と使い方 高収益化実現のために所長がやるべきこと」 2021年1月号「これからの士業には、キャラクターが求められる!?2021年、士業の動向と取り組むべきこととは?」 2020年12月号「職員との目的共有と習慣化がカギ! 業務効率化成功のポイントとは?」 2020年11月号「全国アンケートで見えた給与・評価の現状と課題 士業事務所の給与・評価大解剖!」 2020年10月号「成功のカギは個のブランディングと関係性構築 Facebookを活用した営業・マーケティング実践法」 2020年9月号「サポート+フィードバックで職員が定着する!職員教育を成功させるための3つの施策」 2020年8月号「インターンを活用して優秀な人材を獲得!新卒採用の最新トレンド」 2020年4月特大号「TOP500事務所の最新動向から見えた!士業事務所の成功法則2020」 2020年1月号「士業が2020年に取り組むべきこととは?業界内外で注目度の高い3名の士業による座談会」 2019年11月号「”働き方改革”で本当に大切なこと」他、人気セミナー5本を限定公開! ▼最新号の詳細はこちら▼  2021.06.18
もっと見る