士業のための経営情報サイト

  • TOP
  • 実務
  • クラウド会計

クラウド会計

  • クラウド会計ソフトの比較及びまとめ

    A税理士事務所はインストール型の会計ソフトを使用していましたが、ある事業主からの「新規開業に伴い、クラウド会計を使用したい」という依頼により、クラウド会計ソフト導入を決めました。 クラウド会計を導入するメリットは? インターネットさえあれば、端末を選ばずどこからでも利用できる インストールやバージョンアップの手間やコストがかからない リアルタイムな経営状態を会計事務所、顧問先の双方で同時に見ることができる レジの売上データや銀行口座、クレジットカードの明細の自動取り込みができるなど、従来のインストール型と比べて手間も省けるため、本業に集中したい事業主がクラウドに切り替えたいというのも当然の流れだと思います。そこで今回は、主なクラウド会計ソフトの特徴や料金をまとめて紹介していきます。 クラウド会計ソフトの比較■freee(フリー)運営元:freee株式会社https://www.freee.co.jp/2013年3月に全自動のクラウド会計ソフト“freee(フリー)”をリリース。Googleマップのパートナーシップ開発などを担当していた佐々木大輔氏が立ち上げた、クラウド会計の先駆け。2017年4月にはユーザーが80万を突破。スマホアプリの機能が充実し、アプリで仕訳入力から申告まで完結できます。さらに、複数店舗展開している大規模な個人事業主向けに設定されたプレミアムプランも特徴的です。▼料金・個人向け980円~3,980円 / 月・法人向け1,980円 / 月(税抜)3,980円 / 月(税抜)サポート:メール/チャット/電話無料体験版あり(30日間) ■MFクラウド運営元:株式会社マネーフォワードhttps://biz.moneyforward.com/2014年2月にMFクラウド(旧マネーフォワード For BUSINESS)をリリース。リリースから約2年で40万ユーザーを突破。インターネットバンキングやクレジットカードなどの取引内容が自動取込でき、その内容に応じて勘定科目や取引先を判定して、自動で仕訳を行ってくれます。また、クラウド型のPOSレジや請求書システムと連携すると、記帳時間を大幅に短くすることが可能。レジデータや請求書のデータを自動で売上として計上するため、漏れや金額の誤差がなくなります。さらに経費精算システムとの連携で経理業務の効率化も実現。そして、仕訳業務のみ“MFクラウド会計”で、そのデータを別の会計ソフトへインポートしたり、クラウド型POSレジと連携して売上管理から会計までワンクリックで繋いだりと、別の会計ソフトを使いながらMFクラウド会計も導入しているケースもあります。▼料金・個人向け0円~800円 / 月・法人向け1,980円~3,900円 / 月サポート:電話/メール/チャット/訪問無料体験版あり(法人は45日・個人は30日) ■やよいの青色申告オンライン / 白色オンライン / 法人用オンライン運営元:弥生株式会社http://www.yayoi-kk.co.jp/『弥生会計 17 AE』に、クラウドとデスクトップの壁をなくす“データ共有”機能が搭載。法人事業主はクラウド版で外部データを自動仕訳して、日々の帳簿作成が効率的に行えます。そして会計事務所は使い慣れたデスクトップ版で、会計データの処理などが行えます。このようにクラウドとデスクトップを連携して選択肢を提供しているのは弥生だけです。▼料金・青色8,640円 / 年 or 12,960円 / 年・白色0円 / 年 or 8,640円 / 年・法人28,080円 / 年 or 32,400円 / 年 ■ハイブリッド会計Crew(クルー)運営元:株式会社アックスコンサルティングhttps://crew-hybrid.com/2014年4月リリースのクラウド会計サービス。簿記知識がなくても簡単入力ができ、Web上の銀行口座、クレジット明細を自動取込。さらにダッシュボードでお金の状況がわかります。他会計ソフトとのデータ連携も可能ですし、会計事務所とのやりとりがシステム上でできます。無料の電話サポートが完備されており、部門別会計にも対応。▼料金・個人向け980円 / 月・法人向け1,980円 / 月サポート:電話/メール無料体験版あり(1ヶ月)----------------------------------------------------------------現在はどのソフトでも無料体験版が用意されていますので、それぞれを比較してから決めてみるのがいいでしょう。※上記情報は2017年11月15日時点のものになります。最新情報及び詳細は各サイトをご覧ください。  2017.11.21
  • 【動画】ユーザー数200万超え!“無料POSレジ”で注目のSquareとは?

    スマートフォンやタブレットでクレジットカードを受け付けるというサービスを世界で初めて導入したSquare株式会社。アメリカに本社を置き、カナダ、日本、オーストラリア、イギリスでもサービスを提供し、ユーザー数は200万を超え、年間取扱高は4兆円を超えています。また日本では、小規模事業から大規模店舗まで幅広く導入を進めており、営業マーケティングから企業の導入サポートまで行っています。“ビジネスを始め、経営し、成長させるツールを日本のお店の方に届けたい”というポリシーを持ち、ビジネスに役立つもの全てを提供しているSquare社。誰でもアカウントが作成でき、月額無料で提供されるSquareのサービスは、パソコン・スマホ・タブレットを通して使用できるクレジットカード決済と無料のPOSレジアプリで、そこから売上管理、在庫管理、売上分析、顧客管理、複数店舗管理、メール請求書送付システムなど店舗運営に関連する一連の機能が利用できます。さらに税理士にとって便利なのが、クラウド会計Crewのシステムとも連動しているため、店の売上がリアルタイムで分かり、日次決算も簡単にできるなど、シームレスなサービス内容であることです。今まで煩雑だった“紙での売上報告”“帳簿の手間”が改善され、顧問先のお店でもシステム費用のコストダウンが見込めます。こちらの動画では、Squareのサービス内容やサービス展開、Squareレジ活用事例を実際に使用していきながら岩崎智長氏にお話しいただいています。      講演資料のダウンロードはこちらSquare活用ガイドはこちら  Square活用概要はこちらSquareのご登録はこちら Japan Office Business Development & Retail Manager岩﨑 智長 (いわさき ともなが)氏ミュージシャンを志し上京後は、イベント運営、飲食店、雑貨屋等数々のアルバイトを経験。その後独立、飲食店の経営を経験後にSquareへ。販売チャンネルのマネージメントと事業開発を兼任。現在は主に企業間でのパートナーシップを担当。  2017.11.15
  • 業務効率化や作業ミスの削減を考えるとこれから独立開業する税理士はクラウド会計を導入するべき

    シルスフィア税理士事務所は、開業当初からクラウド会計の導入を積極的に行っています。クラウド会計ソフトが必要だと感じた理由などについて、代表の稲葉孝史税理士に話をうかがいました。 クラウド会計ソフトの操作画面はプロも素人も使いやすい独立開業したときに、クラウド会計ソフトは必ず導入しようと決めていました。というのも、従来型の会計ソフトは紙ベースで渡すか、データのインポートとエクスポートをしないと、会計データを共有できなかったからです。クラウドだとお客様とデータのやり取りをしないので、不要な時間がかかりません。またデータの出し入れが少なくなり、作業ミスの減少にもつながります。クラウド会計ソフトを利用している当事務所のお客様の半分は自計化をしています。記帳代行も請け負っているのですが、人件費がかかるので自計化よりも高い値段を設定しております。ですので、「会計についてあまりわからないが、会社を立ち上げたばかりなので、コストをできるだけ抑えたい」という方が自計化を選ばれます。クラウド会計ソフトをお客様に提案すると、ほとんどの方が「やります」と言ってくださいます。導入の提案でつまずくことはまずありません。むしろ、「税理士とのやり取りがスムーズにできるから、クラウド会計ソフトを導入したいです」と自ら言ってくれるお客様も少なくありません。事前にインターネットでクラウド会計ソフトを調べてきているのでしょう。「クラウド」という言葉は一般の方にも浸透しており、クラウド会計ソフトのセキュリティに対する抵抗はないと感じます。 2017.09.14
  • クラウドの活用で自計化から記帳代行までお客様に合わせたサービスの提供が可能に

    雅税理士事務所(石川県金沢市)所長税理士の片口雅之氏は、原始証憑のやり取りにLINEやDropboxを使われているそうです。業務にクラウドを活用することで、どのようなメリットがあったのか、どんな工夫をされたのか、具体的な内容についてうかがいました。 クラウド会計はスキマ時間に修正・確認ができるクラウド会計ソフトは昨年から使い始めました。今年はもっと件数を増やしていく予定です。クラウド会計は、やはりどこでも見られることが魅力ですね。ちょっとしたスキマ時間に修正や確認などができます。お客様のところに訪問する前に、カフェでPCを開いて確認しています。これまでのように、お客様のところで、チェックや修正をすることがなくなったので、お客様との話に集中できます。 原始証憑はドロップボックスやLINEを使って送ってもらうクラウド会計ソフトを使い始めてから、クラウドサービスのDropboxでお客様との共有フォルダを作り、そこにスキャンしていただいた領収書や通帳などを入れてもらっています。最近では、LINEを使ってのやり取りも始めました。そもそも美容や飲食のオーナーには、パソコンやプリンターを持っていない方がいました。そういう方たちでも、スマホでなら写真を撮って送っていただけたので、それから顧問先とのやり取りにLINEを使い始めました。 2017.09.08
  • 会計事務所の働き方が変わる!? クラウド会計ソフトとストリームドで業務効率をアップさせる!

    クラウド会計ソフトが出る以前から、Googleなどのクラウドサービスを利用し、顧問先とのやり取りをしていたという泉部充税理士事務所の泉部充税理士。クラウド会計ソフトを利用することでより効率よく働けるようになっただけではなく、最近では、ストリームドの利用で業務効率が格段にアップしています。今回は2つの業務効率ツールを導入したメリットについて、泉部氏にお話を伺いました。 場所を選ばず複数ユーザーが同時に作業が可能クラウド会計ソフトがリリースされる以前からお客様とのやりとりにはGoogleを使って情報共有をしていたので、クラウド会計ソフトを使うことに抵抗はありませんでした。それまでもスプレッドシートで会計ソフトっぽいものを作って、そこに入力してもらっていました。ただ、容量が増えてくると、それだけで管理するのは難しくなり、そうしたタイミングでクラウド会計ソフトの話を聞き、使うようになりました。今でも、預金出納帳や経費精算書などをスプレッドシートで作り、お客様と共有しています。お客様にはそこにどんどん入力してもらって、私の方でそれを会計データとしてクラウド会計ソフトに取り込んでいます。自計化と記帳代行の中間のような形です。他のクラウド会計ソフトも触ったことはありますが、会計ソフトっぽくないものもあり、使い勝手はあまりよくないですね。やはり会計ソフトに慣れ親しんでいる人間からすると、かえって使いづらい感じがします。ローカルで動かす分には、弥生会計などのソフトのほうが使いやすさも感じます。しかし、クラウドのメリットはインターネット環境があれば、ブラウザを選ばず、どこでもできることです。事務所や自宅でも見ることができます。また、複数ユーザーが同時にアクセスできます。クライアントやスタッフが作業している最中でも、離れた環境にいても同時に作業ができるので、これがすごく使いやすいですね。それがクラウドのメリットだと思います。 2017.08.31
  • クラウドによる時間効率アップで相談時間が増え、お客様からの信頼度が向上

    国税局出身の税理士として、税務調査や融資に強みを持つ山本光一国際会計事務所。クラウド会計の導入で作業効率がアップし、顧客先でじっくりと経営相談にのれる時間がつくれるようになったといいます。 会計データが把握できるので訪問時の作業効率アップ一番の魅力は"クラウド"だということです。常に顧問先とつながっているので、リアルタイムで会計のチェックができるようになりました。顧問先には、基本的に自計化されているお客様が多く、月に1度訪問して、経理のチェックを行っています。訪問した際に経営相談も受けています。ただ、そうすると、1回の訪問時に経理のチェックに時間がかかってしまうと、経営相談の時間が取れなくなっていました。クラウド会計ソフトを導入してからは会計のチェックをクラウド上でできるので、ほとんどの作業を訪問せずに済ませることができます。原始証憑のチェックなど、訪問して確認することもありますが、すでに全体の概要を把握しているので、何を確認すればよいかわかっています。なので、訪問したときには、ピンポイントでチェックができ、業務効率が上がりました。これまでのソフトでは、お客様から電話で不明点などの問い合わせを受けたときに、こちらでは詳細がわからないので、返答にも限界がありました。ですので、結局、「詳しくは行ったときに……」という感じになっていました。しかし、今では同じ画面を見られるので、正確に答えられますし、こちら側で修正することもできます。普段の業務はMacをお使いになっていて、経理ではWindowsのパソコンを使っている内装・設計業のお客様に、クラウド会計ソフトを勧めたところ、Macでも使えることに驚いていました。特にインストール型の会計ソフトはMacでは使えないものが多いので、実際にその場でクラウド会計ソフトの画面を開いて見せると、即導入を決めていただきました。クラウドなので、どのパソコンでも、スマホでも、端末を選ばずに見られることはお客様に好評ですね。 2017.08.28
  • クラウド会計を使うことで驚くほど自計化が楽になった!?インストール型の会計ソフトとの違い

    「クラウド会計を使うことで驚くほど自計化が楽になった」と語るのは、神奈川県川崎市にある篠田税務会計事務所の篠田健一税理士。従来のインストール型の会計ソフトを使っていたときと比べ、自計化のお客様とのやりとりが大きく変わったそうです。今回はクラウド会計ソフト導入後のメリットについて篠田氏にお話を伺いました。 初期導入コストを低価格に抑える独立後、初期導入コストがほとんどかからないことが魅力でクラウド会計ソフトを選びました。他の会計ソフトだと、登録料がかかったり、とても高額なサーバー費用が必要だったりします。管理系のソフトもGoogleを利用していますし、サーバーは一切置いていません。お客様には、「うちでは会計ソフトはクラウド会計ソフトを使っています」とお伝えしていますので、ほとんどのお客様にクラウド会計ソフトを使っていただいています。以前使っていたクラウド会計ソフトが使いづらく、クラウド会計に対してあまりいい印象を持っていなかったお客様がいたのですが、今回勧めたところ、不満もなく、スムーズに使っていただけています。入力は他の会計ソフトと比べても遜色ないですね。導入する前は、クラウド会計は処理が遅いのではないかという不安があったのですが、実際に使ってみると、それほど遅さを感じることはありませんでした。入力後、登録ボタンを押すと、「登録中」という表示が出ますが、私はその間にチェックをしているので、ちょうど良いんですよね。もし、他の会計ソフトでの入力に慣れている人であれば、スピード仕訳入力機能も使えるので、便利だと思います。 2017.08.18
  • クラウド会計ソフトで業務効率化を図り新たなお客様と出会うために時間を割く

    クラウド会計ソフトとクラウド給与計算ソフトの導入を積極的に進めている岡本剛税理士事務所。クラウドソフトを導入したことにより、どんな成果が出たのでしょうか。きっかけと導入したメリットについて、代表の岡本剛税理士にお話をうかがいました。 給与計算を請け負うことで会計業務を効率化お客様から給与計算を代行してほしいというお願いがあったので、給与計算ソフトを探していました。クラウド給与計算ソフトを導入する前は、年末調整を引き受けることがあっても、給与計算は請け負っていませんでした。理由は、顧問先が新しい従業員を採用する際に、わざわざ店舗に赴いて、従業員の情報を入力しないといけなかったからです。しかしクラウドだと、新しい従業員の情報を自事務所で更新できます。クラウド給与計算ソフトを導入してから、給与計算を引き受けやすくなりましたね。また給与計算を始めたことで、会計業務の効率化が図れています。お客様から給与データを催促する必要がなくなったからです。自分で算出した給与データをそのまま会計ソフトに移せるので、お客様とやり取りする時間が短縮できました。 2017.08.11
  • 職員でもスピード提案と案件受託ができる! 従来の半分の作業で効果は3倍!

    相続案件獲得の有効な手段として相続税のシミュレーションが注目を浴びています。「相続税額」「相続税申告の有無」という先の見えない不安を解消でき、さまざまな相続対策を提案しやすく、あらゆる場面で利用できます。今回は事務所職員の立場でのどのように相続税のシミュレーションを実施しているのか、森総合税理士法人のファイナンシャルプランナー・林鐘平氏にインタビューしました。─相続税のシミュレーションを始めた理由は何でしょう?資産税案件を取り扱っていきますと、最初に行うことは、現状の確認のために試算をします。会計事務所で重要なのは、相談があってからの結果報告です。試算から結果報告までのスピードが命だと思っております。今まで使っていたソフトは、入力作業が煩雑で、時間がかかり、帳票はあまり見栄えがいいものではありませんでした。入力に時間がかかっていたので、正直なところ、われわれ職員としても、試算の案件が来たときには、前向きに取り組めない気持ちが実際ありました。そうした状況をどうしようかということを、代表と相談したときに、「相続シミュレーションplus」というソフトと出会いました。簡単に入力もできますし、すぐ「これだ!」と思いました。 2017.08.01
  • クラウド会計ソフトなら会計事務所だけなく顧問先の業務効率を上げられる!

    及川健太氏(及川総合会計事務所 代表 税理士・社会保険労務士・行政書士)は、クラウド会計ソフトを導入し、事務所と顧問先、双方の業務効率化を図っています。具体的にどんな効果やメリットがあったのか、会計事務所や顧問先の業務にどのような変化があったのか、代表の及川氏にクラウド会計ソフトを導入したきっかけや魅力について、お話をお伺いしました。 データ共有の便利さを感じクラウド会計ソフトの導入を決意クラウド会計ソフトは前々から導入したいと考えていました。お客様と会計データのやり取りをメールでしなくていいのは、便利ですからね。以前使っていたインストール型のソフトだと、事務所側で決算処理をしている間、お客様は記帳できませんでした。日々お客様の会計数字は進んでいるのに、入力してもらえないのが申し訳なかったです。クラウド会計ソフトだと事務所側と顧問先側が同時に作業できるので、お客様が決算中に待つことはありません。クラウド会計ソフトの存在を知らないお客様は案外多く、その方たちに会計データの共有が常にできることを伝えると、反応がいいですね。お客様は「常に見てもらえているから安心だ」と感じるのでしょう。クラウド会計ソフトは契約率を上げるツールとして、面談で活躍します。  2017.07.11
もっと見る