士業のための経営情報サイト

  • TOP
  • 営業・マーケティング
  • 営業

営業

  • 【特集】「お客様に選ばれる事務所」を目指す”戦略的な営業活動”とは?

     たった1割の事務所だけがやっている!!選ばれる営業戦略「もっと事務所の規模を拡大したい」。このように望むなら、営業活動を行うのは必須です。しかし、スタッフの独立時に既存顧問先を持っていかれてしまうなど、そんな事態が起きると、急に危機感を覚えて営業活動をはじめても効果は期待できません。”何を” ”誰が” ”どうやって”売るのかを考えて、マーケティングや営業活動を戦略的に行い「お客様に選ばれる事務所」を目指しましょう。士業事務所の営業は大きく二つに区分けをすることができます。一つ目は、集客を行い問い合わせをとる『マーケティング』。二つ目は面談をして成約する『セールス』です。さらに、この営業を”誰が”行うのかは三つに分けられます。一つ目は所長がマーケティング、セールスを行う”トップ営業”。二つ目は、職員がマーケティングかセールスのどちらか、または両方行う”全員営業”。三つ目がマーケティングかセールス、または両方を専属職員が行う”専任営業”です。効果的な全員営業は、見込み客を集客する『マーケティング』を任せることです。一方専任営業は、実務担当職員が業務に専念できるため、事務処理のスピードを落としません。さらに、事務所自体の営業速度があがる効果があります。しかしその半面、業務ボリュームに見合った価格の感覚を専任営業マンが把握していなければ採算割れの顧問料を提案してしまうなど、利益を生み出しづらい場合があります。では、効率的な組織体系を構築するためにはどうすればよいでしょうか? 雑誌版では以下の4社の具体的な取り組みを紹介します!  「新規顧問先獲得の9割が専任営業」/No.1 税理士法人 「顧問先の黒字化率70%超!徹底管理で高単価を実現」/税理士法人ガイア 「行政と提携して広報を強化&委員会制度導入で顧問先獲得」/税理士法人あおば 「スタッフ教育と高品質サービス!高付加価値サービスが最大の営業」/テントゥーワン税理士法人  2017.10.12
  • 編集部が厳選!【書評】一生食っていくための「士業」の営業術

     近年、生き残り競争が激化している税理士業界。「顧問料比較サイトの発展」「公認会計士、弁護士による税理士登録の増加」「クラウド会計ソフトの発展」により、税理士の顧問料は下がり続けています。本書では、そんな競争が激化する税理士業界の現状を分析し、今後勝ち残るための方法を解説します。Amazonで購入する目次単行本:238ページ出版社:KADOKAWA / 中経出版発売日:2013/11/28価格:1620円 (税込)著者情報原 尚美(はら なおみ)税理士。原会計事務所代表。東京外国語大学英米語学科卒業。全日本答練「財務諸表」「法人税法」を全国1位で試験に合格。育児のため、自宅近くの蒲田に「1日3時間だけの小さな会計事務所」を起こすところからスタートさせたが、地道な営業活動によって事務所は徐々に成長。設立15年後の現在では、上場企業の子会社や外資系企業をクライアントにもち、スタッフ22名をかかえる大きな事務所になっている。同業者からは「東京の端っこの蒲田という立地で、あの規模の会計事務所を運営しているのは奇跡に近い」と言われている。著書に『7人家族の主婦で1日3時間しか使えなかった私が知識ゼロから難関資格に合格した方法』(中経出版)、『51の質問に答えるだけですぐできる「事業計画書」のつくり方』(日本実業出版社)、『小さな会社の総務・経理の仕事がわかる本』『個人事業者のための会社のつくり方がよくわかる本』(以上、ソーテック社)などがある。 2017.10.05